カテゴリ:欧州の日々( 31 )

ベルリンで年明け。

ドイツでは元旦のみがおやすみで、翌日からは平日になる。
日本からうちの相方と建築の先輩が遊びに来たのでさてどこに行こうか。
ほとんどのところはお休みだけどハンブルク駅現代美術館が昼からやってたのでこれに行ってみる。
a0355629_16501921.jpg
旧駅を美術館にしただけあって空間がいい。
ちょっときれいにしすぎッて気もしたけどボリュームとアートのおおらかな展示の仕方がいいなと思った。
a0355629_16501943.jpg
企画展の会場は大きくて独特な空気感。
a0355629_16502078.jpg
長く続く廊下に並ぶ部屋には現代アートが贅沢にゆったりと展示されている。
a0355629_16504852.jpg
元駅舎らしいアートもあったり、
a0355629_16504751.jpg
土着的なアーティストの作品があったり、
かなりコレクションのバリエーションも多く、展示室の配置も面白い。
現代アート好きな2人はかなりご満悦で、ベルリンを案内するほどベルリンを知らない私はかなりホッとした。
a0355629_16501902.jpg
私はアートよりもっぱら空間や時折窓から見える建築現場を見てしまう。
雨が上がり、珍しく青空!も見えて素晴らしい年明けの休日。
a0355629_16502057.jpg
私はどうしても素材に目が行って、これは何の木?どこの木?
a0355629_16504757.jpg
たぶんアメリカのレッドシダー。年輪が密でそんなところをつい見ちゃう。
a0355629_16504655.jpg
レストランもゆったり、味もボリュームも良くて3人共ご満悦。
a0355629_16504674.jpg
夜の予定までミッテ界隈を散策。ベルリンの壁メモリアル施設があった。
a0355629_17053966.jpg
無料の施設の中は、壁の緩衝地帯であった悲しい過去を忘れないようにさまざまな資料の展示があり、観光客でいっぱい。
展望台からは二重になってた壁の一部残され、一部は壁をデザインに変えて広場になっているのがよく見える。
a0355629_17053929.jpg
壁から西側は新しい住宅建築が立ち並ぶ。
今でも全長48㎞のラインが街並みや物価や資産価値を分けているところがあるようで興味深い。
その両サイドの雰囲気の差は場所によって、ずいぶ違うようでミッテなんかは旧東の感じを活かしたイマドキエリアとして人気が高い。
立地的にも観光地的にもこれは自然か必然か?だれか仕掛け人がいるのか?気になるところ。
a0355629_17053994.jpg
夜は、なぜか元旦が誕生日という相方に、料理のうまいニコママお勧めのレストランを教えてもらったので、ここで馳走を。
めでたく有意義なベルリンでの元旦が終わった。






by morizo-archi | 2019-01-02 17:20 | 欧州の日々 | Comments(0)

サンタに語学力をください。と、言い忘れた。

クリスマス前の21日で語学学校の年内の授業が終わった。
一番下のレベルA1.1が終わり、終盤は文法、過去形、どんどん進むけど全然ついて行けてなかった。
テストはぼろぼろ。10人中9位。問題が読めないんだからもりろん答えがわからない。
これじゃあドイツに来る前に、この人に是非会ってみてくださいと紹介してもらった大御所の人達に会いに行けない。
もうどうやって勉強していいかわからないし、きっと無理。ドイツ語なんてやめちゃおう。一瞬本気でそう思った。

数分後、やっぱもちょっとがんばろ。
年末までの10日間を1人強化合宿と称して、やる気を盛り上げるためにとりあえずスケジュールを立ててみた。
仕事の様にもうやる。

【読む】
教科書を一から読んでみる。
わからない単語を片っ端に調べながら。
a0355629_20092542.jpg
時間ばっかり掛かって全然進まない。疲れる。やめたくなる。
ので、一旦中止。


【書く】
次は単語を中心に。覚えれなくても「旅の指さし会話帳」一冊3000単語収録の本を8割くらい読みながら書いてみた。
a0355629_19434079.jpg
一冊を10周繰り返し勉強しろと解説している語学の達人がいたのでとりあえず2週目をやってみる。
覚えてるかどうかの確認ができないので、my単語帳を作るつもりで整理しながら、テストしながら。
案の定、全然覚えれてない。しかも、覚えれる気もしない。


【単語】
打開策として単語カードを作ってみた。
これはなかなかいい方法と、複数の人に聞いてたから。
とりあえずよく使う動詞36枚。
a0355629_20100524.jpg
イメージの絵と、裏には主語ごとの変化とイレギュラー変化の印。
何でいちいち変化するねん!と恨めしく思いながら。
早速カードをめくる。
あれ?覚えれてないやん。半分くらいは思い浮かびもしない。
こんなにやってるのになにこれ。やめる?続ける?

【文法】
文法なんて日本語でも習った記憶がないのにドイツ語の複雑なシステムが理解できるなんて想像すらできない。
会話帳にもちょっと解説があるけど、耳からの方が情報を得やすい体質なのでユーチューブで文法解説を探してみる。
あった。
Verbal Ästhetさん。ありがとう。
a0355629_19114033.jpg
授業でもたびたび先生が連呼してた文法用語。
「ノビナティ~ブ」「アクザティ~ブ」って何だろうってずっと思ってたけどやっとちょっとわかったかも。
たぶん日本語をよく知るドイツ人の日本語解説だけど外国人訛りが気になって気になって。それがちょっと好きかも。
これはほんとに超超基本の語順の解説。この続きの解説のサイトが見つからない。
質問文や過去形文なんてさっぱりわからない。そして3格ってなんやねん!


【聞く】
毎晩ご飯を食べるときはネットフリークスのドイツ語音声でホームドラマ?を見て耳を慣らそうと。

a0355629_19495284.jpg
ギルモ・アガール・イン・ライフhttps://www.netflix.com/title/80109415
たまに聞き覚えのある相槌や返事の仕方が参考になるけど。
主人公の女の子がかわいくてぼーっと日本字幕のストーリーを追っちゃって・・・・。
これってほんとにドイツ語の勉強になってるのかな?
部屋のテレビの付け方がわからないから息抜きに見てるって感じ。

いろいろやってるけど、頑張り方あってるかわからない。
いろんな方法やアドバイスがあるけど自分に合った方法でないと続けれないから、やってみるしかなくってやるんだけど。
ほんとに語学力がない。というか記憶力がない? 語学に向いてない。ドイツ語やるためにドイツに来たんじゃないし。

でも、やるしかない。これやらないとドイツでやりたいことができないし、今やらなかったらもうきっとやれないと思う。
年始からはA1.2が始まる。授業について行けなくても匍匐前進でもついて行くしかない。
寒くて暗いベルリンの冬をドイツ語に捧げて、春には小さくても何かの芽が出せるように今はぐっと辛抱して頑張ってみよう。

by morizo-archi | 2018-12-30 20:01 | 欧州の日々 | Comments(0)

興味深いドイツのクリスマス 3。

クリスマスが終わった。
ドイツでは26日までがクリスマス。
a0355629_02083742.jpg
ウルズラさんちには2日間子供たちが集まったので、最後の日はお客様に政嗣さんだけを招いてゆっくりとお茶とお菓子を頂く。
私もこれに混ぜてもらった☆


イブに着物で出かける私を見て素敵とはしゃぐウルズラさん。着物着用のリクエスト。ついでにお茶も点ててみた。
お互いにどんなクリスマスを過ごしたか、どんなご馳走を食べたかスマホの写真を見ながらクリスマスの余韻に浸る。

テノール歌手のプロと、熱狂的なクラッシックファンの二人は
お気に入りの歌手や作曲家の話、歌詞の内容まであれこれと話が尽きず、すごくすごく楽しそう♡
プロから音楽ホールの建築的なこや音響的なことも教えてもらい、せっかく名ホールが沢山あるドイツにいるんだから、これは是非いろいろ見に行かないと。


ドイツ語も音楽のこともほとんどわからないけど、本場ベルリンで直接クラッシックの奥深い解説を受ける幸せ。
いろんな話と沢山のお茶とお菓子。このゆっくりとした時間、これもまたドイツのほんとのクリスマスなのかもしれない。
a0355629_02082737.jpg
シックなクリスマスツリー。1月6日に片づけるのが風習と本で読んだけど、ほんとなんだろうか。しばし観察してみよう。

by morizo-archi | 2018-12-30 17:19 | 欧州の日々 | Comments(0)

体調管理も大切。

a0355629_15053943.jpg
クリスマス三が日は暴飲暴食+夜更かし。
に加えて、プレゼントにもらったSBカレールーで試しに日本的カレーを作ったら、思わずおかわり。
アルコールを抜く理由はないし、野菜も取らなくちゃ。流石に胃もたれ。
a0355629_15072900.jpg
思い起こせば数か月間ぜんぜん運動もしてないし、かといって時間もお金もそこへ使えないし、今は運動より語学。
とは言え体調を崩してる暇はない。ってことでスマホ無料アプリの一日5分のヨガを初めて見た。
5分出来た。ついでにストレッチと腹筋、腕立ても少々。
欲張ると続かないので、この辺で。

三日坊主も、一週間ごとに反省すると立派な週三日のエクササイズになるはず。
緩く続けよう。

by morizo-archi | 2018-12-29 15:03 | 欧州の日々 | Comments(0)

図書館へ通う。

a0355629_14465340.jpg
家でもできるけど、ドイツ語勉強のために図書館へ通う。
ベルリンには住民やそうでない人にも開放されている沢山の図書館がある。
本を読むのは嫌いだけど、図書館は結構好き。
落ち着くし、ほかの人が勉強してるのを見て影響されるし、ほかの雑用をしにくくする環境が意志の弱い私には合ってる。

年内最終日の語学学校テストがボロボロだったので年末強化スケジュールを立てとりあえず取り組む。
嫌いな勉強を頑張るために、楽しみの一つとして図書館をめぐる。

今日はベルリン中央中央図書館【Berliner Stadtbibliothek】https://www.zlb.de/
明るくのんびりした図書館。
内部中央の相席デスクの天井は平屋の屋根で、自然光が取り込めるのこぎり形状のトップライト。
ルイスカーンの建築でこんなのあったな。
でも冬のベルリンはほどんど太陽が見えない。
ってこともあってか、併用して中白色の蛍光灯に煌々と照らされている。
雰囲気はないけど、おかげで眠気に襲われず勉強に勤しめる。
Wi-Fiフリー。荷物を持って入ってOKで気軽。
コーヒーはイマイチだけどすいてて中庭もあって又来たくなる図書館の一つ。


by morizo-archi | 2018-12-28 22:45 | 欧州の日々 | Comments(0)

興味深いドイツのクリスマス 2。

12月25日。
街はすっかり静まりかえり、みんな家でクリスマスを楽しむ。
私はこんな日はかえってドイツ語の勉強が出来ていいかもと、せっせと勤しむ。
でも、勉強ばかりしてクリスマスを過ごしなんてもったいないと思っていると、先日教会コンサートの後に食事に誘っていただいたベルリン在住のピアニスト明美さんがみんな集まるからうちに来ませんか?と♡
2日連続でこんな幸運に恵まれるなんて☆
16時から永遠の飲むこと8時間。
a0355629_22412501.jpg
素敵なアルトバウにはグランドピアノとクリスマステーブルコーディネートが栄えて、憧れの暮らし方。

a0355629_22420148.jpg
上品なスープに

a0355629_22423087.jpg
お腹にリンゴがたっぷり入ったアヒルの丸焼き!
a0355629_22425894.jpg
クヌーデルにも醤油風味のアヒルスープをたっぷりかけて

a0355629_22433570.jpg
素敵な器でデザートまで。

a0355629_22435888.jpg
極めつけには明美さんのピアノと息子さん考志くんのバイヨリンとソリスト政嗣さんの歌できよしこの夜ドイツ語版生演奏まで。
お招きされてた二家族の方達もとってもいい方達ですごく楽しく過ごさせてもらった。
こうやって、ドイツに住む日本の人たちもしっかりと根付いたドイツのクリスマスを過ごすんだな~と改めて感心。

渡欧2か月の何にもわからない私がこんなに素敵なクリスマスを過ごせて罰が当たりそう。
ってことで、しっかり又帰りの電車を間違えて、あまりの待ち時間に今日はタクシーで帰宅。もう何時に帰ったか覚えてない。

それにいしても明美さんかっこいい。
ベースはドイツにあるけれど、毎月コンサートに日本に帰ってつそうで、すごく理想的な生き方。憧れちゃう。
是非いつか舞台を見に行きたい。


by morizo-archi | 2018-12-26 22:38 | 欧州の日々 | Comments(0)

興味深いドイツのクリスマス。

今日は12月26日。
ドイツでは12月24~26日がクリスマスの三が日。
24日に家族や親戚が集まりクリスマス料理を食べながらプレゼント交換をする。
25日にそのプレゼントをあけまた食べて飲む。
26日に教会へ行く。
a0355629_22050529.jpg
みんながこんなにきっちりやっているかわからないけど、ウルズラ邸ではやっている。
24日に家族で教会に行ったみたいだけど、子供たちが集まるまでは掃除や買い出し、料理に部屋の設えと大忙し。
a0355629_22045990.jpg
七面鳥のお腹にたっぷり何かを詰め込んでじっくりオーブンで焼くのがメインディッシュのようで、
その他にもスープやサラダ、デザートや飲み物などいろんなものを整えて、日本でいうところのお正月に備えてお節料理を大晦日に作る感じに似てる。
夕方にハンサムな息子さん達や美人の娘さんが揃い家族の正しいクリスマスが始まる。

私は寂しい独りぼっちのクリスマスになると思いきや、みずほちゃんからお誘いの連絡が♡
着物を着て出かけようとしたとき、携帯の様子がちょっと変・・・・
画面がフリーズしたので強制終了再起動するしかない。
シムのパスワードを入れる画面が出るも、もちろん覚えちゃいない。
あてずっぽうで入れるももちろんNG。
2回失敗してあと1回失敗したらもうおしまいです。みたいな脅しのメッセージが出る。
もう家を出なきゃ間に合わない時間。
電話もかけれないし、グーグル地図にも頼れない。かろうじてメモしてた住所を手にも行くしかない。
24日の夜なんて町は大騒ぎと思いきや、数十年前の日本の元旦の様に店どころか人も歩いてない。電車も一車両に1人とか2人とか。普段から道を聞きまくって移動してるのにこれは困った。
とにかく駅から住所のメモを印籠の様に数少ない歩いてる人を見つけては聞くけど、この日のこんな時間に外を一人で歩いてる人は家族や友達と過ごさないちょっと危ない感じの人ばかり。
ホテルを見つけてフロントの人に聞いて何とか住所にはたどり着いた。

けど、どのベルを押していいかわからない。携帯には情報が入ってるけど見れないし。
24日の夜に申し訳ないけどあてずっぽうで何個か押してみる。間違って開けてくれた1階のFrauが親切に他の家を一緒に回ってくれた。中庭からニコママ~!と叫んでみたり一軒一軒ピンポンを押してみたり格闘すること20分。どこも留守か違ってるか。Frauに、もう手がないわと言われあきらめかけてけど、電気がついてて応答がなかったあの一軒にもう一度だけ行ってみたいとついてきてもらへ
なんとそこがニコママの家だった。泣きながら帰らなくってよかった。あきらめなくてよかった。親切な1階のFrauありがとう!!
a0355629_22071457.jpg
おかげで私は24日の夜にニコのお母さんの手料理を味わう幸運に恵まれ幸せなクリスマスを過ごした。
南ドイツ出身のニコママの料理は凄くおいいしくてクヌーデルに掛けるビーフストロガノフのようなソースが忘れられない。
ビール、ワイン、シャンペン、ウォッカを結構飲んだ。すごく楽しくあああああ~ドイツを楽しませてくれてありがとう~~~と機嫌よく帰路へ。
そしてまた電車を降りそびれて寒空の下戻る電車を待つこと30分。帰ったのはきっと4時くらい。



by morizo-archi | 2018-12-26 22:30 | 欧州の日々 | Comments(0)

Es war wunderbar!

教会のコンサート。
初めてで感激した。
結構な数の演奏者・合唱団・ソリスト。
a0355629_06543002.jpg


そしてお客さんの数。
最後の拍手がほんとになかなか鳴りやまない。
a0355629_06513755.jpg


先日、家を紹介してくれた生駒さんの知り合いでソリストの辻政嗣さんがベルリンの教会であるコンサートに出演すると伺って、
普段クラッシックなんてほとんど聞かないけど、行ってみようと。
でも・・・チケットはとっくに売りきれてた。


ダメもとで何かの間違いで当日チケットが買えるかもしれないし、
もし聞けなくてもなんだかよさげな教会だけでも見てみたいし、
近くでいい感じっぽいクリスマスマーケットもやってるし。
とにかく行ってみた。

Jesus-Christus-Kirche
閑静な住宅地にあって、派手ではないけどランドマーク的な佇まい。
a0355629_06073602.jpg
間違えて裏から入ったから見れたこの壁。ド迫力の植物力。
a0355629_06061788.jpg

屋根までみっちり。
a0355629_06232112.jpg

こっちでした。
a0355629_06061924.jpg

歴史あるこの教会は音響がいいとのことで録音スタジオに使われることもあるらしい。
a0355629_06253328.jpg
コンサートに入れなかった時の為に暗くなる前に行って教会を見学。
a0355629_06061767.jpg
準備をしている人に写真の許可をもらって、ちなみにチケットのことも聞いてみるとやっぱりもうないですと。

こんな素敵な空間でどんなコンサートが聴けたんだろう。と仕方なく帰る。

の前に、せっかくここまで来たのでドメーネ・ダーレムのクリスマスマーケットに行ってみる。
a0355629_07133106.jpg
ベルリン中心地から離れた高級住宅街のクリスマスマーケットはいいものが多い。物販も食べ物のクオリティーが凄く高くて、作り手本人が店頭に立っている。
a0355629_07124864.jpg
人は多くてグリューワインを買うのにだいぶ並んだけど温まって、いろんなものも見れてよかった。

そろそろコンサートが始まるころ。
もしやキャンセルチケットがないかと、一応教会に向かう。
迷う。
暗くなる。
・・・・。
そこへ政嗣さんから電話が。

席を取ってくれたと。
やった!!

迷ってる場合じゃない。
人数少ない住宅地。人が来た。聞いてみる。キュッヒャ、キュッヒャ。

教会ですか?僕も行きます。
なんと日本語。
間に合ってよかった。

そして初めての教会コンサートを堪能。
2階の一番前の席♡
ほんとにマイク無しでこの音?
たっぷり2時間。曲は知らなくてもずっと聴いてたいパフォーマンス。


政嗣さんはすごく面白い方で既にファンになってた。
というか、あまりにもツボにハマりすぎて、ほんとにどんな声で歌いはるんやろうと興味津々だった。
それが、ほんとにあの人が面白いこの人?ってくらい素晴らしい歌声で、
世界中飛び回って歌っているってこういうことかって、もうワシヅカミ。

帰りはなんとソリスト政嗣さんとピアニストの明美さんとでワインを飲みながら楽しい時間まで過ごさせてもらった。
ほんとに幸せ。
a0355629_06212594.jpg
せっかく本場のベルリンにいるんだからまた機会があったら上質な音楽を楽しみたいと思う。

by morizo-archi | 2018-12-19 06:54 | 欧州の日々 | Comments(0)

一週間が経って。

引っ越してあっという間に一週間が経った。
この家を紹介してくれた井駒さんが週末にブルーメンから来て、テノール歌手の辻さんもお招きして家主さんが料理を振舞ってくれた。
a0355629_07161661.jpg
テーブルセットも完璧で、憧れのドイツのアルトバウでドイツらしい食事。
a0355629_07162156.jpg
初めてのドイツの家庭料理。
ジャガイモをお団子状にしたものにお肉の入ったクリーム系のスープをたっぷりかけて赤カブの付け合わせと一緒に食べる。
味が濃くなくてすごくおいしくてお代わりを。
a0355629_07164753.jpg
マジパンが入ったリンゴの焼き菓子はおいしすぎて、これいくらで売れるかな?なんて話しながら。ゆったりとしたランチ。幸せ。

ドイツ語ができないのと、朝出て夜帰る生活だったからほとんどコミュニケーションをとれてなかったけど
日本語通訳をしてくれたおかげもあって始めて大家さんのことを少し知れたし、
私にまでクリスマスプレゼントを用意してくれてて、舞い上がる程うれしかった。

a0355629_07183336.jpg
夕方雨が上がったから散歩に出てみた。道路の向こうから見る家はこんな感じか。自分の部屋は四階の真ん中。
a0355629_07351626.jpg
少し歩くと川があって。
a0355629_07353254.jpg
ジョギングや散歩をしてる人もちらほら。
a0355629_07354961.jpg
枯葉が積もってフカフカしてるシュプレーパーク。
a0355629_07353999.jpg
枯葉の中にもうっすら道が。
a0355629_07354406.jpg
進んでいくと、木で作ったなんとも手作り感満載な遊具。
a0355629_07392658.jpg
なんだかよくわからん実がなっててかわいい。いちいち感心してしまう。
a0355629_07355796.jpg
・・・ドイツらしい正しい休日の過ごし方。って気がする。
今度はもう少し先のトレップトアー・パークまで行ってみよ。

by morizo-archi | 2018-12-10 07:46 | 欧州の日々 | Comments(0)

ドイツコスメ事情

12月6日 15:14 ·

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=718103371910154&id=100011314927573

顔がえらいことに。ってFBに投稿したら、いろんな人から様々なアドバイスが。

a0355629_17131798.jpg

日本でも化粧品にはまったくこだわりがなく手入れもいいかげんというか、最小限の最小限。

決してお肌を甘やかしてこなかったし、アフリカや南極に行くわけではあるまいしと、思ってたけど、、、

いろんなサイトや、直接のアドバイスくを沢山いただき、皆さんいろいろ苦労や工夫をされてるんだとわかりました。

必然に迫られて急遽対策を講じると粉粉が少しマシに。
昨日は薬局で、結局ジェスチャー買い物になったけど、日本でいう化粧水的なものをゲット。
シュッとしたかっこいい女性が店員さんに力説する私を英語で?ホローしてくれって、きっと彼女の欲しいものはこれじゃない?と。
振ってみる。確かにしゃばしゃばいってる。これかも!?BIOって書いてるし!
帰って使ってみると香料がけっこう入ってるな~って感じはするけど、顔は痛くない♡


日本とは環境が違うし、そもそも水が違うってことがけっこう影響してる気がする。
日本から持ってきて最初使ってた洗顔がなかなか泡立たないのは硬水だから?
特にベルリンはカルキがきついと聞いたけど、シンクには水垢みたいなのがくっきりつくのはそのせい?
ドイツの人が水で顔をじゃぶじゃぶ洗わないのはそのせい?
と、いろんなこと想像しながらドイツのコスメ事情をちょっと楽しみながら体験してみようと思う。

今のところ一番興味深いのは、環境に対する配慮や自然由来のものに対する意識が日本より高そうって気がするところ。
a0355629_17360575.jpg
パッケージにもしっかりFSCの表記が。
日本も近頃そんな傾向だけど、ベルリンにはいろんな人種のいろんな考えの人が入り混じって住んでるせいか、
日本のコンビニのように誰にでも無難に好まれるものを提供する店よりも
エリアや店によって扱う商品やコンセプトがよりはっきりしてる気がする。



by morizo-archi | 2018-12-08 17:31 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る