人気ブログランキング |

カテゴリ:開口部 部活( 13 )

開口部 部活13

a0355629_07543009.jpg

入口の閉鎖的な扉と外観のギャップが気になりすぎて中をどうしても見たくなった教会。
a0355629_07543074.jpg


a0355629_07542976.jpg


a0355629_07543011.jpg
コンクリートと硝子の旧モダンって感じなデザイン。
a0355629_07542972.jpg
なんだかそそられる。
a0355629_07543067.jpg
PCっぽい現場打ちと、現場打ちならではの現場打ち、ギャップが激しいコンクリートの素地に釘付けになる。
a0355629_07543008.jpg
それにしてもものすごい、ジャンカ。
これはデザインです。とでも言っているかのような激しさ。
a0355629_07542928.jpg
引手は渋いのにトッピングがかわいい。
a0355629_08003675.jpg
でもよーく見ると七宝焼き?のような渋さもある。
なんとも魅惑的なバランスの教会。
a0355629_07542909.jpg
中までは入れなかったけど少し覗くと、案の定素敵な光の空間。




by morizo-archi | 2019-08-04 08:06 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活12

コペンハーゲンで泊まった部屋の窓の鍵。
初めて見るタイプ。
クレセントって言うのかな?
a0355629_01054554.jpg
枠の方についてる金物に
a0355629_01054574.jpg
窓の方の金物の輪になっているところを引っ掛けて
a0355629_01054555.jpg
くるりと半回転。
a0355629_01054586.jpg
上部は手が届きにくいからか持つ部分が吊皮型。
a0355629_01054660.jpg
あおり止めも優雅な流線形。この掛け方で合ってるのかな?
いずれも小ぶりでかわいらしい。
a0355629_01054502.jpg
シェアハウスタイプのお宿。広くて快適。たぶんだいぶ古いけど、丁寧に使ってる感じ。
a0355629_01054536.jpg
煉瓦造りのオーソドックスな建物。
ペンキ仕上の窓は全て木製。
a0355629_01054563.jpg
向かいのアパートメントは1939 - 1940頃の都市開発時に建てられた集合住宅建築。
当時は斬新だったかもしれないコンクリートのバルコニーが湾曲した外壁に連続突出。
かなりの住戸数で大きな建築だけど、特に違和感なく街に調和している。
やっぱりコペンハーゲン。

by morizo-archi | 2019-07-31 01:00 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活11

デンマーク王立図書館の旧館の奥の奥の女子トイレののドア。
a0355629_23482236.jpg
1999年建築の「ブラックダイアモンド」真新しくてイカツイ新館に対して、旧館は1906年建築。とウィキペディアにある。
コペンハーゲン大学の大学図書館。北欧諸国の中では最大の図書館である。とウィキペディアにある。
新館は勿論かっこいいけど、旧館の重厚感とクオリティーと丁寧な維持メンテに感心してしまう。
a0355629_23482343.jpg

a0355629_23584648.jpg
どこまでがオリジナルかわからないけどなかなか古そう。
a0355629_23585038.jpg

で、ドアの内側に後から足した感じのちょっと異質な金物が。
ステー?丁番?なんだろう?
戸当たりは別途あるし、、、、
もしかしたら上部はモールが邪魔でここに付けるしかなかったクローザー?
a0355629_23482230.jpg

タイルを割って設置したけど稼働しないといけないから隙間を埋めるわけにもいかずこんな納まりに。
表からは伺えない、ドア機能の事情。ちょっと涙ぐましい。建具には人知れず使用上課せられるミッションが多い。


a0355629_23482227.jpg


a0355629_23482250.jpg

対して男子トイレ全く違う感じで面白い。
手摺のデザインもステップの石の形も凝り凝り。
そしてなぜか上下2つ。
中はいったいどんな感じだろう。

a0355629_23482315.jpg


a0355629_23482341.jpg


a0355629_23482259.jpg


a0355629_23482274.jpg

旧館の奥の奥トイレ。ここに至るまでにも素敵なドアがいくつもいくつも。
淡い色の渋いステンドグラスや100年経っても狂いの少なそうな重厚な木製ドア。
品のいい凝ったデザインがきっとこの空気感を創っている。
こんなところで勉強してたらきっと頭が良くなっていたはず。



by morizo-archi | 2019-07-29 00:09 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活10

ベルリンのチェックポイント チャーリー近く。
a0355629_02461948.jpg
これは開口部ではないかな?前にコペンハーゲンで見たカーテンウォールの内側のルーバーがここは赤。
湾曲したガラスの外壁にもう秋空のような鱗雲が映って面白い。

by morizo-archi | 2019-07-18 02:44 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活09

今回の開口部はかなりいけてない。のが、たまらない。
a0355629_02174862.jpg
ベルリンの最近のプロジェクトでかっこいい建築が増えてるエリアにこの顔。パステルグリーンのアイシャドウで口をとがらせてとぼけてるように見えて仕方がない。隣の塔のような建物も内部プランが気になってしかたがない。敷地にゆとりありまくってるのになぜこの間口?そしてとってもセセコマシイバルコニー。
なぜか気になるやん。


by morizo-archi | 2019-07-12 02:14 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活08

ケルンの街でみた開口部。
a0355629_16301430.jpg
城壁のゲート?
a0355629_16301431.jpg
一般的にはでっかい扉で開閉を知ると思うけど、これはギロチンの様に上から格子が下りてくるタイプ。
なかなか恐ろしい開口部。
a0355629_16301334.jpg
ケルンの昔の地図を研究した本を見せてもらった。
a0355629_16040378.jpg
街を守るために時代を経て二重に形成された都市計画。
a0355629_16040320.jpg
それを残して森が形成されているみたいで興味深い。


by morizo-archi | 2019-07-03 16:05 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活07

開口部というかゲートと言うか。モダンな入り口は広場の境界をやんわり作ってる。
a0355629_00015304.jpg
手前は大通りから少しセットバックしてベンチや駐輪場のゆったりとしたスペース。向こう側は地面から吹き出すタイプの噴水広場。
しつれいしました。
その向こうには新しいショッピングセンター?
でも土曜日なのに閑散。まだオープン前かな?と思いきや回り込んだらベンツ様だった。
あんなにでっかくメデュセデスベンツって書いてるのに気がつかなかった。
あのマークのイメージが強すぎて、、、
失礼しました。

by morizo-archi | 2019-06-30 23:55 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活06

素敵な階段室。
a0355629_01354663.jpg
の窓。

a0355629_01363876.jpg
の小窓。
a0355629_01381161.jpg
階段室が素敵すぎて
a0355629_01390612.jpg
ドアも素敵すぎて油断してたところにこの小窓。
やられた。

by morizo-archi | 2019-06-30 01:34 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活05

今週の部活
a0355629_06593609.jpg
ベルリン大聖堂の地下。凄い数の棺。一番奥は最も大切なのか、門までついてる。
a0355629_06593740.jpg
ステンドグラス迄ついてる。
硝子のデザインは派手だけど色が渋くてかっこいい。
a0355629_06593791.jpg
両サイドに棺がずらっと。列柱と天井がテンポよくずらっと。
a0355629_06593617.jpg
階段室にはトップライトのステンドグラス。
抜け目ないデザインと細部の納まり。
惚れざるを得ない。


by morizo-archi | 2019-06-19 07:04 | 開口部 部活 | Comments(0)

開口部 部活04

衝撃の開口部。
a0355629_05344021.jpg
事務所の隣の工房もどうやら木工工房。
最近NCを導入したようで。
だけどこのドアこの前まで片開きの半分サイズだった。
なんと機械が入らないからと開口部を破壊。
2日掛りで搬入復旧。



確かに工房にしては大きな開口部が他にないのは残念だけど
消防法の関係で開口部サイズの制約があったようで???


破壊中の写真をなくしてしまったけど、いいんですか?という作業だった。
ドイツの人って大胆だ。

by morizo-archi | 2019-06-14 05:39 | 開口部 部活 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る