<   2017年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

家づくり・ものづくり 08  材料選び

a0355629_12111000.jpg
杉で作った箱です。狩野新さんに作っていただきました。
a0355629_12154929.jpg
吉野杉です。ミスユニバースレベルの美しい材を吉野中央木材さんが製材してくださいました。

a0355629_12142303.jpg
洗面室の収納として毎日目にし、毎日開け閉めし、毎日幸せを感じます。
a0355629_12162827.jpg
以前使っていた籐の箱が傷んで修理が難しかったので、使い方はそのままに木で作ることにしたのですが、
構造をシンプルに、軽量、開閉、コストなどを丁寧に検討していただきました。
材料は杉と決めてましたが、材の品質と部位で値段が変わります。さあ、どうしましょう。

マグロに例えると、
どこかの漁場で、誰かが釣っったものを、どなたかが運んでくれたいずれかの部位のマグロと、
大間の漁場で、山田さんが釣って、田中さんが運んで、中野さんがさばいてくれた大トロと、、、、

どちらも美味しくありがたいマグロですが、確かな品質と満足度に付加価値があり、この値段差だと安いくらいだなと、感謝さえ感じるかもしれません。
ちょっとたとえが変ですが、、、、
とにかく。顔の見えるものづくりには、物の価値が見いだせる余地がまだまだあるということが言いたいのです。
a0355629_12164804.jpg
そして、若干コストが上がってもそれに勝るメリットもあります。
素材がいいと、作り手が作りやすい。すなわちいい仕事ができる。ゆえにきれいに仕上がる。結果使い手がうれしい。
プロでも鉋をかけるのがとても難しい杉。私はそれを知っているだけに余計にうれしいのです。

暮らしの全部をそんな基準で選びだすと大変なことになりますが、
事務所の洗面室に使うものだったので、
・毎日目にする
・小さいものだから差額が小さい
・これを見た人に一口に木と言っても、杉と言っても、材によっていろんな印象になることを伝えることもできる、、、、
などなど、いろんあ理由でこの材を選びました。

a0355629_12160485.jpg
実は、この良材を活かす技術が密かに隠されています。
どんなに目が細かく美しい杉でも、杉はとっても柔らかく、留め具の部分がすぐにぐずぐずになってしまいます。
それを前提に留め具の部分には硬い木をはめ込んでいるのです。
a0355629_12165385.jpg
材の美しさを邪魔しないように、パネルの合体は釘や金物が見えないビスケットで接着。求められた強度と美しさを叶えます。
興味本位で、制作中の写真を送ってくださいとお願いしたので作り方がわかりますが、このあたりの細かい部分は当然の対応としていちいち使い手に伝えないのが職人さんの特徴です。私だったらドヤ顔で説明してしまいそうですが、職人さんたちはなぜ言わないのでしょうか?当たり前すぎて言う必要がないと思っているのでしょうか?
ドヤ顔で説明されたらうざいかもしれませんが、技術や丁寧につくるられていることを知るのは使い手にとっても、すごくうれしいことと思うのですよ。
言うのが恥ずかしい方は職人ファンの私が代弁しますのでご一報ください。
a0355629_12550678.jpg
さて、しめます。
この小さな箱にはいろんな人の時間と手間がかかっていて、それをありがたく使わせてもらえる喜び。
暮らしのほんの一部にでもそう思えるものがある。それこそが豊かなことだなって、
私はそう思います。

by morizo-archi | 2017-06-11 12:58 | 家づくり・ものづくり | Comments(0)

家づくり・ものづくり 07 大工さんの道具

a0355629_10434738.jpg
暗くっても大丈夫。今や職人さんには当たり前のライトのつく電動ドライバー。
最近ではフィニッシュ(針のように小さな釘で木を留め付ける鉄砲)にまでライトがついているし、
エアーコンプレッサー(電気で空気の圧力を作ってホースで送る機械)なしで、近頃はなんでもコードレス。
a0355629_10481438.jpg
押し切り。
a0355629_10532728.jpg
これも光線が出て、今から切るラインが事前に確認できますし、
a0355629_10544193.jpg
集塵機付き丸鋸なども現場を汚さない道具として大活躍。
a0355629_10482003.jpg
丸鋸の進化も目覚ましく、精度、軽量、騒音、充電時間、などなど日進月歩です。
a0355629_11021264.jpg
でも私が、グッとくるのはやっぱり手動道具。
a0355629_11015824.jpg
のこぎり三丁が大切に革の袋にくるまれています。
a0355629_11050479.jpg
昼休みに研いだ刃は、きりっとかっこよく、台(木の土台部分)も自分用にカスタマイズされています。
a0355629_11044259.jpg
そして、つい見てしまう腰袋。その日使う道具が数あるポケットの定位置にしまわれて、その位置を手が覚えている。すっと取って
a0355629_11080779.jpg
しゃっと使う。この所作がたまらんのです。金槌の両側を確認する気配もなくしゃっと使うのです。
a0355629_11102045.jpg
で、やっぱり欠かせないのがねじり鉢巻き?!
a0355629_11102864.jpg
私がカメラを構えると、照れながらトントントン。
a0355629_11021787.jpg
職人さんたちは、「道具が仕事するからな」と謙遜して言いますが、その道具を使いこなせてこそ職人。自分が使いやすいように、いい仕事ができるように、道具を整えるのも大変なことです。


当たり前のようにスピードが求められる昨今、職人さんにとって道具は確かに重要な要素です。道具の選び方、情報収集を含めタイムリーに適応することが必須となっていて、技術も、体力も、資力もいる大変な職業なのです。暑い日も、寒い日も、問題が発生したときも、頑張ってやり遂げる!
エアコンのきいた部屋でのデスクワークとは仕事環境にも大きな差があります。

もっと職人さんのすごさを知ってほしい。切にそう思います。

職人好きだからいうわけではないですが、ほんとにすごいんですよ!




by morizo-archi | 2017-06-10 11:21 | 家づくり・ものづくり | Comments(0)

器プロジェクトメンバーの挑戦

今回の内田の勝手にMVPは未来工房吉田さん。
a0355629_17532838.jpg
今年の春に入った新人木工スタッフさんです。冷静で、気が利き、機動力がある、素晴らしい働きでした。ついていきたくなるほどです。
a0355629_18001786.jpg
そしてその社長、前田さん。今回前田さんデザインの展示台はトチやヤクスギなど天然無垢の天板とガス管を組み合わせたもの。照明も一緒にデザインされました。
a0355629_18024725.jpg
a0355629_18031389.jpg
なぜか和室にも合い、作家さんの器たちも映えます。

そして、こちらも新作、戸夢窓屋 和田さんのステンドグラスのランプたち。
a0355629_18064956.jpg
a0355629_18075025.jpg
a0355629_18081637.jpg
これもまた、和室に違和感なく、いい感じなのです。硝子の優しい光が館内に穏やかな雰囲気を作ります。畳にも映えるステンドグラスってなかなかないと思います。

さらに、紙戸屋中野表具店もこの度作った和紙の行灯。
a0355629_18120665.jpg
a0355629_18121184.jpg
a0355629_18140642.jpg
伊勢型紙で染め抜いた和紙の柄がほのかに浮かび上がる上品な行灯。暗い館内のアプローチの明かりを担当していただきました。
a0355629_18153525.jpg
そしてこれは未来工房と中野表具店のコラボ作品。細かい寸法まで希望通りのオーダー家具に、紙丁番を使ってコンパクトに全開する襖の扉をつけたもの。
器プロジェクトのメンバーがそれぞれの技術を持ち寄ってこれまでにない商品が作られていきます。

もちろん、大江畳店も負けていません。
a0355629_18194523.jpg
商品開発したての畳スツール「CHOCOTTO」。いろいろな座面デザインが勢ぞろい。
a0355629_18234601.jpg
a0355629_18244765.jpg
足の痛いお客様にも気軽に和室に入っていただけるようにあちこちで活躍しました。



で、唯一ものを作らないMorizo-は器プロジェクトの3畳和室「器」の模型を展示させていただきました。
a0355629_18254162.jpg
a0355629_18270348.jpg
いろいろに可変可能な和室の特徴を最大限に活かそうと、工夫を凝らしています。襖や障子、天井までをあけたり閉じたりできます。
今回はあえて閉じるバージョン+映像という設えを提案しました。
a0355629_18315975.jpg
2日で約100名のお客様にひたすら器プロジェクトやメンバーの仕事、素材の良さを喉がかれるほど説明し続けました。せめて私ができることです。
初めてお会いした方、器プロジェクトに何度もお運びいただいてる方達に、何を伝え、何に関心を持ってくださっているのかをくみ取り、その時できることをやっていく、繋いでいく。毎回必ず何かを得ているように思います。
頂いたチャンスを大切に、ご縁が広がっていけるように、これからも頑張ります。
写真・大江俊幸
文・内田利惠子

by morizo-archi | 2017-06-03 18:39 | 器PROJECT | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る