人気ブログランキング |

カテゴリ:欧州の日々( 42 )

ドイツコスメ事情

12月6日 15:14 ·

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=718103371910154&id=100011314927573

顔がえらいことに。ってFBに投稿したら、いろんな人から様々なアドバイスが。

a0355629_17131798.jpg

日本でも化粧品にはまったくこだわりがなく手入れもいいかげんというか、最小限の最小限。

決してお肌を甘やかしてこなかったし、アフリカや南極に行くわけではあるまいしと、思ってたけど、、、

いろんなサイトや、直接のアドバイスくを沢山いただき、皆さんいろいろ苦労や工夫をされてるんだとわかりました。

必然に迫られて急遽対策を講じると粉粉が少しマシに。
昨日は薬局で、結局ジェスチャー買い物になったけど、日本でいう化粧水的なものをゲット。
シュッとしたかっこいい女性が店員さんに力説する私を英語で?ホローしてくれって、きっと彼女の欲しいものはこれじゃない?と。
振ってみる。確かにしゃばしゃばいってる。これかも!?BIOって書いてるし!
帰って使ってみると香料がけっこう入ってるな~って感じはするけど、顔は痛くない♡


日本とは環境が違うし、そもそも水が違うってことがけっこう影響してる気がする。
日本から持ってきて最初使ってた洗顔がなかなか泡立たないのは硬水だから?
特にベルリンはカルキがきついと聞いたけど、シンクには水垢みたいなのがくっきりつくのはそのせい?
ドイツの人が水で顔をじゃぶじゃぶ洗わないのはそのせい?
と、いろんなこと想像しながらドイツのコスメ事情をちょっと楽しみながら体験してみようと思う。

今のところ一番興味深いのは、環境に対する配慮や自然由来のものに対する意識が日本より高そうって気がするところ。
a0355629_17360575.jpg
パッケージにもしっかりFSCの表記が。
日本も近頃そんな傾向だけど、ベルリンにはいろんな人種のいろんな考えの人が入り混じって住んでるせいか、
日本のコンビニのように誰にでも無難に好まれるものを提供する店よりも
エリアや店によって扱う商品やコンセプトがよりはっきりしてる気がする。



by morizo-archi | 2018-12-08 17:31 | 欧州の日々 | Comments(0)

日曜日のクリスマスマーケット

一週間前からあちこちで始まったクリスマスマーケット。
世界一○○なクリスマスマーケットがドイツ各地で開催され、ベルリンは何が世界一かというと「数」だそうです。
そりゃ人口が多いからって気もするけど。

で、初めて行ってみた。
楽しかった。
あれだけ興味なかったのに、楽しめちゃった。
a0355629_06473784.jpg
今日のメインは、大家さんも絶賛。Gendarmenmarkt。
4時には入場の列が。入場料は僅か1€だけど、これが質を上げる秘訣かもと思った。
というくらいクオリティーの高い出店者が多く、ただの夜店屋台村じゃなかった。
a0355629_06481614.jpg
ドイツらしい木のクリスマス飾り。
a0355629_06491781.jpg
木のおもちゃや人形の精度の高さとユーモアがあって、子供も大人も釘付け。
a0355629_06491888.jpg
a0355629_06502286.jpg
量産のものから、ハンドメイドのものまで種類やサイズも幅広く選べる。
a0355629_06502242.jpg
工芸作家さんや、アーティストの出店も多く
a0355629_06502315.jpg
この他にも写真NGの作家ものや工芸品も、素敵なものがいっぱい。
a0355629_06502201.jpg
超人気者のあしながおばさん。
a0355629_06481549.jpg
クオリティーの高いものをベルリン以外の地方から行商に来てる職人さん。
a0355629_06491736.jpg
ドイツらしい小さなゲームグッズ。
a0355629_06491741.jpg
食べ物ゾーンも拘り職人の店舗が軒を連ねる。
a0355629_06481520.jpg
どんなものかと、グリューワイン。意外といけた。
a0355629_06491881.jpg
ハイジに出てくるまあるいチーズを溶かしてかける芋料理。
a0355629_06491866.jpg
カロリー高いけどおいしい♡
a0355629_06481579.jpg
肉料理も目の前で焼かれたらいちころ。
2人で行って分けっこしてちょうどいいボリューム。
a0355629_06502391.jpg
少し大人なクリスマスマーケットを堪能した。
いいやん。クリスマスマーケット。
a0355629_07135101.jpg
この前下見したポツダムプラッザのとずいぶん違う感じだし、
帰りに寄ったアレクサンダー広場のクリスマスマーケットともまた違う感じ。
こちらは巨大な工作物が。子供が喜ぶマーケットがコンセプト?
a0355629_07140254.jpg
食べ物も大ぶりでどこまで詰めれるか詰め込む詰め込む。
これ食べたらこうなるって感じの明るい店員さん。

まだ三ヵ所をチラ見した程度だけど、どうやら各マーケットごとにしっかり個性がある様で、
好き嫌いがあったり、あちこち回りたくなるのもわかる気がする。
約一ヶ月開催されるこのお祭り。
友達を誘って行くもよし、家族で行くもよし、
日本でいう忘年会シーズンの連日飲み倒すあれに似てる感じかな?

これも立派な文化だ。
でもあまり行くと太りそう。


by morizo-archi | 2018-12-03 07:27 | 欧州の日々 | Comments(0)

引っ越しました。

無事引っ越し完了。
ウズラさんの家は清潔なアルトバウですごいすてき。
憧れのドイツ人とのくらし。
よりドイツを知ることができるはず。
a0355629_06063893.jpg


a0355629_06064472.jpg
シャワーはなるべく朝に。
キッチンも21時までならOKだけど遅いのはよくない。
ピアノがあって、クラッシックを好む気さくなFrau。
すごくドイツっぽい!

食材も料理も各自自分ですることになってって、キッチンの掟もまだよくわからない。
まずは様子を伺おうとおもったら、今日はお出かけとのこと、、、、。
a0355629_06065115.jpg
想像で自作してみた。夕食には火を使わないという噂は昔の話か?今もそうなのか?
a0355629_06065622.jpg
覚えたつもりの単語がなかなか出てこないのは想定内。
「家賃」とか「領収証」とかって言葉もこのシュチュエーションで覚えとくべきだった。油断してた。
丁寧にわざわざ書類にしてくれて鍵の預かり書まであって、ちゃんとしてるな~。と感心する。

2人で暮らす三ヶ月はどんな感じになるのか?楽しみ。


by morizo-archi | 2018-12-02 06:07 | 欧州の日々 | Comments(0)

引っ越しします。

5週間暮らしたこの部屋。学校の寮というには十分な広さ。
a0355629_20033169.jpg
a0355629_20034045.jpg
a0355629_20034519.jpg
二週目から日本人の女性と同居。
私はパソコンやインターネットのことがあまりうまくできないのでいろいろ教えてもらえて、助かったし食材もシェアして経済的。
a0355629_20035135.jpg
送金が上手く行くまでお金が使えず、超節約。
きっと一ヶ月の食費は2人とも余裕で100€を切っていたと思う。
あのスーパーは何ユーロでこれを売ってるとか、もっと安いのがあったとか。
2.5€のワインでしのいだ日々。

a0355629_20053692.jpg
最初はびっくりした防犯のゆるさ。その後この硝子は取り換えられて今は穴があいてない普通のドアに。
a0355629_20054913.jpg
a0355629_20055574.jpg
周りには工場や会社や、同じような団地が多く、空がひろい。
リヒテンベルグのまだ東。
最初案内された時は一体どこまで連れていかれるんだって思った距離も、
慣れたら何とか学校、工房へもそれぞれ約一時間通えた。
スマホのアプリで単語帳をしながら何度も乗り過ごしたり、毎回道を聞いたり。
a0355629_20114878.jpg
a0355629_20124898.jpg
電車の駅まで歩く途中には貸農園があっておじいちゃんたちがせっせと通って何やら育ててたり。
a0355629_20063029.jpg
駅前には小さな花屋さんがあって、クリスマスリースを売り始める時期だったり。
あんまり近所を探検しなかったけど、このエリアで暮らすひとの憩いの場もきっとそれなりにあるのだと思う。


掃除かたずけをほとんどせず、よく寝、よく食べ、よく寛ぐ20代の娘。
日本とのオンラインゲームにはしゃぐ彼女に、私が部屋にいるときにはゲームはするなと怒った日もあったけど、
私の知らないいろいろなことも教えてもらったし、ドイツ語勉強の情報交換をしたり、
それぞれの今後の部屋を必死に探したり、銀行から返事があっただのなかっただの、一喜一憂の日々で。
彼女との生活も楽しかった。

今日晴れて2人揃ってこの部屋を出る。
それぞれ次の場所で頑張っていこう。

by morizo-archi | 2018-12-01 20:14 | 欧州の日々 | Comments(0)

クリスマスマーケットとは。

そういうことか。
てっきり、クリスマスの飾りつけグッズをしこたま売ってる店が立ち並ぶマーケットをイメージしてたけど。
違ってた。要は、日本の夜店みたいなもの?か。買い物にあまり興味ないのでスルーしてたけど、それなら話は違う。
a0355629_19320763.jpg
ポツダムプラッツアの広場に、最近何やら組み立ててるなと思ったら、クリスマスマーケットの会場だったみたいで。
なぜ、この寒いのに氷の滑り台で大はしゃぎできるのか?屋外でビールを飲みたがるのか、よくわからん。
でも、ビールではない赤ワインのようなそれでいて湯気が出ているものを皆さん飲んでいる。なにあれ?
ちょっと飲んでみたい。アツアツのカリーヴォーストとフライドポテト食べてみたい。
子供ははしゃぐ、大人は飲む。そがクリスマスカーケットと解釈した。
a0355629_19324120.jpg
でもなぜか売ってる店が分かれてて長蛇の列に2回並ぶのは、大阪人にはちょっと無理。
これは誰かと来るべきかなと。今日は偵察だけして、ビザの準備をしに帰ろ。
a0355629_19335882.jpg

別の広場で巨大なクリスマスツリーの工事中。
ツリーの輝きよりも働くおじさんが気になってしまう。バケット車大活躍。かっこいい。
a0355629_19350231.jpg
ツリーのスケール感がわからないので写真を撮ってるおじさんに、
ここに立って写真に入って。とい願いすると照れ臭そうに断られ代わりに撮ってくれた。
a0355629_19361661.jpg
5枚中4枚手振れだったけど、ありがと♡


by morizo-archi | 2018-11-25 19:30 | 欧州の日々 | Comments(0)

もう一ヶ月がたった。

a0355629_16184219.jpg
あっという間。びっくりするほど時間が早い。今日でちょうど日本を出て一ヶ月。
あと、11か月しかないと思うと、焦るなと言われても焦っちゃう。
毎日ぼっとしてるの寝てるときだけのはずなのに、こんなにドイツを楽しまずに頑張ってるはずなのに、
まだ落ち着かない。
来週にはいよいよビザ申請。これ次第ではまたまた楽しい日々が遠のく。
街はクリスまずムード。あちこちでクリスマスマーケットの準備が進んでる。
早くこのドタバタを懐かしく振り返るゆとりができることを願う。
a0355629_16192307.jpg
今日は、設計をした現場が始まって管理を担当してる長屋~ずメンバーから現場の報告と追い合わせが。
記憶をたどって検討してみたり、提案してみたり。
良きパートナーがいれば地球の反対側の仕事もできるかもしれないと、希望をって考えてみた。

by morizo-archi | 2018-11-23 18:05 | 欧州の日々 | Comments(0)

部屋決まる。

来ました!OKの返事。
私のドイツ語力の低さにコミュニケーションがうまく取れるかを心配して、
すこし考えさせてと言われていた大家さんから、「受け入れます」と連絡が!
一応3ヶ月居たいと言って受け入れてもらったものの、
「ドイツ語頑張ります!」とアピールした手前、
コミュニケーションがうまく取れず途中解約になる可能性もゼロではないけど、
とにかくほっと。
来月から暮らしが待ってるのか楽しみ半分緊張半分。
a0355629_03384258.jpg
同居人も無事昨日部屋が決まり、晴れて2人して次のステップへ。
今日はお祝いに強引なカレーライスを作ってみた。
ごはんフライパンで炊いて。


さて、いよいよがけっぷちドイツ語。
何度も頑張る!と思ってるのになかなか体に入らない。
使い方がわからず封印していた電子辞書を、絶対使った方がいいと勧められて
開けてみた。
・・・・わからない。
a0355629_03393585.jpg


by morizo-archi | 2018-11-19 03:37 | 欧州の日々 | Comments(0)

来ました!

やっと来た!
銀行カード!グッチのお気に入りFleischとグッチのお気に入りビールでとプチ祝杯❤
a0355629_04183795.jpg
でも、まだここがゴールじゃない。
次は日本にいる旦那さんをなだめすかして送金手続きをしてもらわないと、下ろすお金は一円も入っていないのだから。
でも、きっといける!はず!!
その次は残高証明を発行して、、、、
仕事のリコメンドを書いてくれる人を探して、、、、
ビザ申請につくて来てくれるドイツ人を探して、、、、
部屋を探して、、、、
賃貸契約書を書いてもらって、、、、
・・・・意外とまだまだあるな。

超牛歩でも、前に進んでることは間違いない!
今日もいろんな情報、刺激、やる気を、グッチやベルリンからもらえた。
明日もがんばろう!いや、今から頑張ろう!!!

by morizo-archi | 2018-11-14 04:16 | 欧州の日々 | Comments(0)

嬉しい兆し

今日は初めての物件見学。
本格的に部屋探しを始めてから約一週間。いろんな人から情報提供してもらって、検索サイトからも10件以上のメールをしたけど返事があったのは2軒。
1つはごめんなさい。もう1つは4ヶ月だけでOKならメールくださいという学生さん対象のWG。
残念。

知人・友人紹介ルートの部屋探しも並行して。
私のFBをシェアしてくれた、
大変お世話になっているDZGOの記事を見た、
近くのドイツ料理店で昔働いていた方が、
三年前に住んでいたベルリンの部屋のオーナーさんを、
ブルーメンから紹介してくれて、
、、、、という地球一周的な部屋探しが1つ。

昨日なんとか連絡がつき、今日に急にアポがとれて
慌てて一夜漬けで挨拶トークを練習して挑んだ。
めちゃ緊張した。

英語があまりできないという60代女性のその家は古くてとってもいい感じ!
a0355629_01592149.jpg
しかも部屋はなんだかドイツっぽく?って超素敵。
こういうのをアルトバウって言うのかな?
階段室は暗いけど楕円形のらせん階段が渋くていい感じ。
エレベーターのない四階でもワクワク登れちゃう。

家主の女性はとてもきれい好きできっちりした感じの方。
バスルームなんてピカピカ☆
「とてもきれい!とても素敵!ゼアシューネスハウス!」と覚えたてのドイツ語を連呼すると、
あなたもきれい好きですか?(たぶん)と聞かれたような。
「ヤー!はい!」もちろんそう答えるしかない。

ここはいわゆるWGとは違い、家主が空いている部屋を貸しているUntermieterというものらしく、下宿っぽい感じ??
この女性と二人暮らしになるらしい。
ここだといやおうなしにドイツ語を覚えるしかないことになる。のも魅力。

ただ、近所にバーがなさげ。そこが一点気になるところ。
ともかく再度来週末に連絡を取り合うことになった。
次は電話で。といわれて怖気ずくも、やるしかない!


そして本日二軒目の見学。
一室が空くかも?と噂を聞いていたリコの住むWG。
ドイツ到着直後の三週間前に「会いたい!」とラブコールを送ってやっとアポが取れたのが今日だった。
ドイツ人のリコと、フランス人の女性と、もう一人女性の3人WG。
フランスの人が国に帰るなら部屋が空くけど、もう一人の彼が来るかも?
約束できないし時期も未定。と申し訳なさそうなリコに、こっちが申し訳ない。

でもイメージするWGらしいGW。
学生のシェアハウスではなく大人の感じがいい。
近くにバーもありそう。
部屋を見せてくれただけでもいろいろ参考になってありがたい。

リコはゲームソフトの会社でプログラマーをしながら大学院(?)にも通っている。(たぶん)
忙しい中、時間を取ってくれて私の部屋を心配してくれてる。

そしてすごくうれしかったのは
私がドイツでしたいことを言うと、即座に思い当たるいろんな人に連絡をしてくれた。
そしてノートには後で連絡してみるね。という人のメモを次々と。

キッチンでコーヒーを入れながら、具体的に会いたいのはどんな人?と聞かれて、英語がしどろもどろ。
設計士、インテリアデザイナー、大工さん、木工職人、林業家、その他クラフトマン。
持ってきたポートフォリヨや器プロジェクトの冊子を見せながら、話し合いながら、リストアップをした。

その間、同居人やその友達がキッチンをうろうろ。
そのたびにニコは私の説明をし、
誰か紹介できる人はいない?と聞いてくれて、
同居人も人もみんな親切で連絡先に情報送るわ。(たぶん)と、私の電話番号をスマホで撮影。
ほんとみんな仕事が早い!流石!これがドイツか!?と関心してしまう。
a0355629_05472892.jpg
私はリコに何を返せる?と聞くといらないよ。(たぶん)と、照れ笑い。
部屋の写真を撮ってもいい?とカメラを出すとなぜか自然にポーズをとるリコがかわいくってかわいくって。
ほんと優しくってありがたくって今日は凄く幸せな日だった。

日本好きのリコやいろいろ情報をくれる人達と早くドイツ語でもっといろんな話ができるようになりたい!!!
と、切に思った。


by morizo-archi | 2018-11-11 05:23 | 欧州の日々 | Comments(0)

たかが住民登録

されど住民登録
a0355629_04431483.jpg
夕方17:40の予約。もし迷って、はたまた行く場所を間違えて、、、、
なんてことがあったらもう大変。
超緊張しながら1時間前に到着するも、何のことはないすんなり住民票が発行された。
本日最後から2番目の私が終わった時間にはがらんとしてた待合所も
1時間前まで沢山人が結構なスピードで登録を済ませていた。
ドイツ人ぽくない人も多い。
ベルリン市内に何十ヵ所もある登録所が毎日こんな感じかと思うと役場も大変だなと。

すんなり。は、取れたから言えることで、やっぱり取れるまでは緊張した。
そもそも、予約がなかなか取れなくて、、
もしこれを取り逃したら、ビザやその他もろもろの手続きができない。
やっぱり、されど住民票。この紙一枚が実は大切。

ほっとして、嬉しくて、お腹がすいて、初めてのカリーヴルストを買い食い。
となればやっぱりビールも。
とにかくよかった。

by morizo-archi | 2018-11-09 04:52 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る