人気ブログランキング |

工芸美術館

Kunstgewerbe Museum

ドイツの現代工芸が見たくて来てみた。
間違えて行った隣の絵画美術館でだいぶ体力を消耗した後に来ただけあって4層じっくり見る時間も気力もなかったので、
中世のゾーンはさらりと流して、、、、、
工芸美術館_a0355629_08202426.jpg
来ました現代。と思ったら現在ではなく近代。1900年頃のものまで。
工芸美術館_a0355629_08202310.jpg
でも楽しい。
工芸美術館_a0355629_08202359.jpg
生産絶頂期の弾けるデザインが満載。
工芸美術館_a0355629_08202267.jpg
今でも使われつ続けてる名作もいっぱい生まれた。
工芸美術館_a0355629_08202360.jpg
今見ても斬新なデザイン。ハニカムダンボール☆
工芸美術館_a0355629_08202329.jpg
買い物カート!?
工芸美術館_a0355629_08202253.jpg
流石ドイツ。
工芸美術館_a0355629_08220580.jpg
これまたドイツっぽい。バウハウスっぽい。

工芸美術館_a0355629_08220566.jpg
これはベルントさんが絶賛中の椅子か!?
工芸美術館_a0355629_08220574.jpg
ロングセラー過ぎるこれ、これ。
工芸美術館_a0355629_08220534.jpg
こんなのもあったと思いきや、
工芸美術館_a0355629_08220572.jpg
無印!?2008年☆

工芸美術館_a0355629_08475037.jpg
おなじみマイセンがありまして、

工芸美術館_a0355629_08233229.jpg
このデジタルっぽい磁器の亀。
工芸美術館_a0355629_08233290.jpg
なるほど、ほんとにデジタル。でも半分。
3Dプリンターで型を作った後は従来の手工業。
工芸美術館_a0355629_08224289.jpg
こんな伝統的な釉薬から、
工芸美術館_a0355629_08224319.jpg
ポップな色とデザインまで。
工芸美術館_a0355629_08202312.jpg
中世のデザインも今見て素敵だし、
工芸美術館_a0355629_08220526.jpg
新しいデザインに弾けた時代のも素敵。


工芸美術館_a0355629_08233221.jpg
そしてアートとはまた違う積み重ねてきた技術の重みを感じる。
工芸美術館_a0355629_08224358.jpg
今日の一押しドイツ。
工芸美術館_a0355629_08224317.jpg
出ました。四角。
工芸美術館_a0355629_08224356.jpg
部材がいちいちデカイ。
工芸美術館_a0355629_08224363.jpg
天板5センチ。流石に練り付け。
工芸美術館_a0355629_08224466.jpg
これまた現代っぽくて工芸らしい。練り付けがしたくてたまらなかったのかな?
工芸美術館_a0355629_08224277.jpg
そして金物がいちいちドイツっぽい。ぶ厚い。

工芸美術館_a0355629_08233178.jpg
中世のこんなイデタチの家具にして日本との共通点を見出してしまった。
工芸美術館_a0355629_08233194.jpg
何10ヵ所にも仕掛けがあるカラクリ箪笥。開けても開けても隠れてる収納箱
工夫を凝らした和箪笥を思い出した。
工芸美術館_a0355629_08233146.jpg
こんな技術を発揮する場は修復以外にないかもしれないけど、確かにあった木工技術。
機械化の良さもありがたいけど、この技術が消えるのも惜しい。



# by morizo-archi | 2019-09-07 08:18 | 欧州デザインレポート(日本比較含む) | Comments(0)

ポツダム広場界隈

フィルハーモニー。この角度から見るの初めて。
ポツダム広場界隈_a0355629_05123584.jpg
道路向かいの州立図書館にはちょくちょく行くけどフィルハーモニーには2度ほど。入口は北側なので、こっちに来たことがなかった。
なんか工事してるな~とは思ってたけど、こんなに広大な敷地に何が計画されてるのか???
ポツダム広場界隈_a0355629_05123547.jpg
工芸美術館に行く予定が間違えて隣の絵画館に入る。前面広場が広すぎ。
ポツダム広場界隈_a0355629_05132320.jpg
ロビーも広すぎる。
ポツダム広場界隈_a0355629_05123450.jpg
なんとも贅沢な空間の使い方。持て余してる感もある。
ポツダム広場界隈_a0355629_05123440.jpg
クオリティーの高い模型の展示を発見。なんだかすご範囲の計画模型。
ポツダム広場界隈_a0355629_05123512.jpg
航空写真で知ってる建物との位置関係もよくわかる。けど、何ができるのか?
ポツダム広場界隈_a0355629_05123479.jpg
スケール大きめの模型もこれまた凄いクオリティー。なかなか巨大な計画のよう。
ポツダム広場界隈_a0355629_05132209.jpg
CGのファサードがホントなら巨大すぎるスライドドア。ほんとはどうなの?
ポツダム広場界隈_a0355629_05132338.jpg
調べると、

Neue Nationalgalerie – Museum des 20. Jahrhundertsってのがヘルツォーク&ド・ムーロンの設計で建てられるらしい。

隣にはミースの現代現代美術館が大々的に改修中。ベルリン大聖堂の横にも巨大な美術館を建設中。

すでに凄いミュージアムが多すぎませんか?まだ建てますか?

des 20. いつ完成するのかが探せないけど、この職人さん不足では軽く5年くらいはかかるかも?

その前に新空港。あれほんとにできるのかな?

ポツダム広場界隈_a0355629_05132216.jpg
さて、間違えて入ったとはいえ、すごい絵画がたっぷり。
最近絵を習っているせいか、見方が変わったのか、なんだか楽しい。
にしても、展示が多すぎ。
ポツダム広場界隈_a0355629_05132263.jpg
解説ツアーに参加する市民からガンガン質問を受けて奮闘する学芸員さん。
ポツダム広場界隈_a0355629_05132241.jpg
デッサン道具をと高さ調節踏み台を本気で持ち込んでガチ模写する来場者さん。
相変わらず、ベルリンは自由だ。



# by morizo-archi | 2019-09-07 05:10 | 欧州の日々 | Comments(0)

産地直送

環境意識の高いベルントさんに触発されて、週末マーケットへ。

いつもは平日24時まで、土曜日も23時までやってる近くのスーパーEDIKAにお世話になっている。
プラスチック容器やポリ袋に包装された商品を買うこともしばしば。
日本より量り売りの商品は多いし、過剰包装も少ないし、、、、
ちょっとは意識してるつもりだけど、ベルントさんと話すとまだまだあかんなと反省。

未来を想うなら環境によくない商品を買わないことだと。納得。
完璧になんてできないけど、自分が無理なく出来ることはまだまだ身近に沢山ある。
めちゃめちゃちっさなことだけど、その気になればもう少しごみを減らせる。
まずは意識。

で、意識は食べ物に。
タケさんがここで買いだしたらもうスーパーで買いたくなくなる。と言ってた土曜限定マーケットで今日こそ野菜を買うんだ!と出かけた。
ボックスハーゲナープラッツ。前回は見学と買い食いしかしなかったけど、今回は日々の食材を。
産地直送_a0355629_07144674.jpg
八百屋さんだけでも結構な数。
産地直送_a0355629_07133535.jpg
ジャガイモやさんでジャガイモを買い。
産地直送_a0355629_07133576.jpg
卵屋さんで卵を買う。
産地直送_a0355629_07133469.jpg
感激したのがトマトとインゲン。
トマト味のトマトをドイツで初めて食べた気がする。
インゲンが元気でゆでただけで美味しい。
産地直送_a0355629_07133565.jpg
きっと農家さんと思しきおじさんが1人で販売を頑張る店や
産地直送_a0355629_07144636.jpg
とことん量り売りの店や
産地直送_a0355629_07133500.jpg
大きさや形が不ぞろいで包装してない店などで
なるべく買いたいと、ぐるぐるめぐる。
産地直送_a0355629_07133405.jpg
何だこれはという野菜。マダムたちが黄色いのもあるわよ!とはしゃいでるけど、どうやって食べる?
産地直送_a0355629_07144511.jpg
春に見学に来た時の酸っぱい野菜とは違う物らしい。
産地直送_a0355629_07144525.jpg
春にあった白アスパラの大群なんて季節外れのものは一切ない。
産地直送_a0355629_07144526.jpg
買い食いした焼き魚も冬には販売してないらしい。

他にもオーガニック的な素材のベビー用品や、ハンドメイドのアクセサリー、
木製文具や、自作アート、ケーキやチーズ、パンやハム。
やっぱり、専門店が自分の製品を販売しているのがいいな~って思う。
季節のものがその季節だけにあるってのもいいな~って思う。

産地直送_a0355629_07144606.jpg
前回来た時には全然見えてなかったけど、マーケットの内側はいつも通りの公園の風景が広がってた。
遊具ゾーンではオムツを泥んこにして走り回る子供とパパママ。
産地直送_a0355629_07144612.jpg
芝生ゾーンではマーケットで買ったものを食べたりジャズ演奏が始まったり。
一日過ごせちゃう公園のマーケット。
ベルリーナの正しい週末の過ごし方。
家からチャリンコで25分。もうちょっと近くにあったらいいのになぁ。

産地直送_a0355629_07144702.jpg
またやってしまった。
Bio卵。どうしてもこれで食べたかった。

# by morizo-archi | 2019-08-20 07:36 | 欧州の日々 | Comments(0)

模型製作から木工所を見る。

久しぶりに模型。
アイデアをとりあえず自分で出来ることで形にしてみよう。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254175.jpg
誕生日にベルントさんと康子さんからもらったミニミニ鉋と、昔神澤さんから頂いたヒシカ工業のミニミニのこぎりの出番。
ちっちゃいけど本物。

苦戦しながら壁をどうしても木で作ろうと工房の端材を貰って試作。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254238.jpg
試作を撮影。デコボコ加減がいいかもというレベルを超えて汚い。ボンドもはみ出してるのが写真で写っちゃう。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254223.jpg
パーツの時点で削る。しかし時間かかり過ぎ。合体後削るとうまくいかない。う~ん。
ベルントさんがたまに「どう?」と気に掛けてくれる。
上手くいかないというと、買ったままだと鉋の歯は研いでないから研がないとダメと。
って、このサイズですけど。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254256.jpg
分解してみて初めて分かったこの仕組み。
こんなにちっちゃいくせにちゃんとしてる。ちなみにカナダ製の押すタイプ。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254174.jpg
恐縮にも工房の砥石をお借りする。
800、1000、1200番。こんなにちっちゃくても一応順番にする方がいいよと。
研いだら明らかに砥石のカタさが違うのがわかる。
自分で研ぐと、案の定角が丸くなった。けど一応研げたかも。15分。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00403238.jpg
しかし、案の定調子を出すのにてこずる。こっちの方が私には難しい。15分。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254298.jpg
合体試作を削ってみると、おかげでうまく削れるようになってた。
木をスライスする感触、きもちいい~。
職人さんてこんな快感を味わいながら仕事してるのかな。


なんとかなりそうなのでこの調子でパーツづくり。
松材とは言えマッチ棒程の小口をのこぎりやカッターではきれいに切れない。
苦戦する私にベルントさんが新兵器を貸してくれた。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254122.jpg
ミニクランプ。しかも真鍮。かっこよすぎる。
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00474334.jpg
ちょっと出して挟んで
模型製作から木工所を見る。_a0355629_00254147.jpg
台ごとサンドペーパーで磨く。
真っすぐ~。きもちい~。

いろんな道具や模型に使えそうな材料を与えてもらえ、アドバイスまでいただけるなんてほんとにありがたい。


そして、流石、ドイツの木工所。
ごっつのからこんなちっちゃい道具まで揃ってると驚いてると、
こんな小さいのはドイツで使わない。
これは日本に行ったとき買ってきた。
と。
・・・・そうだったのか。やっぱ日本もすごい。




# by morizo-archi | 2019-08-18 00:55 | 欧州 現場・作り手・素材 | Comments(0)

ベルリンGruneの森

やっと来れたGrunewald。ユニテから見るとすごい面積とわかる。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123547.jpg
3,000ha
ベルリンGruneの森_a0355629_09123676.jpg
湖のように流れの少ない川のたまり場がある。
近所のお金持ちの人は週末にヨットやカヌーを楽しむ。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123461.jpg

Grunewaldturmってこれか。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123485.jpg

えらいゴージャスな意匠。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123579.jpg

減れてて気持ちいいけど、8月に入ってもうすっかり秋の気配。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123569.jpg

適度に間伐されてて明るい森。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123412.jpg

未舗装の道も多いし、前の森にもあった砂浜のような砂道も多い。
ベルリンGruneの森_a0355629_09123554.jpg

あ!
ベルリンGruneの森_a0355629_09143378.jpg

林業!!どれどれ、材質チェック。

ベルリンGruneの森_a0355629_09143380.jpg

年輪はあまり混んでない。
ベルリンGruneの森_a0355629_09143322.jpg

ここの間伐材は直径20cm前後。
ベルリンGruneの森_a0355629_09143338.jpg

枝打ちしてない。
ベルリンGruneの森_a0355629_09143454.jpg

GPSが切れ、道に迷う。
ベルリンGruneの森_a0355629_09143401.jpg

切り捨て材?材にならない材?がそのままにしてあるところもある。

ベルリンGruneの森_a0355629_09143478.jpg

ほぼ真っすぐなアカマツエリア。

散歩やジョギング、森林浴に訪れる人も多いみたいだけど、森が広すぎて人に会わない時間の方が圧倒的に多かった。
ベルリンGruneの森_a0355629_07133719.jpg


ベルリンGruneの森_a0355629_07144479.jpg

施業は結構ざっくりした感じに見えたけど、要所要所にサインや解説もあり整備された森と林業地が混在しているのがいいなと思った。
ベルリンGruneの森_a0355629_07121281.png

この日は家からユニテまでベルリン横断25キロ。からのGrunewaldまで7キロ。
森から出るのにたぶん10キロ。なんだかんだで計47キロのサイクリング。
流石に疲れた。けど、首都にして家から自転車で行ける森がいくつもあるのがベルリンのいいところ。







# by morizo-archi | 2019-08-16 07:10 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

ベルリンのユニテ

ユニテ@Berlin
コルビュジェ。

今日は西ベルリン探訪。
昨日イタリア人設計士アロハンドロと再会。

建築の話をお互い母国語じゃないドイツ語で強引にして触発され、前から行きたかったユニテに行ってみた。

ベルリンのユニテ_a0355629_08233122.jpg
流石の存在感。

ベルリンのユニテ_a0355629_08233184.jpg
20年前フランスで見たのを思い出す。この廊下の天井の低さ。

簡素さ。維持メンテの行き届き加減。

この淡白なデザインに反して家の中はきっと各自の個性が溢れた空間を思い思いに作っているはず。と勝手に想像する。


決して贅沢じゃない60年以上前の集合住宅で、今も沢山の人が豊かに暮らしてる感じ。

住人の人たちはみな穏やかで、カメラを持った完全に部外者の私に、眺めを見るなら9階の廊下の突き当りを左に、とにっこり。

心が満たされている人の笑顔。

ベルリンのユニテ_a0355629_08233235.jpg

その9階からの眺めが抜群。真下にはお金持ちそうな大きな家が森の中に点在してるよう。

ベルリンのユニテ_a0355629_08233035.jpg
東にベルリンの中心部。結構遠いな。

ベルリンのユニテ_a0355629_09003748.jpg

西にGrunewaldの森。これがあのGrunewaldか。でかいな。

ベルリンのユニテ_a0355629_09013161.jpg

すぐ下にはオリンピックスタジアムが。知らなかった。



ベルリンのユニテ_a0355629_08225489.jpg

戦後まもなくに計画され建てられた当時はきっと最新の建築だっただろうユニテ。

ベルリンのユニテ_a0355629_08543264.jpg

軽やかなピロティ―とカラフルな外壁がなるほどコルビュジェ。

でも一番感心するのはこの行き届いた維持管理。庭から駐車場からホールから何から何まできれいに保たれている。ほんとにベルリン?って思うほど。

ベルリンのユニテ_a0355629_08225529.jpg
建設当初のコルビュジェの思いはしっかりと住み手に伝わり継承されているのがすごい。
管理組合がしっかりしているのか、財団のおかげか、少人数の建築ツアーは常時申込めるようで、住人側の受け入れ態勢も出来上がってるのかもしれない。
ベルリンのユニテ_a0355629_08225495.jpg
ホールには建築当時の資料や写真が展示されてる。

ベルリンのユニテ_a0355629_08225519.jpg
住戸の空きも少なそうで。

ベルリンのユニテ_a0355629_08423593.jpg
住戸名板がこれまたかっこいい。

ベルリンのユニテ_a0355629_08233188.jpg
きっと住んでいる人は自分の住まいを誇りに思えるはず。すばらしい。



# by morizo-archi | 2019-08-13 08:44 | 欧州デザインレポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る