人気ブログランキング |

ベルリンカーニバルでなぜかほろり。

ベルリンでは毎年夏のカーニバルが熱いらしい。と聞いて行ってみた。
大胆に歩行者天国にした Gneisenaustraßeに人が溢れかえってる。
a0355629_06251311.jpg
Karneval der Kulturen カルナヴァール・デア・クルトゥーレン
メインは日曜日のパレード。
いろんな国の文化が一堂に見れる。らしい。
日本のお神輿が出るとは聞いてたけど、いつどこで何が見れるかわからないままとりあえず行ってみた。
a0355629_06261052.jpg
とにかく範囲の広さと人の数が凄い。
a0355629_06261013.jpg
なかなかパレードに近づけないけどなんかすごい衣装を着てそうな気配。
a0355629_06261127.jpg
南米?
a0355629_06261087.jpg
アメリア?
a0355629_06402038.jpg
どこ?

a0355629_06261159.jpg
あ、提灯!日本ちゃうか?ぴょうぴょん飛び跳ねてたら前のカップルが場所を譲ってくれた。
a0355629_06261189.jpg
暑い中浴衣や法被姿の人たちが前を通る。
a0355629_06324981.jpg
ドイツの人と日本の人が一緒に引いている。ほんもんやん。いいやん。
なんか意味が分からんけど涙が込み上げてきたからカップルにお礼を言ってパレード見学終了。
ホームシックじゃないし、何だったんだろう?
知らない間に日本が好きになりすぎてるのかな?歳のせいかな?
a0355629_06403816.jpg
お国のものを売る人。
a0355629_06260920.jpg
いろんなものを売る人。
a0355629_06260939.jpg
海水浴場のような露出度の高い人。
a0355629_06453782.jpg
巨大ごみ箱をお立ち台宜しくサンバを踊っちゃう人
a0355629_06261032.jpg
そしてこの日一番感心したのは男子トイレ。
青空の元、この公衆の面前で男子が向かい合って用を足す光景。

短時間しかいれなかったけどいろんなシーンが見れた。
家族連れ、友達同士、カップル、とにかくみんな笑顔で楽しそうだった。
こんなベルリンもあるんだと感心しつつ、自由に前に進めず夕方の約束に遅刻、、、、、。


# by morizo-archi | 2019-06-14 06:53 | 欧州の日々 | Comments(0)

開口部 部活04

衝撃の開口部。
a0355629_05344021.jpg
事務所の隣の工房もどうやら木工工房。
最近NCを導入したようで。
だけどこのドアこの前まで片開きの半分サイズだった。
なんと機械が入らないからと開口部を破壊。
2日掛りで搬入復旧。



確かに工房にしては大きな開口部が他にないのは残念だけど
消防法の関係で開口部サイズの制約があったようで???


破壊中の写真をなくしてしまったけど、いいんですか?という作業だった。
ドイツの人って大胆だ。

# by morizo-archi | 2019-06-14 05:39 | 開口部 部活 | Comments(0)

住まい

最近留守がちなウルズラさん。
私も朝からいないし、会わない日もちらほら。
今日は久しぶりに少し話した。
キッチンのテーブルでミシン仕事をするウルズラさん、
キッチンで洗い物をする私。

●Rieko今日も自転車で行くの?
■今日は事務所に行かずに部屋で仕事をする。
●今のbüroの発音いいわよ。
■!!!
いつもウムラウトの発音を直されてた。


●büro
■ブロー
●Nein~、büro
■ブゴー
●Nein、nein~、büro
■ボゴ―
●Nie~~、büro
■え~~~~?ゆってるやん~、ブゴーやろ~。
●Nein! Morgen auch!
■明日も~?

でも、今日初めて発音を褒められた。
調子に乗って
■Kann ich bemchen die waschmaschine?
●guuuu~t‼
洗濯機使う時の問答も今日は一発OK!



今は時間があると私のドイツ語を直してくれる仲になったけど。
最初3ヶ月の約束で入ったこの住まい。語学の無さを心配されながらも頼み込んで。

謎だらけだった家のルールとドイツ語の分からなさ。
最初はため息をつかれることもしばしばだった。

そのうちお互い少しずつ慣れてきて
居心地よくってもう一ヶ月、もう一ヶ月ともう7か月目。
相変わらずドイツ語をカンで聞いてコミュニケーションを取るのは変わらない。
でも、今日嬉しくて1つ新しい言葉を覚えた。
”vertrauen" 信頼。
分からなかったけどカンで「悲しい」のしぐさ。
Nie~.ちがう。
「夢」?
Nie~.ちがう。

私にスマホの翻訳を見せて
ずっとここにいてもいいのよ。Rieko”vertrauen" できるから。とウルズラさん。
うれしいやん!めちゃ♡




たまに誰かのためにケーキを焼くウルズラさん。
お裾分けを頂くこともしばしば。
a0355629_04444007.jpg
私は彼女の甘すぎない素朴なケーキが大好き。
a0355629_04445257.jpg
来た時には四階まで伸びた木の枝が寒そうだったけど
a0355629_04450099.jpg
すっかりもりもりと緑いっぱいに。
a0355629_04452867.jpg
お向かいの巨大な猫が油断すると部屋に入ってくるけど、かわいいからまあいいか。
近所の人もいい人ばかりだけど、困った人がいたらまた感覚も変わるかもしれない。
住まいって、家だけじゃない。誰と暮らすか。どう暮らすかでずいぶん違ってくるはず。


いつもきれいに気が配られたウルズラ家。改めていいところ。
ドイツに来てもうすぐ8か月になる。
時間が経ちのが早くて怖いけど、もう少しお世話になろうか、どうしようか。

# by morizo-archi | 2019-06-14 05:00 | 欧州の日々 | Comments(0)

メンテで愛を深める

a0355629_00044545.jpg
メンテ日和。
と言っても拭いて磨くだけですが。
以前、下ちゃんのワークショップに参加した時のことを思い出しながら、
タオル、歯ブラシ、激落ちくん。
a0355629_00044461.jpg
まずは中性洗剤を水に薄めて拭き洗い。
いつも手が黒くなるので握るところを入念に洗浄。
a0355629_00044627.jpg
本体を拭きながらよく見ると、何度も塗装したような形跡が。
この子、元は青かったんだ。
まさか盗難車じゃないよね?とよからぬ想像を吹き飛ばしつつ磨く。
a0355629_00044427.jpg
じーっと眺める。
へ~、チェーンってこうなってるんだ~。
このカマキリの腕みたいな部分がギアを変えるときに動くのかな~?
この前また上り坂でチェーン外れて困ってたらサイクリング中のご夫婦が見てくれて
Nicht schnell(早くしないのよ)っと教えてくれた。
このカマキリは一段ずつしか変えれないってことか~。
ゆっくり、そ~っと。やります。


シマノって書いてある。
a0355629_00044451.jpg
後のカマキリにもシマノの文字。
堺出身の私としてはなんだか嬉しい。

a0355629_00044616.jpg
タイやも鋼製部分を拭いてみよう。
細い骨(スポーク?)が何個か少し曲がってるけど仕方ない。
前輪のゴムはだいぶくたびれてるけど仕方ない。
a0355629_00044415.jpg
後輪の空気注入口のキャップが割れてるけど仕方ない。
前輪の方はキャップ自体がないけど仕方ない。
これってメンテメンテしてるって言うのかな?

まあとりあえず、今回はお掃除ってことで。
じっと見つめて愛を深めてみた。
a0355629_00044628.jpg
前輪がレバーで簡単に取れるからタイヤ盗まれないように気を付けてねって、よく言われるけど
前輪に鍵をかけたら本体が持っていかれるし、
本体に鍵をかけたらタイヤを持ってかれるし、
????どうする????
カギ2個?
a0355629_00044511.jpg
とりあえず、被害額の高い本体を側に鍵をかけて事務所前に駐車完了。
またいろんな人に教えてもらいながら少しずつ愛を深めて行こうと思う。







# by morizo-archi | 2019-06-07 00:27 | 欧州の日々 | Comments(0)

開口部 部活03

今週は部屋の窓。
a0355629_05180865.jpg
樹脂サッシ・ペアガラス。ごく標準仕様。
特別高性能ではないけど国道沿いの部屋も窓を閉めるとびっくりするほど音が止まる。
a0355629_05163734.jpg
取っ手を90度回転させると片開き窓。
a0355629_05182176.jpg
90度回転すると内倒し窓。
これがなかなか使いやすい。
雨が降ってっても換気できるし、全開するとスカッと風が通る。
a0355629_05183031.jpg
防音の秘密はこの引き寄せ金物。
a0355629_05182645.jpg
取っ手を元に戻すとき窓側の出っ張りがスライドし枠側の金物にしっかりハマる。
この金物が一窓に5か所。
四周にパッキンがついてるのでぴっちり密閉。
もちろん断熱性も高く、必ず窓下には暖房機が設置されてるからコールドドラフトとは無縁。
これがごく標準。

樹脂部分が木ならもっと嬉しいな。

# by morizo-archi | 2019-06-06 05:30 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活02

今週の部活。
コペンハーゲンにも沢山の素敵な開口部があった。
a0355629_13370885.jpg
古いレンガの外観が素敵。2階の小窓がつぶらな目にアイプチしてビューラーで頑張ってカールしたように見えるのがかわいい。
a0355629_13370849.jpg
Østre Elektricitetsværk翻訳すると「東部電気事業」
地域暖房の拠点となる煙突付きのこういったっ建物が結構あちこちにあった。
出入口は銅板でドットがかっこいい。開口方法が上下で別れてるのも面白い。
a0355629_07582496.jpg
観光地のど真ん中
a0355629_13463787.jpg
これまた手の込んだ開口部。巨大なチボリの入り口は人がどんどん吸い込まれていく。

a0355629_13510630.jpg
丸ビルが細胞分裂したような建物。高級ブランドが入るオフィスビルなのか窓の取り方も独特。
a0355629_13511303.jpg
4層吹抜けの通り抜け開口。
こういった構造のデザインがいろん建築で採用されてる。
開口しないけど角度が動いて光をコントロールできる大胆なファサード兼バーチカルブラインド。外壁の硝子と重なって面白い。

a0355629_14200858.jpg
木とフレキのコントラストがかっこいい集合住宅。
a0355629_14201328.jpg
木製サッシとわずかに使った外壁の木が外観をナチュラルモダンにかっこよくしている。
a0355629_14201894.jpg
一部メンテナンスで色が変わってるところもあるけど色合いが合ってていい感じ。
a0355629_14202364.jpg
木部は近くで見ると木調色のべた塗だった。そろそろ次のメンテが必要か。
a0355629_07591315.jpg
モダンなオフィスビルと思いきや
a0355629_14483534.jpg
住宅用途。
中が丸見えでもへちゃらという感じでカーテンやブラインドで隠す家がほとんどない。
パンツいっちょでうろうろはできない。
a0355629_14475996.jpg
キャンチでバルコニーや部屋が飛び出してる建築がけっこうたくさんあった。
a0355629_14474787.jpg
凄く複雑そうに見えて実はちゃんと規則性がある。一定以上のパターン数があると同一のものがない風に見える発見。
a0355629_08290834.jpg
見えないけどきっとある窓。
a0355629_14282279.jpg
パンチングメタルで風は通るけど角度がつくとより通る。外への窓開閉もなるほどできる。
単調なメタル材がこんなことでこんなことになるんだという面白いデザイン。
a0355629_14314656.jpg
そしてとどめは悔しいけどこれ。
a0355629_14312984.jpg
こんなんしたらあきませんわ。というやつ。
a0355629_14312967.jpg
主張が強すぎてもう笑ってしまう。
a0355629_14312918.jpg
二棟を繫いでいるだけで決して門でも開口部でもないけど、
なんだかスケールアウトしすぎて開口部と言ってみよう。と思った建築。
斬新な建物がこの小さな範囲にたくさん詰まったコペンハーゲン。
新旧混ざって建ってるのにごちゃごちゃ感もなく、すごくバランスが取れて街全体が整ってる感じがしてたのに、
この建築だけはなぜかコペンハーゲンらしくない気がして何度も二度見してしまう。
ドバイか上海ならありそうだけど、コペンハーゲンではやめてください。





# by morizo-archi | 2019-05-28 14:55 | 開口部 部活 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る