<   2016年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

器プロジェクト@ハイアットリージェンシー京都 報告

a0355629_09201014.jpg
5日間、終わりました。
朝、昼、夕と姿を変え日々アレンジを加えて発信させていただけたことに感謝です。
ハイアット京都のお客様は現在8割が欧米の外国の方。日本文化にも大変興味のある方が多く、プログラムも相まってとても喜んで頂けたようです。
a0355629_09234144.jpg
朝は8:30~11:00まで。日によっては12:00頃まで「器」にお入りいただき和室に包まれる体感をお楽しみに頂きました。
a0355629_09305885.jpg
1日目の亭主は「風人園 」の大西秀明さん。和服も板につき、もう師匠の風格です。
a0355629_10071741.jpg
アメリカから旅行に来られた日本好きの若い方も一服。
a0355629_09325455.jpg
4日目亭主は「美章園福田屋」の福田恵さん。内田の姉弟子です。
お客様は初めて見るお点前に興味心身。超至近距離のお正客様です。
a0355629_09325110.jpg
ロサンゼルスカウンティ美術館の日本美術館長さんは「器」の中で器を愛でます。
a0355629_09304009.jpg
既にお作法をご存知のカナダのティーショップ「TEALEAVES」さんは丁寧な御挨拶。

5日間で60~70名の方にお茶席として日本の素材と技術を活かした「器体験」をして頂きました。落ち着く。シンプルで気持ちいい。大好き。とさまざまなご感想を頂き、自国の家にも作りたいというお言葉まで頂きました。


a0355629_10123996.jpg
お昼は折り紙ワークショップと着物体験ブースとして「器」の設えをアレンジ。
a0355629_10125562.jpg
精巧できれいな折り紙に魅かれ、熱中する方や
a0355629_10125996.jpg
初めての着物に大興奮で、女子高生のようにはしゃぐ方
a0355629_10124235.jpg
ご主人に写真を取ってもらってアイドルのようにポーズを決める方
a0355629_10124606.jpg
想定以上の人気に、思わず舞妓さんように作った黒畳三畳を増設して対応して頂きました。お洋服の上から素早く本格的な着付けをする「ワックジャパン」さんにかかかれば順番を待つお客様の顔も次々と笑顔に。何とも見事な早業なのです。海外からのお客様はもちろん、日本の方も大喜びでした。



a0355629_10412885.jpg
夕方のプログラムに合わせた金屏風が一気に空間に華やかさを与えます。
そして舞妓さん登場。黒と金が想像以上にしっくりきてとても素敵でした。
a0355629_10423459.jpg
ご宿泊のお客様を中心に、どなたにでもご覧いただける舞妓さんのステージ
a0355629_10420765.jpg

初めて見る実物の舞妓さんに三脚をたてて撮影に挑む方や、
a0355629_10471593.jpg
人混みをかき分け、記念写真を撮る方
a0355629_10533753.jpg
器の素材や空間に関心を持っていただく方
a0355629_10543969.jpg
1日3回のプログラムを5日間、盛況のうちに無事終えることができました。
a0355629_10554026.jpg
夜には安全の為、決壊を設置しつつも和の空間を見て頂けるよう勤めました。
a0355629_10572784.jpg
照度を落としたホテルのロビーで遅い到着やお出かけだった方をそっと迎えます。
a0355629_11023032.jpg
大阪のメンバーが、京都の素敵なホテルに小さな花を添えた5日間。沢山の方にご覧いただき、ご意見を頂きました。大変有意義でとてもいい経験となりました。この機会を下さったハイアットリージェンシー京都様に改めて感謝いたします。この他にも各場面でお手伝い、ご協力頂いた皆様にもお礼申し上げます。
高下 康広建築設計士rice&coogeehttp://www.geocities.jp/riceandcoogee/
伊藤 瞬建築設計士伊藤瞬建築設計事務所http://shun-ito.com/
山下 豊ステンドグラス職人トム's工房http://www.tomusoya.co.jp/
田尻 晶英工務店・社長田尻工務店http://www.ta-ji-ri.com/

ここから始まるご縁が本当に世界を巡り、戻ってきたとき日本の方にも再評価頂けることが最高の喜びです。私達の小さな活動が職人さんや素材産地の継承に寄与することを願って、しばし全力で挑みたいと思います!

次は大阪の「四天王寺」さん。7/8(金)9(土)です。越前から手漉き和紙の伝統工芸士さんをお招きする企画。

日本仏法最初の官寺、歴史ある場所での挑戦です。是非いらしてください。

詳しくは器projectのHPで。
a0355629_11361257.jpg


by morizo-archi | 2016-05-24 09:53 | 器PROJECT | Comments(0)

▲5月の「月一山へ」番外編 一泊寄り道「翌朝林業地、その他」

5月の「月一山へ」は「だいたい満月」の企画と抱き合わせでしたが、みんなが帰った後、参加者さん1名と内田は残り、翌朝6:00出発の林業地散歩にも行きました。
a0355629_23581125.jpg
朝から快晴。流石中井さん、晴れ男っぷりを発揮して頂きました。
a0355629_08004903.jpg
吉野林業は500年の歴史があり、銘木を育ててきましたが、現代では他の産地と同様に手入れが行き届かない山も増えています。手を入れている所とそうでないところは素人目にも一目瞭然。そんな違いも見ることができました。
a0355629_00260077.jpg
5年ほど前に林業体験でお手伝いした「木起し」(幼い木が倒れないように一本一本ロープで引っ張って起してあげる作業)をした桧たち。こんなに大きくなって、、、わが子のようでうれしいです。
a0355629_00255772.jpg
中井さんのコーヒーで一服しながら山のいろんな話伺いました。
a0355629_00340494.jpg
細峠から、吉野山を見る。何度きてもいい景色。とても歴史を感じます。
やっぱり私たちも自然に活かされてるんだな~って思います。
a0355629_00260688.jpg
育林のお手本になるように手を掛けている、澤のある林業地へも連れて行って頂きました。龍門の滝とはまた違うせせらぎの音。今度はこっちに来て見ようかな、、、。
a0355629_08012458.jpg
昼からは中井さんと別れて、大和上市の駅近くの山肌に建つ「大師山寺」に行きました。西国八十八ヵ所の祠が山中に祀ってあって、巡ってみました。
笹の新芽に木漏れ日が。
ホウの葉っぱにも木漏れ日が。
生まれたてでふかふかのコケにも。
a0355629_08152300.jpg
踏んでしまいそうな小さな花にも。
必死に伸びようとするツルの先っぽも。
a0355629_08151987.jpg
咲き終わって落ちた花にまで。
木漏れ日がピンスポットみたいに当たってって、きっと毎日の生活ペースの中では目に留めないほどの小さな命にはっとします。「それが花の力ね。」って一緒に歩いたKさんが言い、またはっと。
誰のためでもなく山の中でひっそり咲いて終わっていくその営みも愛おしく思える日になりました。
a0355629_08214789.jpg
でもでも、よーくみると、花の上にありんこが。
もしかしたら誰のためにもなってないってことは何一つないのかも。
a0355629_08250442.jpg
帰りに、袈裟から草刈り用ツナギ姿に早変わりの住職が吉野の歴史の話や、大峰山の見どころを直伝下さいました。おかげで、稲村ヶ岳、すごくいってみたくなってしまいました。
時間あったら送ったんで。と何とも気さくな住職。なんか、吉野っていいな~~~って又思ってしまう一日になりました。予定を決めず、詰め込まず、ゆっくり過ごす山の日。月に一度の贅沢です。
a0355629_23581289.jpg
今回は一泊での寄り道。
自然から、営み、歴史まで感じる拡大版の寄り道でした。


日帰りもいいけど、一泊もいい☆
どこに行くかはその日の気分。
「月一山へ」は来月も行きます~よ~。


これまでの様子はこちら→「月一山へ

ご関心のある方、お気軽にお問合せ下さい。
Morizo-内田まで メール

by morizo-archi | 2016-05-13 00:37 | 時々山へ(+月一山へ2016) | Comments(0)

▲5月の「月一山へ」報告

行きましたよ。5月も。龍門の滝セラピーロード。
今回は、13人で。
a0355629_23530633.jpg
セラピーロードに行く前に、Morizo-がいつもお世話になっている吉野中央木材さんに立ち寄り、プチ見学。森口さんが高速バージョンで工場を案内してくださいました。
a0355629_23560923.jpg
森に着くと、
a0355629_23530615.jpg
思い思いに森林浴
a0355629_23593542.jpg
思い思いにお茶会
a0355629_23581063.jpg
思い思いにまったり。
a0355629_23561048.jpg
三奇楼さんで管理人の渡曾さんがゲストハウスの解説をして頂きました。
a0355629_23560988.jpg
7代目山守 中神木材の中井さんに山のお話を伺いました。
a0355629_23561006.jpg
いつものように持ってきた本の紹介と、自己紹介。
今回のテーマは「吉野で読みたい本」でした。山の思いで、山の印象、山への思い、いろいろな切り口で感想や、ご意見も伺えました☆
a0355629_23581197.jpg
バリエーション豊かな山で読みたい本が集まりました。
皆さん、ちょっと足を延ばして山で過ごす一日。いかがだったでしょうか?
もう、吉野がすっかり近く感じた人もいるはず。また是非お運び頂きたいと思います。

1人もいいけど、みんなで行ってもいい☆
「月一山へ」は来月も行きます~よ~。

これまでの様子はこちら→「月一山へ

ご関心のある方、お気軽にお問合せ下さい。
Morizo-内田まで メール












by morizo-archi | 2016-05-13 00:10 | 時々山へ(+月一山へ2016) | Comments(0)

器プロジェクト 解説英語版

器プロジェクト発信スール英語版ができました。

a0355629_02044944.jpg

外国の方にも伝えてみよう!とメンバーのご縁をたどって作っていただきました。

私達の試みや、思い、各部材のプチ解説までを翻訳して頂きました。

a0355629_02045160.jpg

紙媒体でご希望の方はご一報ください。r426@jasmine.ocn.ne.jp まで。



by morizo-archi | 2016-05-11 02:08 | 器PROJECT | Comments(0)

器プロジェクト@ハイアットリージェンシー京都

いよいよ始まります。
昨年プレスタートした「器プロジェクト」
京都でホテルデビューします。
a0355629_00314075.jpg
a0355629_00314178.jpg
a0355629_00314146.jpg
a0355629_00314189.jpg
今や、海外の人が8割というハイアットリージェンシー京都。
3畳の和室で日本建築の素材や技術を発信。
何が伝わるか?何処まで伝わるか?ドキドキです。

プログラムに合わせて器の公開模様替えに挑みます。
時間帯によっていろんなシーンを作りたい。
設えやアレンジについてはただ今検討中。

5/16(月)~20(金)の毎日、朝・昼・夕
プログラムは
朝:お茶体験
昼:着物と折り紙体験
夕:舞妓さんの日本舞踊を観賞
となりそうです。

もしかしたら朝の茶道メニューを内田がやることになるかも?!
詳しくは随時UPします。







by morizo-archi | 2016-05-11 00:39 | 器PROJECT | Comments(0)

もくちくカフェweb版 01 改めて「木」

今日は
a0355629_21523391.png
これ。なんだかわかりますか?ダンボールっぽいですね。




a0355629_21562676.jpg
はい。木です。
スギの断面です。



a0355629_21581651.png
これも木の断面を顕微鏡で見たところ。
さっきとちょっと違うでしょ。
今度はクスノキです。

木のことどのくらい知ってますか?
木は大きく分けて針葉樹と広葉樹に分類されます。
桧や杉の様に針のような葉を持つ針葉樹。
欅や楠のように葉っぱらしい広い葉を持つ広葉樹。
じつは、葉だけでなくて木の部分も大きく違うんです。
生まれた時代もかなり違い、広葉樹は植物界では比較的最近の子。進化バージョンなんです。

木も人間と一緒で、体を支える骨や、食べ物を取込む食道や、栄養を届ける血管のような複数の組織で成り立っているのですが、その構成の違いで素材感の差が生まれています。
例えば柱や梁に使う桧や杉のような針葉樹は初めの写真のように90%がストローを束にしたような細胞で出来ています。
一本一本のストローで体を支えつつ水分を送る。ストローは細長ーいセルロースの袋でとても薄く空洞の比率が大きいので軽く柔らかい木になっている。
対して、広葉樹は家具や玄関框など堅さや丈夫さが必要なところに使われる。あとの写真の様に水を通す穴と体を支える身の部分の担当が分かれていて空洞の割合が少ない為、重く堅くなり、傷などがつきにくいんです。中には黒檀のように比重が重くて水に沈む樹種もあるんですよ。

木ってすごいんですよ!
また、木はバームクーヘンのように外へ外へ輪っかが増えて成長いきますが、春から夏にかけては細胞分裂が盛んでストロー部分をどんどん増やし、冬は少しペースが落ちる。その差が茶色と焦げ茶色の二色の層を作っているのです。年輪一層が一年で、針葉樹はわかりやすく、数えれば樹齢がわかります。年齢詐称はできません。
それから、それから、木ってすごいのは切った後も強度が増す樹種があるんです。例えば桧。
a0355629_21142651.png
出典:『法隆寺を支えた木』西岡常一、小原二郎著

法隆寺は1400年前にできましたが、構造材に使っている桧は伐採後200年位までは強度が上って行くんです。その後、ゆるやか~に低下していきますが、今ちょうど建てたときと同じくらいの強度に戻っているのです。これって、すごくないですか?!その研究データや解説が書かれている本を何冊か読みましたが、木ってすごい素材なんです。それを、科学的に証明する随分まえから、その特性を見抜き、上手に活かしてきた日本の木の文化にとっても魅かれて、今でも関心が止まりません。


木のいいとことそうでないとことどう付き合う?
でも、大好きな木にはもちろん難点もあります。燃える、腐る、動く。ゆうことをなかなか聞いてくれない子もいます。

思えば、今でこそ杉をフローリングとして床に使うのは一般的になりましたが、2、30年ほど前まではこんなに柔らかく傷のつきやすい樹種を床に使うことは少なかったように思います。今ではそのマイナス面を理解しつつ、やわらかくて暖かい(冷たくない)心地よさを好んで、床材に選ぶことも多くなりました。Morizo-事務所の床もスギです。傷や汚れもいい味になってきて、愛おしいくらいです。コンクリートの上に直接張っているのですが夏は涼しく、冬は冷たさを軽減してくれます。欲を言えば厚みを15mmではなく30mmくらいのものにすればもっとよかったなと。

また、有機物である木は個体差がある材料。人間と一緒で一つとして全く同じものはありません。毎年冬に痩せる子や、少ーし素直じゃない子もいるのです。当然のことと言えば当然のこと。その違いをおおらかに受け入れることで個々の良さを活かせるのです。均一になるよう制御することはある程度可能かもしれませんが、必要以上なコントロールは、どこかに無理が来るものです。きっと人や、地域や、国も一緒ですね。そこにあるものをなるべく素直に使わせてもらう。そんな文化や暮らしや、建築の考え方が好きです。

ま~だまだ木の話はできるのですが、マニアックになりすぎると退かれるので、今回はこの辺で。。。。


興味のツボは人それぞれ。あなたの興味は?
10年前に木を知りたいと山に通い始めたころに読みあさっていた木の本たちを久しぶりにめくり、ちょっと笑ってしまった。線で真っ赤っ赤なんです。書き込みもしてたり。
初めて知る木の成り立ちに、そのハイテクな構造に、神秘さに、本嫌いの私が興奮し、感激しながら読んでいたんだと思います。木を知れば知るほど好きになり、それを活かしてきた先人たちにも感動していました。今回は初心に帰って木をテーマに書いてみました。
今後も情報のコピペにとどまらないよう、Morizo-らしくお伝えできればと思います。


ご感想や、ご質問、リクエストなどありましたらお気軽にご連絡ください。
木や住まいや建築に対するお問い合わせも随時お受けいたします☆
事務所にお越しになる場合は、事前にご連絡ください。
e-mail: r426@jasmine.ocn.ne.jp


さて、今回のカフェタイム。
a0355629_23422566.jpg
「パン皿」レッドオーク ライン入り 4,000円
作者:甲斐幸太郎:木工作家 大阪にて制作

Morizo-チョイスポイント:表面に削り後の凹凸があってほっこりした感じ。小さなほくろのような葉節(小さな小さな枝の跡)がチャーミングに思えて、この子にしました。ドーナツとコーヒーをセットして、2人分のカップを載せるトレーのような茶たくとして、今回はおせんべいと玄米茶を載せて。いろいろな使い方ができるな☆と選びました。明日はパンとチーズを載せてワインでも。
商品情報:さいえ





建築設計室Morizo- 内田利惠子
542-0061大阪市中央区安堂寺町1-6-16
TEL/FAX:06-6761-5146
e-mail: r426@jasmine.ocn.ne.jp
URL: http://morizo-archi.com/




by morizo-archi | 2016-05-02 00:00 | もくちくカフェweb版 | Comments(0)

▲4月の「月一山へ」報告

a0355629_08293312.jpg
月一山へ。これまでで一番の快晴。今月もやっぱり龍門の滝セラピーロードに行きましたが、寄り道いっぱい。
まずは、レンタサイクルで川の南側、柿の葉寿司の老舗平宗へ。やっぱり焼き鯖にしてしまいました。
a0355629_23573005.jpg
そして、山口神社。
a0355629_23575654.jpg
セラピーロードのすぐ手前、いつも通っていたのに、立ち寄ってお参りするのは初めて。この日はとびきりの願い事もあり、丁寧に参拝。実は数日後にお願い事が叶いました♡
ありがと☆山口様。
a0355629_00011904.jpg
初夏の陽気。
a0355629_00021814.jpg
一緒に行ったRさんも気持ちいい森の空気を満喫!?
a0355629_00044723.jpg
今月も三奇楼さんへ立ち寄った後、帰りにお邪魔したのは、大ファンの「美吉野醸造」さん。杜氏の橋本さんは酒造りが好きすぎて、ものすごい種類のお酒を作ってしまいます。この日のお土産は、販売が始まったばかりの今年の「百年杉」生酒と、「蔵王桜」限定無濾過生酒大吟醸にしました。お酒が好きすぎる橋本さん、次から次へと試飲を進めてくれるので、いつも迷っちゃいますが、とても熱心さが伝わりますますファインになるのです。普通の酒屋さんではなかなか売っていないので、いつもは直接電話して購入するのですが、酒蔵で説明を聞きながら選ぶといっそ嬉しい気分に。
a0355629_00045857.jpg
今後の月一山へもタイミングが合えば立ち寄ろうかな。
川沿いの樽テーブルコーナーにおつまみを持ち込んで、勝手に美吉野BARをする許可ももらいました☆
数あるメーカーさんの柿の葉寿司食べ比べ会とも合体させたいな!
なんて思ってます。それ行きたい!って人、ご一報ください☆
a0355629_09015337.jpg



by morizo-archi | 2016-05-01 00:00 | 時々山へ(+月一山へ2016) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る