<   2017年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

欧州日記01 Japan→Wien

2017.09.27 ウィーン

a0355629_23410780.jpg

am10時関空からアムステルダムまで11時間、トランジット2時間、ウィーンまで2時間。

宿を探してチェックインしたのがpm10時。12時間と時差7時間。家からはほぼ丸い一日使って到着。それが、あんまり遠くに来た気がしない。

スマホをもってから初めての旅。まぐれでネットに繋げれたこともあって、日本での仕事やその他のやり取りがそのまま続いてる。これはいいのか悪いのか?地球の裏側も距離を感じなくなってしまったことがちょっと残念?特別感がないというか、、、

a0355629_23410746.jpg

それでもやっぱり今までと変えれないところがあって、、、、。とにかく道を聞く。空港から宿まで8人。ウインの人は親切。中には電車の切符を買う小銭をくれる人まで。暗いガード下のパンクなお店の周りにはちょっと怖そうな人たちがたまっていたり、小道の角に黒ずくめの人がいてぎょっとしたり、せっかくつながるスマホを使うことをすっかり忘れててくてく歩き続けたり。まあこんなんです。

初めて一人でインターネット予約したゲストハウスは女性専用の部屋もあったのに後で気づいた。しかもMrで予約をしてたらしく、案の定4人部屋の3人は男子。でも大丈夫。

皆さんマナー良く、部屋はきれいで、シャワーも暖かく、それが1600円。全く問題ない。

外観は古くて素敵。中はゲストハウス用に改修したてで快適。これですよ、街並みを守りつつ、使い勝手は時代に合わせる建築。素晴らしい。


by morizo-archi | 2017-09-30 23:42 | 欧州日記2017 | Comments(0)

1.2㎡に燃えたら。

a0355629_00083000.jpg

完成しました。
想定よりも良くなってしまいました。
せっかくなので工事の内容を一部始終お届けします☆
a0355629_18332516.jpg
元のトイレです。ロータンクの不具合と、換気扇が壊れていました。ご依頼の通り、3年前デザインさせて頂いた別の階のトイレのように快適な空間を目指します。
a0355629_18295272.jpg
計画ではドアの内側と天井に木を、壁には和紙を貼り、間接照明を片側の壁にという提案でしたが現場を下見に来た大工さんが、このままだと光で元の壁の不陸(凹凸)が目立つと指摘。間接照明のイミュレーションを見て計画変更を検討しました。
a0355629_18325655.jpg
週末2日間の工事に向けて、金曜日の夜は準備工事です。既存の機器を外して下地確認です。換気扇の仕込みもしておきます。
a0355629_18325946.jpg
養生をし、道具を運び込み工事開始。スペースが狭いので材料はタイミングよく運び込まないと作業がうまく進めれません。
a0355629_23284817.jpg
照明側の壁は吉野杉の柾目。予め三分割でパネル化しておいたものを現場で継ぎ目がわからないように設置。天井は間接照明のスペースを確保するため少し下げました。
a0355629_23345747.jpg
その他の壁は紙仕上げ。ビニールクロスと違い、優しい感じです。
a0355629_23354228.jpg
ドアのポリ合板という無機質な素材を隠すため小窓を残して紙で包んだパネルを貼ってもらいました。なるほどそう納めますか。と大工さんのアイディアに感心。
a0355629_23570261.jpg
壊れていた換気扇は使っていない浴室と洗面との共用だったのでこれらを塞ぎトイレ単独の換気扇を設置。
汗だくで天井裏の処理をする電気屋さん。間接照明もぴったり取りつきました。
a0355629_23432027.jpg
工事もそろそろ終盤。と思いきや、大工さん。「気になる~」とせっかく仕上がった杉の壁をカンナで削り始めました。
間接照明の具合でちょっとの段差が気になるようです。
a0355629_23441299.jpg
段差がなくなったらサンドペーパー。
その次は浮造り。まずは萱のたわしで杉の夏目(柔らかい部分)を削ります。
a0355629_23452023.jpg
そして馬の毛のたわしでこすります。
最後にワックスを塗込んで仕上げます。自然素材のたわしで手加工された浮造りは木の優しさがより感じられて、ずっと触っていたくなる子になりました。
それにしてもどれだけ手間をかけるのか、採算度外視にもほどがあります。
a0355629_00075969.jpg
本来、窓がなく日が入らないトイレに生きた植物はご法度ですが、事務所のスタッフの方に毎日窓辺とトイレの植物を取り換えてもらう約束を取り付け、花屋さんに2セットの緑を届けてもらいました。わざわざラッピングをしてくれて、かわいい霧吹きのプレゼントまで。さすが心づかいが女性らしい♡
a0355629_01434483.jpg
先発はこの緑。ゼブラ柄の杉の柾目がますます映えます。ストックペーパー棚もサイズ感ぴったりです.
限られたスペースと予算の中でとっても素敵な空間ができました。小さな仕事でも専門職人さんたちが技術と知恵を出し合ってくれたことに感謝です。
a0355629_00090087.jpg
そして大工さんからは気の利いたかわいいプレゼントが。この事務所の名前をあしらった木のヤジロベー。所長さんにも喜んでいただけました☆


水道工事:柏木設備
その他施工:㐂三郎 沖本雅章さん(大工)、電気屋さん、内装屋さん
設計:建築設計室Morizo-


Morizo-にとっても、正直とても小さな仕事でしたが、いろいろと学びもありました。
目まぐるしく働く事務所のスタッフの方たちが、一瞬でも心落ち着く空間をと、なるべく有機物の素材を選びました。
ゆえに、手仕事や工夫が必要となり、ほっとできる空間となりました。
1.2㎡の小さな空間でも思いをもって取り組めば、作り手にも使い手にも何かが伝わる気がします。
想定よりもいい空間に出来上がったのは職人さんたちの心意気と、施主さんの理解があったから。
この度はいい機会をありがとうございました。


by morizo-archi | 2017-09-13 01:39 | Morizo-の設計 | Comments(0)

1.2㎡に燃える。

a0355629_08553519.jpg
a0355629_08335087.jpg
1.2㎡に燃える。

とある事務所さんのトイレです。3年前にも別のフロアーのトイレ改修の依頼を受けました。

前の改修は木を使ったデザインで、あんな感じにしてほしいとのご要望。実は気に入ってくれてたんだ!と知ってなんだかうれしくて、今回も張り切ります。

何案も考えて、これで提案しよう!と決めた案でプレゼン資料を作りました。

コンセプトをまとめ、素材や機器を選定し、機能やメンテのことも伝えます。

イメージスケッチの提案が通り、いよいよ工事が始まります。


週末だけの小さな小さな工事。

たった1.2㎡ですが、水道やさん、大工さん、電気屋さん、内装やさんと、職人さんに4×2回も登場していただきます。

一人づつしか入れないスペースのため段取り、準備、フォーメーションが大事。

1.2㎡の工事にも事前に皆さんに下見に来ていただくということになるのです。

a0355629_08382814.jpg

下ごしらえを進めてくれている沖本大工さん。

㐂三郎とう工務店を立ち上げた若き手刻み大工さんです。

予算オーバーの提案だったのですが「内田さんの熱意に賛同します」と、大盤振る舞いで柾目の吉野杉を使っていただけるとのこと♡

申し訳ないやらうれしいやら。1.2㎡がどんなふうに仕上がるか楽しみです。


ピリピリとしたオフィス空間に、ひと時だけでもほっとする空間があると、きっと少しリフレッシュしてまた仕事に邁進できるはず。大げさじゃなく小さなこで、建築やデザインが役に立てば幸いです。


by morizo-archi | 2017-09-08 08:41 | Morizo-の設計 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る