<   2016年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

■今日の家づくり_04

今回の「今日の家づくり」は、窓です。

汚れが気になっていたけど、雨が続いていて磨く気になれなかった。というのは言い訳です。

a0355629_11122531.jpg

道路沿いの窓をアルミサッシから木製建具に取り替えたのは4年くらい前です。硝子をステンドグラス用の風合いのある透明ガラスにしました。上部は泡入りガラスです。結構気にいっていて、たまにこのガラスいいですね。って言われるのがうれしいです。でも、透明ガラスは汚れが目立ちます。ゆえに、磨くと磨きがいがあって、“やったった感“が沸いてきます。なかなかこまめにできませんが、掃除をすると建物への愛が深まります。

a0355629_11122038.jpg

普通は取り替えるなら気密性や耐久性のよいアルミサッシにするのが一般的かもしれませんが、私はこれにしてよかったと思っています。拘って木製建具にしたことで愛情の掛け方も変わってきたように思います。

こうやって、家の一部分を気に入ったものにするだけでも随分気持ちが変わり、いろんなことに気づくことがあるなぁと。

ちょっと窓を磨いて思いにふける。これも立派な家づくりと思います。

12月には器と雑貨の「さいえ」さんとコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆
さいえ
http://cayest.net/
Morizo-
http://morizo-archi.com/
#今日の家づくり

12月には器と雑貨の”さいえ”さんと、Morizo-とで、「器×家」をテーマにしたコラボ展を予定しています。

それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆

さいえ http://cayest.net/

Morizo-http://morizo-archi.com/

#今日の家づくり12月には器と雑貨の”さいえ”さんと、Morizo-とで、「器と家」をテーマにしたコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆
さいえ
http://cayest.net/
Morizo-
http://morizo-archi.com/
#今日の家づくり12月には器と雑貨の”さいえ”さんと、Morizo-とで、「器と家」をテーマにしたコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆
さいえ
http://cayest.net/
Morizo-
http://morizo-archi.com/
#今日の家づくり12月には器と雑貨の”さいえ”さんと、Morizo-とで、「器と家」をテーマにしたコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆
さいえ
http://cayest.net/
Morizo-
http://morizo-archi.com/
#今日の家づくり


by morizo-archi | 2016-09-25 11:13 | 今日の家づくり | Comments(0)

■今日の家づくり_03

今回の「今日の家づくり」はものの寿命について
a0355629_09031217.jpg
先日、我が家に新しい洗濯機が来ました。買ってないのに届いたのです。
またです。勝手にです。
これまでにも相談なくあれこれやられました。
旦那さんの仕業です。
しかも、これが腹立つくらい大きいのです。

業者さんがものすごい汗をかきながら運んできました。
もう、仕方ありません。
前の洗濯機は14年目でした。調子は悪かったですが何とか使っていました。
寿命をまっとうしてもらうつもりでいたのに、、、、
業者さんに、洗濯機の寿命ってどのくらいなんですかね?と聞くと、
「7、8年ですかね、、、」
え?短か・・・・
で、この洗濯機は?
「同じです。だいたいどのメーカーのも同じですよ」
え?ほんと?こんなに立派な業務用さながらのフォルムなのに・・・・
調べると、状況にもよるけど寿命は年数というより使用回数なのかも。
2、3000回は働いてくれるようにつくられているようです。
たしか前の子はセールで買ったので5、6万円だったかな。その割に14年間日々よく頑張ってくれたな。長い間お疲れ様でした。ありがとう。昔はなかった引取り料5000円程は、しかるべきところで適切にお葬式をしてもらうのに必要な費用。全てがごみになるのか、一部でも再利用されるのか、気になるところです。次の子はもっと大切にして、永く頑張ってもらおう。
運び出された洗濯機のスペース。もちろんほこりまみれです。業者さんがセッティングの準備をする間、14年間の汚れを掃除します。さっぱり。
ついでに洗面室の床も拭き掃除します。
a0355629_09031610.jpg
杉の無垢材です。初期はワックス仕上でした。メンテしていなかったので汚れがひどくなり、思い切ってサンダーで表面を削ったのが5年位前かな?苦労のかいあって、本来の木肌と香りが蘇りました。2代目はオイル仕上。3代目は近所のお米屋さんでもらった米ぬか仕上。それぞれにそれなりの効果と耐久性が違ったように思います。

この床、たまに拭き掃除をしますが、輪じみがすぐつくよになってきたなと感じます。そろそろ4代目の出番かな。次はどうしようかな、、、。メンテ間隔は短くなるけれど、できるだけ無垢の感じがのこる仕上げにしたいな、、、。

こんな風に、メンテや掃除も、もの選びも、それを考えたりすることも、立派な家づくりの一つと思います。

12月には器と雑貨の”さいえ”さんと、Morizo-とで、「器と家」をテーマにしたコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆


by morizo-archi | 2016-09-19 09:27 | 今日の家づくり | Comments(0)

▲9月の「月一山へ」報告

9月も行きました。吉野町林業地

「8月の「月一山へ」報告 その2」の山です。

a0355629_18543156.jpg
a0355629_01114961.jpg
a0355629_07384117.jpg
a0355629_23385132.jpg
感動のあまり報告が10分割の連載となりました。
一気に見て頂ける様に目次でわかり易くまとめてみました。
「例えばこの木」出材編シリーズです。
http://morizo2016.exblog.jp/i8/
良ければご覧ください。

さて、10月はどこへ行きましょうか?!
「月一山へ」来月も行きます~よ~。

これまでの様子はこちら→「月一山へ

ご関心のある方、お気軽にお問合せ下さい。
Morizo-内田まで メール

by morizo-archi | 2016-09-17 08:00 | 時々山へ(+月一山へ2016) | Comments(0)

「例えばこの木」 10

[刻印の意味]
a0355629_01472863.jpg
中神木材の刻印です。
「例えばこの木」出材編 最終回はこの刻印に込める思いを書いてみます。
a0355629_01473380.jpg
丸太の断面をよく見てください。真ん中近くに節の跡が見えますね。木はバームクーヘンのように何重にも輪っかが重ねられていますが、これが年輪。一年で一層づつ、外に外に増えていきます。よく成長する暖かい季節と、成長が進まない寒い季節の差で年輪ができるのです。層の数を数えるとその木の歳がわかってしまいます。そしてこの節のスパッと切った跡の位置で、この木が何歳の時に「枝打ち」という作業がされたのかも分かるのです。中井さんのひいおじいさんが植えて、おじいさんが枝打ちをしたのかなぁと想像します。
枝打ちしたその外側はまるで何もなかったようにまた年輪が始まっていますよね。木は人間と同じように怪我をしても徐々に肉を盛って傷を修復します。そして節の跡を閉じ込めてしまうのです。そうして手間暇かけた木を、例えば節の位置よりも外側で大きく製材するとします。すると節の見えない、上質な和室に使いそうな、美しい柱がとれるというわけなのです。このように若い時期に適切に枝打ちなど手入れをすることで、良材とされる木に育つのです。
前に書いたように、吉野はもともと樽に使う木を育てるために節のない年輪の細かい育林地術が発達しました。そうして育った材は日本の美意識と共に建築材としても脚光を浴び始めます。日本三大銘木にあげられる吉野材は高値で取引された時代もありました。数代に渡って手間を掛けた価値を感じられ、山がちゃんと廻っていた時代です。
戦後の拡大造林では、日本中どこもかしこも杉、桧を植え国民の住宅供給に備えました。そして2、30年前までは需要が供給を上回っていたのです。
なのに、今になって、、、、やっとお嫁に行くいちばんいい年頃になったこの子達は、他の素材や外国材に押されてお嫁に行きにくくなってしまったのです。このままではいかず後家、活躍できないままお婆ちゃんになってしまいます。

本当に木が不要になったのなら仕方ありません。でも実は、国内で使われている木のうち、国産材はたったの3割程度なのです。この前までは2割強だったとも聞いています。需要は減っていても、木が使われなくなったわけではないのです。
実は日本は世界2位の森林大国です。国土の7割が森林です。そのうちの4割が人工林です。使うつもりで育てて使える状態になった木を使わずに、わざわざ海外から買って木を使っているのです。びっくりです。
その理由は1つではないと思いますが、一時はコストにあると言われていました。でもそれもあまり差が無くなり、今ではものによっては国産材の方が安く安全なものが手に入るようになっています。それでも、若干安い外国産材がまだ主流なのです。政治・経済や国際社会のお付き合いも大切ですが、この状況はあんまりです。
他にもいろいろな事情はあるはずですが、この事実をエンドユーザー、消費者はほとんど知らない。知るきっかけがないまま外国の木を使ってる人は少なくないと思うのです。外国の木が悪いと言っているのではないんですよ。でも、間近にあるものの存在を知らないで、わざわざもったいないことをしてるということが気になって気になってしょうがないのです。
・・・・熱くなりすぎました。スイマセン。

大黒柱のはなしに戻ります。
a0355629_01473822.jpg
地面から6mの位置で直径約30cm。年輪はまんまるで芯はほぼ真ん中。とてもいい材です。
a0355629_01474067.jpg
トラックが往復する間、大黒柱の使われるイメージを描いて待ちます。その間も中井さんとレッカーの操縦士さんは黙々と作業を進めています。
a0355629_01573819.jpg
この大黒柱の嫁入り先は決まっていますが、他の子たちもいいところにお嫁に行き大事にされるように原木市に備えます。断面をきれいにして手塩に掛けてきたことを見てもらいます。
a0355629_03290254.jpg
この日は3往復。2台目のトラックの助手席に厚かましくも載せてもらい、市場の土場まで連れて行ってもらいました。大黒柱は、後日製材所さんに引取りに来てもらうまでしばらくここで休憩です。トラックの運転手さんが、「あの木、大黒柱やから」と作業車の人に念を押しました。私も横から、「やさしくお願いします。やさしくお願いします。」

a0355629_01475337.jpg
翌日、中井さんは市場に運ばれた木達に心を込めて「K」の刻印を打ちました。一本一本に4世代の思いが詰まっています。

競市に参加する製材所さん達はどの刻印が誰のものかみんな知っています。木は挽いてみないとわからないとは言え、信用商売の木材取引は刻印がとても大事です。トレサビリティーのシステムができるずーーーーっと前から行われてきた超明確産地認証です。

7代続く山守、中神木材の「K」を付けた材は安心してお嫁にもらってもらえるはずだと、自信を持って送り出します。でも実際には花嫁の父親のような気分かもしれません。手塩にかけた娘がちゃんとした評価を受けるのか否かはタイミングや買い手の事情で左右されることは少なくありません。
きっと祈るような気持ちで市の日を迎えるのではと思います。これは、どの山守さんも同じ気持ちだと思います。1人ではできない山仕事の業界。自分だけが得をすることを望む人はいません。林業全体が大変な事になっているこの時代を何とか生き抜いて、自分が受け取ったバトンを次世代に渡さなければという意識が必ずあります。全員に確認してないですが、きっとあります。そう思えるほど、どの山守さんも信念を持ってこの大変な仕事に従事しているのです。
愛娘たちが自分の手から離れる最後の作業「刻印」はさながら花嫁衣装を着せてあげるようなものなのかもと思ってしまいます。どうか、嫁いだ先でも幸せになってほしいと願います。


さて、たった一日の出材作業にお邪魔しただけで、あまりの感動にこんなにも書いてしまいましたが、実はまだ書き足らないくらいです。しかも、こんなに素敵な木のこと山のこと、エンドユーザーにはまだまだ伝わっていないということを痛感する日々です。もっともっと伝えなくちゃ。と思っています。また機会がありましたらお付き合いください。

最後までお読みいただいた方にはお疲れ様でございました。
今年は「月一山へ」行っています。もしご興味ありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
ありがとうございました。(おわり)
Morizo-内田




by morizo-archi | 2016-09-15 23:02 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

「例えばこの木」 09

[ヘリポートでの作業いろいろ その2]
a0355629_00571599.jpg
いよいよあの子の番です。根元の断面部分に、前の週に山で書いた「大黒柱」の文字が見えます。ワイヤーがさっとフックに掛けられ一旦平地に移動させます。
a0355629_00572224.jpg
中井さんは一本一本を最終確認します。
a0355629_00572698.jpg
曲がりを見て、難点が無いかを探します。
a0355629_00572940.jpg
上を見て、下を見て、表を見て、裏を見て、入念に確認します。この確認作業は全ての材に行っていました。山でも見ていたように思うのですが、平地でもう一度丁寧に確認するのだそうです。全ての子がなるべくいいところにお嫁に行けるように思案するのです。難点というとなんだか間違って伝わりそうですが、110年間屋外で風雨に耐えてきたのです。嵐の日もあったし、鹿に皮をめくられ日もあったかもしれません。クリーンルームで育ったわけではないのです。少し姿勢が偏ってたり、シミやそばかすの一つもあるでしょう。それを踏まえて長いままお見合いに挑むべきか、需要の多い3mや4mにカットして挑むべきか、これはとても重要なポイントです。判断を誤ると110年の思いがお見合い相手に伝わりきらない可能性も出てしまうのです。
a0355629_00573388.jpg
今回の大黒柱は約6m必要です。丸太は10m。カットする位置が決まりました。両方ともが幸せになれるよう願いながらチェーンソーを入れます。丁寧に、慎重に、手際よく、作業は進みます。こうして4世代で育てた木は嫁入りの日を迎えるのです。
a0355629_00574130.jpg
大黒柱の断面に「K」の刻印が打たれました。次回の最終回でこの刻印に込める思いをお伝えしたいと思います。(つづく)

Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm


by morizo-archi | 2016-09-15 08:01 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

「例えばこの木」 08

[ヘリポートでの作業いろいろ その1]
a0355629_07312742.jpg
ヘリポートにまでお邪魔してしまいました。ここから先は別の日に作業する予定だったのが、同日の作業に変更になったとのことで、つい付いて来てしまいました。
a0355629_00073139.jpg
ヘリポートではこの日出材した丸太達が待っていました。大型運搬車がすでに待機しています。そこにレッカー車登場。これがまたカッコいいのです。
a0355629_00073920.jpg
レッカーの操縦をするこの方、これまでに運んだいろいろなものをスマホで見せてくれます。神社に生えてた大きな木の特殊伐採や、お寺の門横の大きな仁王さんなどいづれも巨大で慎重な作業を要するものばかり。きっとこの仕事を誇りに思ってやってるんだなと感じます。
a0355629_00074337.jpg
中井さんが戻ってきて、作業開始です。手に持ってるのはトビという木を手で動かす道具です。
a0355629_00074999.jpg
大きなトラックに大きな丸太がどんどんと積み込まれます。ただ積み込むだけではなく傷をつけないように、安定するしょうに、手際よく積み込みます。
a0355629_00075308.jpg
トラックの運転手さんはトビで吊り上げられた丸太をちょいと捕まえてテトリスのように丸太の隙間に下していきます。何気ない作業のようですが、すごく気をつかっているのがわかります。トビの先は鳥のくちばしのような金物になっていてこれを丸太に引掛けて操るのですが、丸太のごく端っこを適確に捕えるのです。ちゃんと刺さっていないとすっぽ抜けてあぶないですし、無駄にさし過ぎると材が傷物になる。そこのギリギリのところを狙うのです。荷台に納まった瞬間に、丸太からワイヤーをすっと外し、レッカーのフックに掛けなおす。その瞬間にレッカーのアームは中井さんの元へと戻り、次の玉掛のワイヤーがフックに取り付けられる。全てが連動するように無駄のない動きです。3人ともがお互いの次の動きを意識しながら絶妙なタイミングで動いています。この荷積み作業、正直、地味で単調な作業に見えるのですが、ずっと見ていて飽きません。地味に見える作業程とてもかっこいいと思えてしまうのです。
a0355629_00080178.jpg
お昼も持たずにくっついてきた私に、中井さんがおにぎりを届けてくれました。朝からふたつの山を駆け回ってクタクタのはずなのにこんな気遣いまで。おにぎりがおいしすぎて心底恐縮してしまいました。(つづく)

Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm


by morizo-archi | 2016-09-14 08:00 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

「例えばこの木」 07

[帰り道]
a0355629_07413464.jpg
ヘリ出材に使ったワイヤーです。ヘリポートにまでお邪魔して置いてある束を見ました。Lワイヤーの数だけ取材したということですが、たくさん出したなー。これ、ヘリが無かったらどうやって出してたんだろう。って思います。
a0355629_07384117.jpg
この日最後のヘリ出材の木です。3mを3本一気にあげました。
ヘリ出材は事前の準備がいろいろいると書きましたが、ワイヤーの準備もその一つです。事前に出材する木一本一本にくくっておきますが、さすが丈夫なワイヤーだけあって結構重いのです。それを準備段階で持って登ってくくっておくのです。
以前下見に連れて行ってもらった時に、一つ持たせてもらいました。肩が痛く、なかなか歩きにくかったのですが、中井さんはそれを3本も持っていました。なのに手ぶらでもしんどい山道を鼻歌でも歌いそうな身軽さで進んでいたのを、私が必死についていく。山いきさんってほんとすごいなーって思います。

a0355629_07382563.jpg
地下足袋は必需品です。スパイク付です。私もかっこよさと憧れだけで買ってしまいました。
a0355629_07383528.jpg
背中のリュックには何が入っているんでしょうか?身軽に見えますが、ライトやトランシーバー飲み物。作業の長さによってはきっとチェーンソーや燃料、お弁当も持って上がりますよね。
帰り道、少し話を聞かせてもらいました。この仕事で一番難しいのは何ですか?
「なれかなぁ」
???
「仕事がある程度できるようになってきたら、慣れで気が緩むことがある」
「慣れてきたころが危ない」
山いきさんの仕事は常に危険と隣り合わせです。それも大きなけがに繋がることはおおいに考えられる仕事です。山の上で怪我をしたら降りていくだけでも大変なことです。慣れた自分をコントロールするのが難しいということなのでしょうか。意外な答えにハッとし、そしてなるほど。納得しました。(つづく)

Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm


by morizo-archi | 2016-09-13 08:05 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

「例えばこの木」 06


[実家を離れる瞬間]
a0355629_02311781.jpg
宙に浮きました。
a0355629_02312143.jpg
すーぅーーっと吸い上げられて行くようです。
a0355629_02312821.jpg
あっという間に空高く離れていきます。あの木です。大黒柱になる子です。育った山を離れてお嫁に行くのです。
この子はすでに嫁入り先が決まっていますが、普通はこの後お見合いをします。吉野では競市がお見合い会場となります。中井さん達山守はきっと娘を嫁に出すような気分だと想像してしまいます。ひいおじいさんが植えて、おじいさんが幼少期を育て、お父さん、中井さんがこの日まで手塩にかけた。一本一本がいいところに行って、喜ばれ、永く愛されて欲しい。そう願うのは、これまでの時間と育ててきた人の思いを考えると決して大げさな事ではないです。
この日は40往復ヘリを飛ばして、たぶん5、60本は出材したと思いますが、そのどれもに同じことが言えるのです。
a0355629_02490424.jpg
真ん中に横たわっている長い木、途中で切っていますが、根元側の3mの子はお嫁に行けて、それより上の部分はこの場に残るのです。事情があり、お嫁に出してあげれないのです。その事情こそが現在の山の問題。いえ、日本の大問題なのです。
「昔はほうきで掃いたように全部持っていったんやって」西田さんが言います。もっと細い丸太や、枝もです。なぜ今は置いて行ってしまうのでしょうか?
答えは、木材単価が下がってしまったからです。ヘリ出材は人手が少なくて済むというメリットがありますがそれでも機長、西田さん、中井さん、そしてヘリポートで丸太を受け取る職人さん。最低4人です。
その後にもヘリポートから市場の土場まで持っていくのに丸太を整える人、積む人、運ぶ人が必要です。もちろん出材前に、伐る木を選定、伐採、サシ入れ、ワイヤー掛けと、出材だけでいったい何人工必要なのかと思うのです。
人員が少ない分、機材は必要です。ヘリコプター、レッカー、大型トラック、移動車やチェーンソーまで上げるときりがないですが、1つでも欠けるとこの子たちはお見合い会場まで行けないのです。
木は鉄やコンクリートに比べると何とか人の手でも扱える、有り難い素材ですが、それでも丸太は大きく重い。これを「運ぶ」という作業はなかなか重要なポイントなのです。しかも、何十年、何百年、沢山の手間と思いを込めて育てられた木を、お嫁に行く最後の最後で傷物にするわけにはいきません。大切に、丁寧に、見送りたい。かといってここにお金がかかりすぎるとお見合いのハードルが上ってしまい、貰い手がいなくなる恐れがあるのです。このギリギリの線をすれすれでやっている。それが現在の林業の現実です。ゆえに、泣く泣く山に置いて行く子を生んでいるのです。とっても残念でなりません。選ばれしミスユニバースですら全身を連れて出せないのです。
私、今度来てこの子連れて帰ってもいい?
「ええよ。」中井さんにも今はどうすることもできません。
もちろん私が担いで連れて帰ることもできないのです。(つづく)
Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm



by morizo-archi | 2016-09-12 07:00 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(3)

■今日の家づくり_02

今回の「今日の家づくり」はキッチンの衣替えについて
a0355629_01004679.jpg
我が家の食器棚。おそうめんや冷奴が恋しくなるのは6月頃かな?鍋の小鉢や土っぽい食器が引っ込んで、蕎麦チョコや豆腐ざる、硝子の器が登場します。
a0355629_01080750.jpg
冷たいトマトやマリネサラダは器ごと冷凍庫で冷やしてから食卓に。涼しげにして夏感を楽しめるのは器の活躍があってこそ。

まだ暑い日が続いていますが、秋の味覚が恋しい9月。そろそろ器の衣替えをしようかな、いやもう一回おそうめん食べよかな
a0355629_01135077.jpg
夏の名残り惜しさと、秋の食欲とが、限られた食器棚スペースでせめぎ合います。
他にも建具を取り替えたり、マットを取り替えたり、小さな衣替えでも家の空気が変わりますよね。これも立派な家づくりだと思います。

12月には器と雑貨の「さいえ」さんとコラボ展を予定しています。
それまでの間、2人が思う「今日の家づくり」をぼちぼち配信していきます☆


by morizo-archi | 2016-09-11 01:29 | 今日の家づくり | Comments(0)

「例えばこの木」 05

[淡々と。それがかっこいい。]
a0355629_01114961.jpg
「きゅいんきゅいんきゅいんきゅいん、ル」
まっすぐに近づいてきて真上で旋回することなく止まるのです。
a0355629_01154705.jpg
ライトを点灯して場所を知らせます。が、上空3、40メートルです。ホントにこれが目印になるのでしょうか?
a0355629_01172924.jpg
間髪おかずにロープが下りてきます。
a0355629_01232382.jpg
迷いなく真っ直ぐに降りてくるのです。それもなかなかのスピードで。リモコンで動かしているわけでも、コンピューターで制御しているわけでもないのですが、信じなれない正確さです。この日は35mのロープ。ヘリの位置だけが下すポイントを左右するのです。どんな訓練をしたらこんな神業ができるようになるのでしょうか?
アカギさんのこの技術。「自分の会社のこと褒めるのなんかあれやけど、これはホンマにすごいとおもうゎ」と、ものすごく照れながら西田さんが言いました。ロープの先に筆を持たせたら字が書けるのではと思えるほどだそうです。
a0355629_01485401.jpg
a0355629_01485490.jpg
a0355629_01485493.jpg

見ました?
・・・・も一度見てみましょう。
a0355629_01512309.jpg
合図しました。
a0355629_01512323.jpg
ロープ降りてきました。
a0355629_01512353.jpg
ワイヤー装着して離れます。

・・・・ね。見ましたよね。西田さんほぼ動いてないでしょ。合図から離れるまで、同じ場所に立ったままです。何度来ても毎回すごい精度なのです。

普通のことのように淡々と流れるように作業を進める西田さんと機長。地上と上空はトランシーバーでわずかに言葉を交わすだけなのです。その距離を埋めるのは信頼できるお互いの技術。ほんとにすごいなーと感動してしまうのです。かっこよすぎて惚れてしまうじゃありませんか。(つづく)
Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm

by morizo-archi | 2016-09-09 07:00 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る