<   2017年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「器プロジェクト×縁活」あべのハルカス

篳篥(ひちりき)って知っていますか?

雅楽の楽器の一つです。今週末の器プロジェクト企画で雅楽の演奏をして頂くことになりました。
プロジェクトメンバーの智佳子さんが習っている先生、篳篥奏者「深親 亮介」さんの体験教室にお邪魔してきました。
初めてまじかで見る篳篥はなんとも素朴な。といったら怒られるかもしれませんが、シンプルな楽器なのです。
a0355629_00004884.jpg
簡単に言うと竹でできた縦笛なのですが、吹く部分の廬舌(ろぜつ)という笛の先っちょは自分で作るのです。勿論出来てるものも売っているのですが、今日はその先っちょ(リード)作りの練習の日でした。初めてまじまじ見る篳篥。いきなり楽器の一部作りから体験。そして吹かせて頂くという経験まで。なかなか濃厚なひと時でした。

リードは葦(あし)で作りますが、今日はその開き具合の調整器具「責目」(せめ)を作らせていただきました。責目は籐を削って、曲げて、縛って出来上がり。もいたってシンプルなのですが、この具合が音色を左右するとても大切な部材なのです。
a0355629_00004936.jpg
作り方を丁寧に解説。
a0355629_00004841.jpg
手本を見せて
a0355629_00004971.jpg
見本を作って
a0355629_00004944.jpg

コツを伝える。
とても濃厚な篳篥教室です。
a0355629_00004699.jpg
必死にメモを取る弟子。

a0355629_00004719.jpg
試しに吹いてみる弟子。
週末のハルカス公演に向けて特訓です。


a0355629_00145521.jpg
初めて知る雅楽器。いとも軽々と音を奏でる深親先生は気持ちよさそうですが、初めて吹く私は音を出すのが精一杯。ちょっと吹くとじんわり汗が出るので、意外と体力勝負の楽器なのかもしれません。
a0355629_00145550.jpg
滑らかな日本楽器独特の起伏ある音色。それが、こんな有機物から出せるのです。すごいです。いい体験をさせていただきました。
ご興味ある方は体験レッスンも受けれるのでぜひ挑戦してみてください☆

さて、週末のご案内です。
器(三畳の和室)をバックステージに15名が雅楽を奏でます。
伝統的な奉納曲から、洋楽ポップスまで2公演。是非お運びください♡


「"雅楽"と"篳篥(ひちりき)でポップス"演奏会」

月 日:2017年 1月 29日(日)

時 間:16:00〜16:30(雅楽)/17:00〜17:30(雅楽+ポップス)

 *器展示は18:00まで

場 所:あべのハルカス 17F ホール

天王寺駅直結

参加費:無料


by morizo-archi | 2017-01-27 00:30 | 器PROJECT | Comments(0)

■器プロジェクト■ 

「器プロジェクト×縁活」あべのハルカス

【蓄音機とワインの夕べ】

a0355629_15385847.jpg

蓄音機で音楽を聞いたことありますか?

1曲3、4分程度の世界。

私は野村さんに出会って初めてその世界を知りました。

その感動を文字では伝えきれないのが残念ですが、少しだけ書きます。

a0355629_15415187.jpg

録音することを「吹き込む」といいますが、その昔文字通りラッパ状のホーンに向かって音を吹き込んでその振動を円盤状の鉱物に刻み付けたのがレコードの元になっているそうです。

その円盤を手動で回転させてサボテンの棘を削った針をのせて振動音をラッパを通して拡大する。吹き込んだ時のことを逆にすると、その当時のままの音を聞くことができるのです。そのローテクな方法でこんなにたくさんの音色が再現できるなんて感動です。

なんとこのSPレコードの寿命は100回程。ハルカスでは4回に分けて色々なジャンルの音楽を楽しんで頂きます。しかも3台の蓄音機を会場に持込み、音色の違いも楽しんで頂けます。そのうちの1台はなんとこの話が決まってから、より「器」に似合う場づくりをと、ポータブル蓄音機を購入して頂いたとか。

a0355629_15415058.jpg
a0355629_15415000.jpg
a0355629_15414946.jpg
a0355629_15415135.jpg

野村さんのすごいところは、好奇心と行動力。そしてサービス精神。ご自宅へ伺った時には惜しげなく沢山のレコードを聞かせて頂きました。とても素敵な空間で、お酒も入り、なんとも言い難い時間を過ごさせていただきました。さらに、ビクターのマスコット犬ニッパー君の話や、エジソンやシャンピニオンの話、日本のレコードの歴史から地方の民謡記録の話まで、実に奥深い知識で私たちを魅了するのです。

資料も沢山ありました。昔の人が親戚一同正装で集まりレコードを聴く記念写真を見て、この贅沢さを改めて感じたのです。


いろいろお話を聞くうちに、野村さんがなぜ惜しげもなく、こんなに貴重な私物を披露して下さるのかがわかってきました。かつての人の涙ぐましい努力や技術を知ってもらいたい。この素晴らしい音や空気感を感じてほしい。きっとそう願ってやまないから。100回しか聞けない貴重な音だからこそ伝えられることもあると思います。限りある資源を大切に思いを引き継ぐ。私たち器プロジェクトの思いにも重なります。


いろいろなお話や素敵な音楽を聴く間、沢山の思いが頭を巡ります。

そんな体験を皆さんにも味わって頂きたい。今週末ハルカスでお待ちしています。



場 所:あべのハルカス近鉄本店タワー館 7階「森の広場」 *天王寺駅直結

月 日:2017 1 28日(土)

時 間:10001700 *器展示は閉店(2000)まで

1回目:10301115

2回目:12301315

3回目:14001445

4回目:16001700  *ワイン1杯付き

募集人数: 20 名 *募集人数に達し次第〆切

*未成年不可

参加費:ワインの回(4回目)のみ有料 500

*ワイン1杯付き

*用意したワインに余裕があれば、当日参加も可能です。お申込み

http://utsuwa-project.com/eventcontact_harukas.html

協力:野村 誠(関西蓄音機倶楽部 代表)

https://www.facebook.com/関西蓄音機倶楽部-517195038296197/

協力:森田 行(ソムリエ、ダル・ポンピエーレ  オーナー)

http://www.piano-piano.co.jp/pompiere/home.html


by morizo-archi | 2017-01-24 15:45 | 器PROJECT | Comments(0)

「招く器」を振り返る

年が明けてあっという間に半月が過ぎました。
この調子だと今年も瞬きのように過ぎていく気がします。
なので、少し間をとり、落ち着いて考えたり振り返ったりを心掛けたいと思います。

まずは、昨年末に催したコラボ展「招く器」を振り返ります。
12/2~25 三週間余りにわたってさいえさんと開催した「招く器」
展示や商品を見に訪れた方、
さまざまな催しにご参加いただいた方、
招く器「夜」にお招きした方を含め、
おそらく延300名近くの方にお運び頂きました。

思いをしっかり見て頂きたいと考えたコラボ展の人気投票には143名の方が応募いただきました。
皆さんコメント欄に、感想や思いを丁寧に書いていただき、楽しくうれしく読みました。
勉強になり、参考になり、興味深い記載も多く、これは大成功♡ ありがとうございました。

集計結果はさいえさんがまとめて下さいました。

7つのシーン人気帳票 集計結果
no.   タイトル 得票数   順位
: 今日の始まり 12   5
: ほっとする時間 25   2
: 外と内の境界で 47   1
: 迎える場所。迎える器。 24   3
: いつもの食卓、きどらない器。 11   6
: お気に入りの器たち 8   7
: 帰りを待つ灯り 18   4

a0355629_22373435.jpg
a0355629_22374641.jpg
a0355629_22375061.jpg
a0355629_22375974.jpg
a0355629_22380317.jpg
厳選なる抽選を執り行い、めでたく当選された3名様にはMorizo-の20周年プレゼントとして、さいえさんの素敵な器をお送りいたしました。
a0355629_22425556.jpg
大阪市のN様、高槻市のY様、大阪市のY様 おめでとうございました☆


それにしても、改めて、、、
ワークショップや演奏会、ボードゲームや朗読会、平日は日替わりカフェまで、、、
いろんな方に登場いただき、お世話になり、盛りに盛り込んだ3週間でした。

Morizo-としては20周年も兼ねていましたが、15周年の半日で200名という無謀なことは避けようと。
とはいえ、3週間は想像以上に長く、仕事との両立は大変。体力の限界に挑戦という勢いでした。
長い会期のおかげで、沢山の方とゆっくり話す機会や、出会い、再会も多く、
ほとぼり冷めると結果的にはやっぱり「やってよかった」となるわけです。

今年は「招く器」で頂いたご縁が早速広がり始める予感。
思いを持ってアクションを起こすと、こうやって少しずつ繋がっていく気がします。

ということで、振り返りとご報告まで。
皆様ありがとうございました。
内田


by morizo-archi | 2017-01-18 22:59 | Morizo- | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

a0355629_10045817.jpg
2017年が始まりました。
今年も前のめりに行きたいと思います。
・設計事務所として21年目を迎え、さらに本業に精進してまいります。
・器PROJECT、3年目。海外発表のチャンスをダメ元で模索したいと思います。
・事務所機器の整備?!、外国語の勉強?!、思いを発信するツールの開発!?
やっぱり今年も事務所として挑戦したいことは山ほどあるのですが、
内田個人としての抱負は、「丁寧に」。

今するべきこと、今必要なことを見極め、
ひとつひとつ丁寧に積み上げていきたいと思います。
これからも、やりたいことはきっと減らない。増える一方。
ほんとにやりたいことは今出来なくても萎えない。

なので、はやる気持ちを押えて、今年は詰め込みすぎず
深めることで広がること。を模索したいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

建築設計室Morizo-
内田利惠子

by morizo-archi | 2017-01-04 10:24 | Morizo- | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る