人気ブログランキング |

ガチロックダウンですやん。

久しぶりの青空。Berlinのえーとこエリアを歩く。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104274.jpg
こんな素敵な教会があちこちにある風景もしばらく見れなくなる。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104268.jpg
閑静な住宅街に素敵なショップがちらほら。だけど閉まってる。
クリスマス商戦が年間売り上げの結構なウエイトを占めてるらしいけど、こりゃたいへんです。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104270.jpg
事前予約やネット注文で引き取りのみは許可されてるので、かすかに開いてる店もある。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104153.jpg
クリスマスツリーを買い求める人も必死。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104139.jpg
集まれないのでお礼のあいさつにお世話になった方を個別訪問する日々。
美味しいお茶と、手作りのお菓子がうれしすぎる。
おかげでゆっくりいろんな話ができたり、いろんな家にお邪魔することができて嬉しいこともある。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10104250.jpg
ドイツの暮らしや文化、まだまだ知らんこといっぱい。
いろんな習慣や考え方にまだまだ驚かされる。
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10352431.jpg
荷造りまだですが、、、、お土産が入るスペースがどれほどあるのかわからないまま焦る。
ガチロックダウンが始まって、油断してたらホームセンターまでまさかの休業?!
ガチロックダウンですやん。_a0355629_10352447.jpg
わずかに出入りする人を見つけて、やっぱ開いてるんかな?と思いきや、
流通やライセンスカード持ってる人以外はやっぱり入れない、、、、
メルケルさん本気やな。。。。
諦めてノーお土産で穏やかな日々を過ごそう。




# by morizo-archi | 2020-12-19 10:51 | 欧州の日々 | Comments(0)

歯が限界。

二年前に来たときドイツで治療した歯がカプット。
帰る直前に歯茎がどんどん腫れてる。
顔も頭も痛いときがある。
歯医者に行くのが嫌。しかもドイツで治療を受けたら中途半端になるからと、帰るまで知らない振りをしようと、、、したけどもう無理。
教えて貰った日本人のは医者さんに駆け込む。
3週間前のこと。
衝撃の診断を受ける。
元々の根幹治療も良くなかったし、それを見過ごして新たに歯をかぶせたドイツでの治療も良くない。と。
ドイツの国民保険?医療保険?なら全額払い戻しが必要な治療ミスが明らか。と。
でも、個人の安い保険ではその審査をする事が出来ないでしょう。と。
だから鴨だと思って安易な治療をしたのではないでしょうか?と。

その言葉は信じたくないし、そんなシェフには見えなかったし、私の歯の問題も大いにあると思うし。
でもめちゃ高かった。ドイツに来て間もなく25万くらいを使ったこの歯は、間もなく無駄になる事が決定。残念。

その後処方された薬だけでは効かず腫れは広がる頭が痛くなる。
反対側の奥歯は二度目の渡独直後に取れてそのまま治療してないから奥歯がない。
腫れてる方の歯で噛むしかない。
帰るまで持つかな?なんかできることがないかな?
ダメもとで日本人の歯医者さんにもっかい連絡してみる。
やっぱり予約がパンパン。

治療は出来ないけど診察と処方箋を出すくらいなら出来るかも。と。
運よく見て貰ってまたまた衝撃の診断。
作った歯の下の自分の歯が割れてるのが見えます。と。
おそらく抜かないといけないので覚悟してください。と。
帰ったらすぐに歯医者に言って下さい。と。
はい、そうします。

知らないこと、分からないこと、いっぱい。
なにが正解で誰に頼むとそれが叶うのか、素人ではさっぱり分からん。
信じた人に託すしかないんです。

これは家造りにも言えることかもしれない、、、。
きっと建築業界にいないクライアントには不安も多いと思う。
そこに対して出来ることはいっぱいあるかもしれない。

しかしドイツの医療保険のシステムを垣間見て感心する。
なるほど掛け金が恐ろしく高いわけだ。
国の違いを様々な保証システムから身を持って感じた一件。

とりあえずアップシュタントで薬局の行列に並んで、、、。
薬棚がドイツっぽくって素敵。
って、言ってる場合じゃないけど。
歯が限界。_a0355629_20555958.jpg

# by morizo-archi | 2020-12-16 20:06 | 欧州の日々 | Comments(0)

帰国まで1週間。

2年と2か月の欧州チャレンジ、残すところ1週間。
最後の最後に少しずつ小さな成果を感じ始めてる。
そしてそわそわ、わなわなしてる。

「あっ」という間だった1年目。
友達が1人と紹介してもらった会社が1つあっただけ。
コネクションも言葉もお金もなかったけど、なんの予定も仕事も約束もなかったけど、
来てみんと何が出来るかもわからんからとりあえず来てみた。
何にも知らないまま来て、知るべきことが多すぎることが分かった。

予定してなかった2年目も相変わらずすったもんだ。コトはなかなか進まん。
挑戦とか言って自分なりにアクションをした。
けど、やっぱりなんも出来へんかった。
頑張っても頑張り方が間違えてるせいか、壁に当たるばっかりで一向に進まん。
誰にも頼まれてないことに勝手に挑戦して、プレッシャー感じてへこんだ時期もあった。
諦めて開き直った矢先にコロナ。。。。

逆に焦らず地道にやり続ける以外に出来ることないと思えた。
それで無理やったらもーしゃーない。とにかく帰るまではやり続けようと思った。
そして6月。ロックダウン明けに少し進展があった。
めちゃ嬉しかった。仲間が出来た。言葉が通じんくてもそう思えた。
でもいつ消えてもおかしくない泡みたいなふわっとした感じで、ずっとどうなるかわからんかった。
大切に、慎重に、とにかくできることを出来る範囲でやった。ら、切望してたUTSUWAがホンマにできた。
これは奇跡かなんかの間違いか。

なんぼ頑張っても出来ないことっていっぱいある。
でも頑張ってたらたまーに奇跡が起きる。そんな気がする。
思えば知らん土地で言葉が通じへんにしてはいろんな経験ができた。
ここに来んかったら絶対知り合わんかったいろんな国の人と友達になった。
これが私の人生の何よりもの財産。
2年もかけて何かすごいことをしたわけじゃないけど、
とにかく楽しいこと嬉しいこと幸せな気持ちをいっぱい味わえた。
それに意味があるかどうかは知らんけどホンマに来てよかった。

帰国2か月前にしてにまたしてもロックダウン。
次に繋げるアクションをして帰ろうと思ってたのに。
状況を待って、タイミングを計って、と待ってたけど良くなるどころか益々規制が厳しくなる。
最後の一週間は最強ロックダウンになることが決定。近くに居てもみんなではなかなか会えない。
カフェもレストランも閉まってて、Berlinの寒空の下ビールを飲むのは厳しい、、、、
何人かのタイミングの会う友達が家に招いてくれて個別に手料理でひと時を過ごせたのはある意味よかったことかも。

そう、もう十分、2年間分の奇跡を味わったはず。
残りの時間も出来ることをを出来る分だけしたらそれでいいと思える。

焦りはないし、この状況を誰もどーすることも出来へんからあきらめるしかない。
けど、ただなんかめちゃ心臓が苦しい。
こんなにドイツを離れるのがつらくなるとは思ってなかった。
何かに集中してな、帰ることを考えてしまって息がしにくくなる。
やり残したことはもちろんいっぱいあるし、それを淡々とやっていこうと思うのに、苦しくて淡々と出来へん。
そこに新しいプロジェクトの話が浮上したり、UTSUWAのコラボの誘いが来たり、蒔いた種が早くも芽吹き始めたり、、、
そわそわとわなわなが合体してなんかわからんまま日が過ぎていく、、、、
とにかく息苦しいさが思いのほかしんどいやん。。。。
なんかもう何していいか分からん。。。。



# by morizo-archi | 2020-12-16 07:14 | 欧州チャレンジ2020 | Comments(0)

弾丸Freiburg建築調査

どうしても行っておきたかったFreiburg。
10月に3、4日掛けて南ドイツの去年行ってなかったエリアに行こうと予定してたのがコロナのせいで延期。
Berlinが危険エリアに指定されたことで旅先の州の決まりで、48時間以内のコロナの陰性結果がないと宿泊できなくなってた。
その後ソフトロックダウンが11月末までと決まっってしまったから紅葉のいい季節には行けないけど、12月には行けるはず、、、と思いきや
ドイツ国内全体にさらに感染者が増えてしまって、完全ロックダウン寸前、、、。
宿泊できなくても行けるなら思い切っていってみようと弾丸。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290160.jpg
ICEの便も減ってって、めっちゃ朝早いか昼前の到着になる。
早くいって早く帰る電車を取ったものの、到着は予定通り5:30。
ロックダウンでカフェはやってない。
テイクアウトのコーヒーを握りしめ、旧市街を散歩。
暗くてよく見えなかったけど、なんかいい感じの街並み。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290157.jpg
大聖堂が既に開いてて、信者じゃない私を5分だけならOKと入れてくれた。
久しぶりに教会。やっぱりこの空間のボリュームに圧倒される。重機のない時代にどうやって作ったのこれ?っていつも思う。
しばし堪能。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290273.jpg
小雨が降る街をてくてく。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290283.jpg
小道のイルミネーションがささやかでかわいい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290366.jpg
マンホール?と思いきや
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290304.jpg
各ドアの前に

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290310.jpg
パンや

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17292954.jpg
魚のデザイン石畳・・・
お店やさんの気合が感じられる。
というか、意地でも廃業できない感がすごい。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290231.jpg
薬局がクリスマス仕様に

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290184.jpg
華やかで季節感のあるショーウィンドウは街に彩を与える。
都市デザインの一つって感じる。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17290254.jpg
化粧品のアドベンスカレンダー♡
ゆっくり散歩したらきっと素敵な街だと思う。。。。。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17462818.jpg

今回の目的の一つは、池田さんに会いたかった。
夜明け前にDenzlingen駅に迎えに来ていただいてご自宅で朝食を頂く。
なんて優しいご夫妻。
その後も私が一番今回興味があった古い建築の活用事例を見に連れて行ってくださった。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17462938.jpg

古い馬小屋を改修してホテル、レストラン、ショップとして活用している。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17462972.jpg

コロナのせいでホテルとレストランは閉まってたけどショップ部分は開いてて営業中。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17462961.jpg

なるべく既存を活かして構造補強をし温熱改修を行ったらしい。
文化財建築で補助金が入っているとのこと。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17462943.jpg

この地域は地震があり、しんと6,7に耐えれるようにしないといけない。
構造の補強方法は既存の柱や梁にあまり頼らずを残す。
この改修方法や温熱環境のクライテリアの設定はとても興味がある。
強度や温湿度による快適性は現代でもすべてのことが100%数値化できない部分が有る。
そこに大切なものが含まれてる気がして、、、上手く言えないけどそこもしっかり大事にしたい。
だけど、日本の環境配慮建築は一部では数字を追いかけ競うように性能の良さを売りにする風潮がある。
確かに日本では基準がEUなどに比べると低く、というか無く、低品質の建築も建てることが可能で業界側にも意識や知識が足りていないと思う。
ドイツに来てつくづく思うのは、「科学的な視点で未来を見据えて高い基準の目標を立てる」⇒「それに対して細かいルールや実行スケジュールを立てる」⇒「市民にも情報が開示され基本知識をみんなが持っている」という流れがどの分野にもある様に思う。
厳しい側面もあるけどこれは理にかなっていると思う。
決定・厳守・罰金という明確なルールがあることで低品質は社会的に悪とうベースが出来ているように思う。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17480995.jpg
もう一つの目的だった「Vauban」環境住宅地ヴァウバン。現地ではフランス語読みのボンボンとうらしい。
この一角は車を排除して、人に優しい住環境を目指すというコンセプトの基に開発された。
低炭素を実現するお手本として日本からも沢山の視察が来るその業界では有名な場所。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481002.jpg
確かに、自転車置き場が多く静か。ゆっくりと散歩したり、元気に街区路で遊ぶ子供たちがいる。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481043.jpg
合理的なプランをしたように見える四角い建物も色やちょっとしたデザインで街並みに彩がある。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481078.jpg
街区に隣接してパークスペースがあってここから先は車が基本的には走ってない。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481100.jpg
この街づくりは環境意識の住人を募集し、ノーマイカー生活を望む人を対象に計画されたと聞いた。
ソフトロックダウンと冬につき、住人の様子を伺い知ることが出来なかったけど、夏にはもっと街区路に暮らしがはみ出して豊かな住環境を見にすることが出来るのかもしれない。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481110.jpg
街路樹や散歩道が沢山整備されてて手入れもよくされている。
自然な感じを残して整備されてる感じがいい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481204.jpg
外観に木を使った建築が近くに会った。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17481244.jpg
バルコニーの手摺外に設置された木のルーバーは可動するようで日射をコントロールしている。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490245.jpg
寮のようなアパートでも目隠しと日射コントロールを兼ねたスライドパネルが外観のデザインとなっている。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490315.jpg
作りは至ってシンプルで、ガイドレールに上下のコマでスライドするようになっている。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490330.jpg
Vauban街区以外でも環境配慮建築を沢山目にした。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490378.jpg
かわいい色使いのアパートメントは全棟ソーラーパネルを載せている。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490380.jpg
ポップな配色と
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490465.jpg
環境配慮。
デザインから明確なコンセプトが見えて、住人の趣向もうかがえる気がした。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490492.jpg
他にも木でシュッ&ほっ的な商業建築や

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490497.jpg
暮らしがはみ出しちゃってる学生寮や

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490422.jpg
植栽と共生するアパートメントや

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17490549.jpg
店舗&プラザ&ブリッジで燐棟を繋ぐデザインなどいろんなバリエーションの計画を見ることが出来た。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17503925.jpg
車が少ない分、トラムが頻繁に街中を走る。
冬でも緑がいい感じ。それも自然共生的でなんだかゆったりとしてる。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17503975.jpg
近くを流れる小川沿いに中島さんおすすめ散歩コースがある。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504087.jpg
天気が良ければ沢山の人が来そうな心地のいい小道。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504095.jpg
小河には柵はなく自然ぽさがいい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504088.jpg
何やら屋外施設。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504040.jpg
判築発見。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504117.jpg
色がかわいい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504167.jpg
農園ゾーンや

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17504144.jpg
団らんゾーンなど、エリアごとにいろんなことが出来そう。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17515903.jpg
レトロなメトロがめちゃかわいくて、ずっと乗ってかくなる。
堺の阪堺線を思い出す。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17520130.jpg
行ったらいいよ、と皆に勧められる市役所。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17520024.jpg
なんと外観に全面ソーラーパネル。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17515992.jpg
それがなかなかかっこよくて総会。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17515933.jpg
どのくらいのエネルギーを生み出してるのかな???
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17515905.jpg
もしかして太陽の位置に合わせてパネルが動いたりして!?って思ったけど、それはなさそう。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17515954.jpg
中はえらいモダンで、

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17520027.jpg
宇宙千みたい。しらんけど。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17520064.jpg
平面プランからして斬新。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525287.jpg
いいなと思った施設の一つに自転車の駅がある。結構大きい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525360.jpg
中には常駐の人がいてレンタサイクルや修理、洗車、充電などが出来る感じ。
こんなの日本もいっぱいあったらいいなと思った。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525330.jpg
旧市街に戻って電車の時間まで散歩。
おもしろいTischlereiを発見。ガラス張りで半地下の工房が丸見え。
なんか丸いもんを作ってる。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525428.jpg
Tischlereiお約束の作業台。道具や材料が気になる。。。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525352.jpg
奥に若い職人さん。アウスビルヅングかな?
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525485.jpg
手前にこわもてのおっちゃん2人。ずっと彼の仕事を見てる。のを見てるのが面白かった。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525439.jpg
埃をかぶったサンタクロース。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17525455.jpg
木の枝の断面に描いた顔がおちゃめ。

弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17543891.jpg
大学付属の近代的な図書館。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534429.jpg
垂直のない外観はモダンだけど、
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534430.jpg
これって具が見えてませんか?実は工事の続きがまだあるのか気になる、、、
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534523.jpg
街はロックダウンの中でもささやかにクリスマスムード。
ケーキ屋さんは入場制限をしつつにぎわってる。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534505.jpg
おいしそう。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534553.jpg
おいしそう!!!
でもテイクアウトのみだから寒空の下で食べるのもな、、、
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534539.jpg
えらい精巧なダイニングテーブルの模型。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534696.jpg
素敵な家具屋さんのさりげないディスプレーだった。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534610.jpg
旧市街の終点。近代的なトラムが違和感なく走ってるのもいい感じ。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17534687.jpg
テイクアウトのカフェでコーヒーを買って路上で飲む年配のカップル。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17551032.jpg
小雨振る夕暮れに石畳がまたいい。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17551091.jpg
夕方には少し人も増えてクリスマスのショッピングを楽しんでる。
弾丸Freiburg建築調査_a0355629_17551026.jpg
弾丸で来たフライブルクはまた来たいと思う街だった。
凝縮された新旧が詰まってる感じがした。
あちこちにちょっとしたこだわりが感じられてホッとする。




# by morizo-archi | 2020-12-15 18:44 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!

急に決定した。提案したその場で。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301153.jpg
Mehringdamm 61 eventsのグループメッセージにUTSUWAのことを投稿したら、ちらほらアーティストからの問い合わせが。
UTSUWAの中を使ってもいいですか?とかコラボしませんかとか。
とりあえず、取扱注意事項を伝えなきゃ!と慌ててポスターを作って持っていったらすごく優しく使ってくれててほっとした。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301166.jpg
ブルガリの特産品を扱うショップ
Kuker Berlin
https://www.facebook.com/kuker.berlin
ここが企画する展覧会
Balkan Bazar in Kuker Berlin
Balkan Bazar in Kuker Berlin | Christmas Edition | 10.-13. December | Facebook
が穏やかに始まった。

UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294398.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294340.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294389.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294240.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294274.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294494.jpg
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09294340.jpg
いろんな作家さんの作品が並ぶセレクトショップのよう。
クオリティーの高いかわいいものがいっぱい。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301172.jpg
ラグや茶わんがある、、、、。
ここで、ボスのバレンティンさんに提案。
なんか所にしませんか?って。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301187.jpg
この張り紙を貼りに来ただけなのについつい病気が。
そして最終日の最後の三時間に日本とブルガリアのなにがしかのコラボをすることに決定。
話が早い。
私はUTSUWAのポートフォリオが1つでも多くほしい。ので。つい。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301219.jpg
バレンティンさんのショップは現在ギャラリーになってる。

UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301156.jpg
コロナでかなり予定が変更されてしまったらしいけど、素敵な写真展開催中。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301256.jpg
その横には期間限定のワインショップ。こだわりのグリューワインも飲める。
UTSUWA×Balkan Bazar コラボ企画決定!_a0355629_09301225.jpg
奥にはアートもあって、店主のシャハプさんのノリもいい。
帰る直前にいろんな出会いがある。

どうなるかわからんけど、とにかくぶっつけ本番何とかなるかな、、、、。




# by morizo-archi | 2020-12-11 09:59 | MM-Archiv UTSUWA2.0 | Comments(0)

UTSUWA@Berlin誕生

私はきっとこの日を忘れない。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21504864.jpg
半年前に知り合った人たちと奇跡を起こした。
もう嬉しくって仕方がない。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21504415.jpg
UTSUWA@Berlin誕生。私たちのベイビー1号が生まれた。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511316.jpg
6時過ぎに家を出てEduardoの事務所へ。前日も家に帰ったのは日付が変わってた。疲れがたまってるけど、この日が最大の勝負の日。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511418.jpg
Stavと3人で荷積みして現場へ向かう。ベルリン中央駅の北ヤードを抜けてMehringdammへ。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511428.jpg
この方、私以上に疲れがたまってってるのに昨日の夜中解散後にクロイツベルクまで大型レンタカーを借りに行った。
きっと寝坊すると思いきや、起きてた。すばらしい。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511423.jpg
若干遅れて9時に搬入が始まる。すでにJustusはスタンバイ。
Vinaも会場のカギを段取りしてくれてた。
頼れる仲間。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511447.jpg
しかし、荷積み時に既に3枚のパネルが破損。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511572.jpg
見なかったことにしたい。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21561620.jpg
Vinaは皆の為にケーキを焼いてきてくれた♡
餅粉で作ったチョコケーキ。こんな女の子になりたかった。
コーヒーを買いに行って作業前のひと時。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22294954.jpg
朝からのメンバーは6人。
のんびりしてるのは今のだけ。。。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511507.jpg
昨日つくれなかったパネルを私とVinaで仕上あげる。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531360.jpg
職人班はフレームを作り始める。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531314.jpg
その後徐々に到着した撮影班3人は各自のスタイルで撮り始める。
Veronikaは映像担当。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531458.jpg
Davidは写真担当。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22013488.jpg
奥に居るGloriaは三脚でUTSUWAの生まれる進捗を定点撮影。
彼女はこの日、この活動に賛同してUTSUWAメンバー入りしたスペイン人建築家。嬉しい。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21593097.jpg
姿を現し始めるUTSUWA。期待が高まる。



UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531514.jpg
だけど、番付を間違えたようで、仕口が合わない痛恨のミス。
もうすぐ12時だけどまだかかりそう。
昼食前にフレームのくみ上げをどうしてもやってしまいたい。
今休憩を入れたらまったりしてすまう気がして、、、。
Cunも昼までしか居れないし明日アルゼンチンに帰ってしまう。
どうしても前半戦に姿を見たい。と棟梁Justusuに頼み込む。
そして彼らは頑張ってくれた。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21561635.jpg
しかし、エネルギーもそろそろ限界。
私とVeronikaは昼食の調達に。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21561636.jpg
その頃EduardoとCunは床材の調達にホームセンターに。
なかなか帰ってこないと思ってたら、パネルカットをしてもらってると。。んーん、ほんとに床まで作る気か!?
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531386.jpg
はい、お昼は手軽なCurrywurst。
大阪でゆうところのたこ焼き?!(こうゆうと大阪人に怒られる)
目と鼻の先に観光客に有名な「36」。
Veronikaに10人前、内ビーガン用3つを注文してもらったけど実はビーガン4人だった。。。。。食べれなかったVeronikaごめん。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531316.jpg
ちょっと休憩。ランチタイムは手短に、そして和やかに。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531366.jpg
この日の助っ人も一緒にメンバーとCurrywurst。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21531422.jpg
タケさんもほんとにありがとう。
唯一日本語が通じる日本人、しかもTischrer!
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22480369.jpg
食後気合を入れ直してCunが帰る直前にフレーム完成!!!
このタイミングで、たまたま見に来てくれた私のことをいつも応援してくれてるイタリア人建築家Aresandoroが彼女のPiaと見に来てくれた。背が高い彼は自動的にフレームの組み立てに参加させられる、、、、。やっぱりそうなった。
ありがとう!みんなで最高の記念撮影!感無量!そしてホットした。とりあえず良かった。

ここから少しずつメンバーが減っていく。各自次の予定がある。
ここまで出来て皆と写真を撮ったら私の中では合格!

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_21511536.jpg
夕方まで残ったメンバーは5人。
ここからまさかのエンジンをふかし出すEduardo。
床がどうしても作りたい。らしい。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22065454.jpg
もうくたくたのJustsuとタケさんがもう少し、もう少しと頑張ってくれる。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22065551.jpg
Justus、ほんとにずとUTSUWAを作ってくれてありがとう。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22065466.jpg
ブログを見たけど手伝おうか?と言ってくれたタケさん、ほんとに来てくれてありがとう。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22041242.jpg
そして床、なんとか完成!!!!
ここで職人チームは仕事終了。

しかしこの男、どうしても天井も壁も作りたい。
エネルギーが切れないのはなぜだ!

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035388.jpg
見なかったことにしたかった破損パネル3枚も材料が足りるんだったらもちろん作り直すでしょ、という。
先日何時間もかかって貼った紙を剥がす辛さを吹き飛ばすこの男。
ああやったろうじゃないですか!
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035215.jpg
Gloriaも帰りEdとVinaが何かをしに出掛けてる間に私は一人誰もいない築200年のビルで紙を貼り換えてパネル設置の墨付け。
たいしたことしてないのに気を緩めたらふらふらしてくる。終わるかな、これ。。。

普段から外国語は5割かればもう十分ってノリでコミュニケーションしてる。
二人がどこに行ったんか分からんかったけど、何やらパーツを買いに行ってたもよう。
私は持ってた尺金のmmと尺寸の違いを考えずにバラバラな墨付けをしてしまい、、、、
帰ってきたEduardoがダボ穴を開けて壁を設置すっるも、そら合わない。
Edにえー!と言われる。でもすぐに気を取り直して、やり直せばいいと。
お互いの凡ミスやぶっつけ本番さが重なってなかなかうまくいかない。
もうVinaも体力の限界。夜遅くまでありがとう。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035497.jpg
そして、二人残った私とEduarudo。お互い朦朧としながらもどうにかしたい。
いくつも試してやり替えて、、、結構強引に、執念で最後までやり切った。
まさかの最後まで。
奇跡だ。

ほんとに疲れたけど、ほんとにうれしくて、本当に信じられない。
だって、2日前まで壁と天井の材料さえ揃ってなかった。
床材なんてさっき買ってきたんちゃうの。

実は私はもしかしたらフレームすら組み上がらない可能性もあると思ってた。
2日前までフレームを持ち上げる最低限必要な人数すら足りてなかったから。
でも、この日に絶対決行すると決めてた。
この日が無理ならもうチャンスは来ないと思ってたし、手が足りないだけなら道を歩いてる人を引きずり込んででも組み上げなあかんと思ってた。
仕口の最終工程にもきっと想定以上に時間がかかるだろうと思ってた。みんなの気力がどこまで続くかもわからなかった。
何も自信はなかったけど、できるところまでやればそれが今の実力と何得できるはずと信じてやるしかなかった。
でもできちゃった。
急な招集に10人も集まった。
そして想像以上に出来上がった。

2人、インクレイーブレを連呼する。
しかし余韻に浸る暇はない。レンタカーの返却時間を過ぎてる!!
大慌てで返しに行くEduardo。その間に現場の掃除をする私。
もうへとへと。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22041237.jpg
そして、帰ってきたEduardoと改めて喜びを分かち合う。
私達は嬉しくていつまでもそこにいた。
写真を撮ったりビールを飲んだり、残って冷めたCurrywurstを食べたり。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035389.jpg
いつまでも写真を撮るこの人。
感無量なのはわかるよ。。。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035301.jpg
もうかえろう。よ。って言っても聞こえてない。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035307.jpg
止まらない。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035329.jpg
UTSUWA愛が止まらない。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035476.jpg
いつまでも撮ってる。そんな彼を見るのがおもろすぎた。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22035479.jpg
でも、もうええんちゃう?
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22100367.jpg
と、そこへオーナーのクリスチャン登場。
でっかい彼が入るとUTSUWAがちっちゃく見える。
Edはクリスチャンに靴を脱がなきゃ上がらせないと、UTSUWA愛を強要。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22100371.jpg
一緒に来たポルトガル人と強引なスペイン語でUTSUWAの話をする。
だれですか? もう誰でもいい。これいいね!と言う人とは誰とでも一緒に喜べる。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22100272.jpg
この3人メチャ早いスペイン語でしゃべりまくる。
このアートスペースの話をしてるみたい。
アートやアーティストの話もしてる感じ。
盛り上がってますが、もう12時過ぎてますよ。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22134378.jpg
オーナーたちが帰っても、まだ名残惜しい。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22134257.jpg
まだ撮るか。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22134293.jpg
電気を付けたり消したり。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22134251.jpg
Berlinらしい照明で遊んでみたり。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22100259.jpg
さてそろそろ片付けして帰ろう。
しかしこの男、廃材をコンテナには捨てない。
これはまだ使える。Müllじゃない。って言いきる。
ここに置いとけばきっと誰かが持っていって使うって、、、。捕まるで、ほんまに。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22041289.jpg
タクシーでウエディング近くのEduardoの事務所まで一緒に荷物を運ぶ。
やっと終わった。
もう、1:30ですね。
集合時間から18時間ぶっとーし。
ここから自転車で1時間かけてBerlin斜め縦断して帰る私に祝いのワインを半分しか注いでくれないEduardo。
「家に着いたらメッセージ入れて。そしたら俺は安心するから」って。言うけど、どうせ寝てるでしょ。でも優しいな。

UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_22041259.jpg
やっと家に着いた。もう3時。飲み足りないし、興奮して眠れない。
ワインを飲みながらメッセージを打つとEdはまだ起きててあっちも飲んでる?
絵文字と写真だけのやり取りを何度かして、、、、いい加減寝ましょう。

とにかく今日は忘れない日になる。
出産ってこんな感じかな?ってふと思った。
UTSUWA@Berlin誕生_a0355629_23190266.jpg
ほんとにありがとう。と、皆に言いたい。
奇跡としか思えない。






# by morizo-archi | 2020-12-06 23:19 | MM-Archiv UTSUWA2.0 | Comments(2)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る