人気ブログランキング |

Bremen市場調査

haus BAU メッセ。
小さめのメッセだったけど、約100件の出店らしい。
調査としてはまーまーの収穫があった。
どんな商品が展示されるのか?どんなメーカーが出展しているのか?
どんな人が見に来るのか?どんな対応をするのか?
そして興味を持った人に器プロジェクトのことをちらっと話してみる。
更にコンタクト先を交換する。目標5人。
一応達成。
もっと突っ込んだ質問が出来るように次はもう少し準備を増やそうと思う。
Bremen市場調査_a0355629_02383105.jpg

気になっていた住宅性能。ベルリンは断熱サッシに順次取り換えているもののまだまだ対応が遅れているように思う。
性能を上げる以前に住宅が足りてない現状がますます厳しくなってる感じ。
ブレーメンの今回のメッセは既存住宅への製品が多く、気候保護機関の品質基準を満たしているメーカーだけが出展できると書いているほど。
さすがに性能の上げ方にも自然寄りの素材で開発された製品が目立つ。
このメーカーは三種類。石、紙、グラスから作った断熱材を取り扱う。
Bremen市場調査_a0355629_02383171.jpg


従来のグラスウールやスタイロ系の断熱材よりも7℃暑さを和らげることを表現している。
Bremen市場調査_a0355629_02383168.jpg


充填方法や性能のイメージや製品の特徴を明快に表示。もちろん詳しいデータ資料も備えている。
Bremen市場調査_a0355629_02383161.jpg

こんなに小型の給湯器を発見。上のふたつはそれぞれこのサイスで住宅一軒分の給湯を賄える瞬間湯沸かし器。
エネルギー源は電気とのこと。
Bremen市場調査_a0355629_02390507.jpg

評価A

Bremen市場調査_a0355629_02390526.jpg

こちらもA。
ENERG:EUエネルギーラベル。
この表示最近よく見る。気にかけてるせいか。
Bremen市場調査_a0355629_02390548.jpg

太陽光パネルメーカーも何軒も出展。

Bremen市場調査_a0355629_02390534.jpg

年間日照時間の少ない北ドイツでどの程度需要があるのか疑問だったけど、一般住宅でも結構採用されている印象。
家の図面を手に相談に訪れている人もいる。
Bremen市場調査_a0355629_02390555.jpg

このメーカーは住宅内のすべてのエネルギーを見える化する装置を販売。
南ドイツの方がもちろん効率がいいけど北ドイツでもどうやら売電できるくらいの性能を持っている模様。
Bremen市場調査_a0355629_03424956.jpg
断熱サッシの断面がイカツイ。
Bremen市場調査_a0355629_02394192.jpg

これでもかというほどの工夫が凝らされている。

Bremen市場調査_a0355629_02401395.jpg

Berlinではペアガラスが一般的だけど、このメーカーではトリプルガラスが標準の用。
いつか日本で見たEU製のクワット路硝子は今回見かけなかったけど、サッシメーカーはまだまだ需要があるので元気に見える。
日本では少ないけど、木製檀ネルサッシの出展が樹脂サッシの出展よりも多いような気がした。
エコ意識のせいか、木のメンテをちゃんとする文化のせいか、木製サッシの需要と供給が多いのは羨ましい。
Bremen市場調査_a0355629_03485876.jpg
後日連絡を取りたい工房を発見。「more」
アクリルに木っ端を取り込んだ「まな板」らしい。

Bremen市場調査_a0355629_03485889.jpg
非天然素材が天然素材を引き立てまくってる。
妙に惹かれてしまった。
まな板はプロモーションのアイキャッチとして作っているだけなのか、他は天然素材をなるべくそのまま活かすデザインをメインにした製品。
ブレーメンの郊外らしく、田舎だと言ってたけど、製材から製品制作まで行い手仕事職人さんが何人もいるようで頼もしい。

実はこのブースの裏側の弟子のブースを見てきた直後。
moreは彼らのアウスビルドゥングの受け入れ先で、きっと彼らの出展を支援していると思う。
なんとも微笑ましい師弟関係。
弟子といってもまだまだ若い。若すぎる。
17歳と18歳のという衝撃の歳の男の子(!)がツートップでブランドを立ち上げ、今年で3年目。
「JHHL」なんと15歳で起業!?すばらしい。
製品はパレットを使ってバーナーで焦がしたたざっくりしたデザイン。昨日は製品が売れたんだと嬉しそうに話す顔がまだまだあどけない。
この先是非もモノづくりを楽しんでほしいと老婆心。。。



内装業を全般に行うRaumgestaltung。
ここでも若き青年が職人を目指しアウスビルドゥングをまもなく終える。まずはゲゼレになりその後マイスターを目指すらしい。
Bremen市場調査_a0355629_02401477.jpg
内装業を全般に行うRaumgestaltung。
ここでも若き青年が職人を目指しアウスビルドゥングをまもなく終える。まずはゲゼレになりその後マイスターを目指すらしい。
出展ブースで古い家具の修理リメイクを実演中。
Bremen市場調査_a0355629_02401415.jpg
母はゲゼレ、父はマイスター。家族だけでなくスタッフも何人かいて総出で出展している。
営業マンと話が弾むうちに興味深いことを聞けた。
Bremen市場調査_a0355629_02401462.jpg

手工業にはプロブレムがあるという。みんな稼ぎのいいコンピューター関係の仕事に就き、後継者が減っているという。
ブレーメンではこの編み仕事ができる職人さんはもう一人しかいなくなってしまったらしい。
その人は後継者がいなのでやめたらこの地域では作れる人が途絶えてしまうらしい。
日本も同じプロブレムを抱えているというと、意気投合。
器プロジェクトの冊子を見せながら早速ナンパに取り掛かる。
とても興味をもってくれて社長を呼んでくれ説明までしてくれた。
けど、社長にはばっさり、すまないが興味ない。とバッサリ。撃沈。
この会社には後継者がちゃんといるのでそうなるのは無理もない。



Bremen市場調査_a0355629_02390426.jpg

トラックからガレージ迄なんでも出展してるのでチェーンソーくらいは当たり前。
買おうか否か検討中のお父さん。
Bremen市場調査_a0355629_02394072.jpg
商品の展示方法が斬新で二度見してしまった。
Bremen市場調査_a0355629_02394001.jpg

家庭用サウナメーカーも何社も出展。デザイン性やコンセプトもそれぞれで面白い。
エネルギー源が気になるところ。。。
Bremen市場調査_a0355629_02412989.jpg

ひときわ人を集めていたのは自然派系デザインの家具メーカー。
システムキッチンの面材もこのテイストで一品生産。

Bremen市場調査_a0355629_02412901.jpg
大きめのサイズ感のせいか、節はもちろんのこと、反りや窪みもデザインとして成り立ってる感じ。
ブースの雰囲気造りと製品のバリエーションの多さで商談待ちの人もいる程。
Bremen市場調査_a0355629_02412969.jpg
メッセにわざわざ足を運ぶユーザーの意識はやっぱり高めで、
大量生産製品にはない味わいのようなものが好まれるかもしれないと思った。

Bremen市場調査_a0355629_02412855.jpg
一番興味があった煉瓦メーカーも何社もあったけど外装用にタイル製品を展示してるメーカーがほとんど。
その中で唯一渋い煉瓦で組積の製品展示をするメーカー。
Bremen市場調査_a0355629_02412883.jpg

でもこのメーカーももちろん外装用のものも展示。
もう組積構造の需要はなくなってしまったのか?
以前、煉瓦を断熱材としても機能させる発想もあると聞いたことがあったから
是非いろいろ聞きたかったけどブースに聞けそうな人が不在で残念。


Bremen市場調査_a0355629_02404848.jpg

恐ろしい分厚さの断熱材の展示と、壁体内暖房の展示で興味を惹かれてしまったこのメーカー。
3㎜~300㎜までの品ぞろえ。
Bremen市場調査_a0355629_02404824.jpg

性能もそれはそれは素晴らしい。
しかも原料はほぼ木。

Bremen市場調査_a0355629_02404835.jpg
内装の仕上げに素地で使えるか聞いてみたら、普通はしないけど可能では?と言われて、器プロジェクトの仕上げバリエーションに検討したくなっってしまった。
これが外装で万が一の漏水でも対処できるのかもっといろいろ聞いてみたかった。
Berlinに支店があるからメールをくれたら連絡を廻してくれるとのこと。本気で検討してみようか。

Bremen市場調査_a0355629_02383134.jpg
最後は木工には欠かせない万力。
バーを廻すだけの手間いらずの優れもの。
ノリも釘も工具も使わずきっちり固定してくれる。
作業中の仮止めとはいえ、それなりにしっかりしてる。
組み立て分解できる和の技術に通じるものがあると思ってしまった。

Bremen市場調査_a0355629_02383186.jpg
いつもよく見てたけど改めて見るとやっぱりかわいい。
Bremen市場調査_a0355629_05001814.jpg
会場の一番奥では次々と30分程度のミニセミナーが行われてた。
結露被害の現状に激怒しながら熱く講演をする専門家。なかなか専門的な内容。
Bremen市場調査_a0355629_05001847.jpg
それを真剣に聞くなかなかな人数の一般エンドユーザー。
自分の家のこととは言え、熱心な人が多くて驚く。
たまに、講演者が難しすぎますか?話すのが早すぎますか?と問いかけても、問題ない。と余裕を見せるところにもびっくり。
ドイツではメンテナンスも含めて日本より断然家造りに関与する人が多い。
情報や材料、道具の市場も大きいい。
メーカーとユーザーが共に成長しているように思える。
そこのところは是非とも真似したいとひしひし感じた。

# by morizo-archi | 2020-01-20 03:05 | 欧州チャレンジ2020 | Comments(0)

対面アタック始まる

ハンブルクに来た理由は欧州チャレンジのアタック。
しっかりしたアポが取れてないまま来たけど、思いのほか会議にまで参加させてもらえた。
対面アタック始まる_a0355629_16573876.png
Künstlerhaus Vorwerk-Stift
アーティスト・イン・レジデンス。
25人ほどのアーティストが一定期間この家で住みながら創作活動をしている。
私はこんなところで器プロジェクトのデザインや発信活動が出来たら!ネットワークを広げれたら!と、再渡独直後からコンタクトを取っていた。

タイミングが合えば館内を案内できるけど、月に1度の会議は内部の会議だからそれに参加する必要はないですよ。とやんわり断りモード?
よくわからなかったのでとにかく来てみた。ら、案の定閉まってる。
一応電話をしてみる。ドイツ語が電話だと益々伝わらない。
なんとかメールやり取りをしてた人につながって、夜なら見に来てもいいよと。
念のため持ってきていたプレゼングッズをを一応持参する。

私のドイツ語は早すぎますか?と優しく案内してくれるこの人は、この施設の世話役?で建築家だった。なんて優しい。
そして運よく?レジデンス会議に参加してもいいことに?!しかもプレゼンまでさせてもらえることに。
対面アタック始まる_a0355629_16581090.jpg
でもほんとに運がよかったのか否か???
めちゃめちゃ緊張した。
15人ほどの前でドイツ語で、自分が何をしたいのか、なぜしたいのか、どんなことをしたいのか、を伝える。
みんなこっちを見てる。もう、必死で何を話したのか覚えてない。

ジャッジは後日メールで貰えることに。
どうやら今空きはなく、ほかにエントリーをしてる人もいてそう。
基本的にはアーティスト対象なので、建築家枠があるのか否かまずそこからの検討になる模様。
可能性は限りなく低い。けど、年明け早速アクションが出来たことはよかったと思う。

もう一つの本命アタック先Kreativ Gesellschaftはいまだ連絡が取れず、、、、
HPを再チェックしたらOPEN予定が年末の表示と変わってって今日まで閉館!?今晩帰るのに(泣)

12月も中旬になるとクリスマス休暇に向けて連絡がつきにくくなり、そのまま年明けまで音信不通なのはよくあるという文化を知らなかった。
ハンブルク行きの宿やアクセスの予約をキャンセルせず、ぎりぎりまでチャンスを狙ったけど、無理っぽい。
まあこんなこともある。また機会があれば再チャレンジする。

# by morizo-archi | 2020-01-07 17:50 | 欧州チャレンジ2020 | Comments(0)

あけまして2020☆

新年あけました。2020年が始まってしまった。
あけまして2020☆_a0355629_19344142.jpg
元旦しょっぱなにKonzerthausorchester Berlinへ。
すごいおもしろかった。クラシックとパーカッションの刺激的なコラボレーション。
あけまして2020☆_a0355629_19344100.jpg
パツコちゃんの招待で初めてこの素敵な空間を体験。ほんとにありがとう。
ベルリンコンツェルトハウスで新年を迎えれて幸先よさげ。
あけまして2020☆_a0355629_19344107.jpg
指揮者のクリストフ・エッシェンバッハさん。めちゃめちゃ表情豊かにオーケストラを操る。
奏者の皆さんもものすごく楽しそうに笑顔で演奏してる。
初めて見た本格オーケストラとパーカッションのコラボ。
木琴やドラム、カホンや和太鼓まで所狭しと並ぶ打楽器を熱烈に演奏しめちゃめちゃ乗ってるマーティン・グルービンガーさん。
もう、惚れました。
溢れる躍動感と演奏が楽しくてたまらんというその感じが指揮者と共鳴して観客にまでどんどん伝わっていく。
客席にも大満足の笑顔がいっぱい。後ろの席のおじいちゃんは立ち上がって前のめり。
隣の品の良いFrauはもう我慢できないという感じで演奏が終わるたびに歓声を上げてる。

私には「クラッシックは伝統を重んじる古典的音楽」という少し堅いイメージがある。
それがパーカッションとうまく共鳴して人を感動させファンを増やしていく。
古典と言ってもきっとどの時代も斬新さを加えて鮮度を保ってきたものだけだ今もなお残っているのかもしれない。
これはまさに私がドイツで挑戦したい器プロジェクトの思想!と勝手にイメージを重ねて感激しまくってしまった。
あけまして2020☆_a0355629_20254074.jpg
去年の数々の挫折をバネに今年こそは頑張る。
今年の目標を文字にしておく。
・2020年に器プロジェクト2.0を欧州で必ず発表する。
・やると決めたことを愚痴を言わず黙々と積み重ねる。
今年の年末に達成成果を文字にできるように頑張りたいと思う。

# by morizo-archi | 2020-01-02 20:30 | Morizo- | Comments(0)

ドイツのクリスマスと日本の正月 03

ウルズらさんがとびきり素敵なプレゼントをくれた。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11064169.jpg
Riekoアドベンスカレンダーって知ってる?
知ってる。
これはそれよ。
と、3つの袋をドアの外のかごに入れてくれた。
まだよ。明日からよ。
と言って11月末にまた週末のお出かけで帰ってこない。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11060715.jpg
かごには3つの袋。これはクリスマスまでの毎週末に食べる分か、毎日食べる分かわからない。
けど3日で食べちゃった。手作りぽいのも混ざってる。甘いもの食べすぎだけど、おいしい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11101597.jpg
週明けに帰ってきウルズらさんは、またしばらく分の袋を足してくれた。
やっぱり1日一袋で合ってた。これほんとにクリスマスまでくれるのかな?
毎日これを食べるのが楽しみになった。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11060712.jpg
たまに混ざってるクルミ。
知らなかったけどクルミを2つ片手で思いっきり握ると必ず一つは割れる。と聞いた。
でも最後の一つは食べれないのか?

留守中に割る道具が見当たらなくて最後の1つが食べれなかったけど、でました!
このクルミを割るためだけの道具。
オール木製のねじ式くるみ割り機。
素晴らしすぎる。


クリスマス料理の定番ロートコール。赤キャベツというには黒すぎる。
この爆弾みたいな塊にそそられてつい買ってしまった。
でも切れません。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11074739.jpg
なかなか。
中は奇麗な紫。隙間なくびっしり詰まってる。重いはずだ。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11074728.jpg
インターネットで検索するも、人それぞれ随分作り方が様々。
どれを信じるか、、、、。まあどれもきっと正解なんだろうけど仕上がりの味を知らない。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11074887.jpg
1/4で鍋いっぱいになる。やばい。
とりあえず一番簡単そうなレシピで作ってみる。
2時間煮込むと書いてるものもあれば、40分と書いてるのもあるけど根気がなくて30分で調理完了。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11074899.jpg
出来上がると黒い爆弾は紫ではなく紅色のきれいな感じに。
本来脇役の付け合わせになるはずだけど、調理時間をケチったせいで嵩が減らない。メインよりも存在感がある。
この後、お弁当に持っていったりベルントさんや康子さんに食べるのを手伝ってもらいながらも
約3週間これを食べ続けることに、、、、。

ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11082064.jpg
クリスマスが近づいたある日、ニルスが、24日はどうするの?と
なにも予定はない。というと
家来る?
一人で寂しかろうと私を気遣って招待してくれた。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11082035.jpg
お言葉に甘えて行ってみると、Opa,Oma,Papa,Mama,ボナちゃんに、姉妹にその家族と総勢13人!+私。
Ganz Berlinrのニルス家族はとても暖かく私を混ぜてくれた。
これが超トラディショナルな家族の過ごし方とニコニコニルス。
家族の一番大切な日にお招きいただきなんて光栄な体験。

全員が揃うとMamaは鈴を鳴らし始まりの合図をする。
そして一冊の絵本を読み上げる。子供たちは食い入る様にお話を聞く。それを親達がにこやかに眺めてる。
ワオワオこの光景が絵本みたい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11462685.jpg
私はたっぷりの典型的なクリスマス料理を食べまくって大満足。
子供たちは大量のプレゼントをもらまくって大喜び。
私にまで素敵なプレゼントの詰め合わせをくれてびっくり☆
それにしても赤キャベツのおいしいこと。私の作ったあれは何だったんだ。
ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11530151.jpg
家はすっかりクリスマスデコレーションに包まれてて、孫たちが来る日は大きなツリーの下にはプレゼントが並べる。
棚にはキリストの誕生シーンの人形がこの時期にだけ飾る。
これは世代をまたいで引き継がれているものらしく、日本のひな人形みたいに代々大事にされてる。
あまりにもトラディショナルで驚いてしまう。

そしてなによりびっくりしたのが、WeihnachtMannの存在。
ドイツではクリスマスのことをバイナハテンという。そしてサンタクロースのことをバイナハトマンというらしい。なんかウルトラマンみたい。
頃合いのいいタイミングで!なんと玄関のドアから!!かなり若めのバイナハトマン登場!!!
さっき家族中からたっぷりのプレゼントをもらった子供たち。
なのにまたまたバイナハトマンから巨大なプレゼントをもらう。
もらうためには何か呪文?を言わないといけない。
私はさっぱりわからなかったけど、子供たちは呪文を唱えまんまとプレゼントをもらって大騒ぎ。
ニルスによると6日にお菓子をくれるニコラウスさんは実在して、バイナハトマンはファンタジーの別ものだという。
え~。目の前に実物のバイナハトマンがいるんですけど~。ちょっと若めだけど~。これは幻~?私のドイツ語力が足りなくてほんとのところが解らない。

ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11085045.jpg
幼稚園で折り紙を習うらしく、私の知らない箱の作り方をバリバリのドイツ語で教えてくれる8歳のLehrerin。子供は容赦ない。
代わりに私は鶴の折り方をバリバリの大阪弁で教えてあげた。

ドイツのクリスマスと日本の正月 03_a0355629_11074891.jpg
家に帰るとちょうどウルズラ家の皆さんが帰るタイミング。毎年恒例の家族の時間。今年はメンバーがラブラブの数だけ増えてる。
大体どの家も翌日の25日も少しメンバーが変わったりしつつ家族が集まりご馳走を食べてゆっくりと過ごす。
日本のお正月のように遠くても帰省してみんなが顔を合わせる家族にとって一年で一番大切な日だ。

ドイツで2回目のクリスマス。今年はいろいろ日本と比較しながら楽しんだ。ドイツ文化の代表的なものとしてのクリスマス。
たくさんのプレゼントは手作りだったり素朴だったりでなんともほっこり心温まる。
街のあちこちで甘いものがあれだけ出まわって、すかり消費される理由もよく分かった。
今年は2回目なりにいろいろと見えたドイツのクリスマスを満喫した。


# by morizo-archi | 2019-12-25 12:05 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

ドイツのクリスマスと日本の正月 02

今年もクリスマスマーケットの季節がやってきた。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09575522.jpg
早いところは11月から始まる。そして必ずしもクリスマスの日までやってるとは限らない。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09583222.jpg

去年も来たけど、やっぱりここのクリスマスマーケットは心温まる。子供に大人気で手づくり感満載の雰囲気がたまらない。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09581486.jpg
ヨーヨー釣り?
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09583174.jpg
射的?
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09581488.jpg
ポニー?!
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09581519.jpg
演劇ステージまでいい感じ。

ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09583140.jpg
パンを売るお兄さんもいで立ちは昔風の衣装。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09583235.jpg
焚火魚やそのほかにもちょっとこだわりのおいしそうなものがいっぱいでミッテで人気のクリスマスマーケットみたいに混んでないからおすすめ。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_09583206.jpg
手彫り座面の子供用スツール。雨に濡れても気にしない大らかさもほっこりさせる。
普段は夜中一人歩きはちょいと怖いWarschauerStr.エリアにしてこの素敵な空気感。素晴らしい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_19291521.jpg
去年はBemmeとグッチと来たこのマーケット。今年はJonidaと。このエリアはドラッグをお勧めしてくるお兄さんがいっぱいいるけどこのシーズンのこの仕切られたゾーンは違う世界。やっぱりこのマーケットは何度来ても楽しい。


ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10001498.jpg
別の日にちょっと遠征してSpandauまで行ってみた。古い町並みが残るベルリン中心から少し離れた場所。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10001420.jpg
と聞いてたから、しっぽりほっこりを想像してたのにめちゃくちゃ電飾で商業的だった!
でもこれぞクリスマスマーケットといえばそれもそう。
グリューワインを去年買ったマイカップで飲んでザ・クリスマスマーケットを味わう。

ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043855.jpg

今年最後のクリスマスマーケットは隣町?のPotsdam。教会が開いてって思わず入る。外の賑わいは聞こえない静かな空間にツリーがそっと飾ってある。何かいい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043802.jpg
ここは、ザ・トラディショナルな店が並ぶ。ハムサラミおいしそう。

ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043956.jpg
恐ろしい量のペンダント式お菓子。これを首からぶら下げてそぞろ歩くお茶目なおっちゃんの姿ももう見慣れた。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043818.jpg
本格的なチーズ屋さん。があると思ったら、


ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043955.jpg
ミニミニタイ焼き屋さん
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043934.jpg
が、オートマチックでちょっとドイツっぽい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043932.jpg
りんご飴。は世界共通か。

ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10044011.jpg

グリューワインやシュナップスを楽しむ大人の横で
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043843.jpg

ちびっこはスポーツカーのメリーゴーランドを楽しむ。おじいちゃんはそれを必死に写真に収める。この構図がたまらない。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10520093.jpg
ここは家族連れが多い感じかな? 昼間から、日が暮れるころから、家で晩御飯を食べてから、それぞれのタイミングで、スタイルで恒例のクリスマスマーケットに出かける街の人たち。
ドイツのクリスマスと日本の正月 02_a0355629_10043987.jpg
クリスマスマーケットの存在を知ったばかりのときは、クリスマス商戦のチャラチャラしたイベントだとあまり興味なかったけど
じっくり見るとそれぞれのクリスマスマーケットはサイズ感も雰囲気もコンセプトも違うことが見えてくる。
そしてまるで日本人が恒例行事的に初詣に行くように家族と、友たちと、恋人と、
最寄りのマーケットへ行ったり、遠征したり、何箇所も行ったり、それぞれのスタイルでこの時を過ごしている。
これは立派な文化だ。
クリスマスマーケットは1か月ぶっ通しでやってるところもあれば週末一回こっきりというところもある。
何よりびっくりしたのが一番かき入れ時と思われる24日。昼の3時にパシッと店を閉めて皆さん家に帰る。
売上よりも教会に行く時間や家族との時間が大切なのだ。この時間の使い分け方も文化もドイツらしいと思う。





# by morizo-archi | 2019-12-23 10:28 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

ドイツのクリスマスと日本の正月 01

11月の後半になるとどこのスーパーでもクリスマス商戦が始まる。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08494127.jpg
去年まで6日のおっちゃんと呼んでいたこのおじさんはサンタクロースではない。らしい。ニコラウスさんです。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08494175.jpg
ドイツでは、 12月6日はセント・ニコラウスの日といって、よい子にしてらた6日のおっやんからプレゼントをもらえる。らしい。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08501252.jpg
生鮮食品売り場の前に急に現れるナッツコーナー。日本で晩秋に銀杏が並ぶ光景と被る。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08501211.jpg
その近くにオレンジではなくミカンが山盛り。日本でこたつに入って食べる光景が目に浮かぶ。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08494106.jpg
何やら重そうな甘いものや
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08494165.jpg
日本でも最近有名らしい伝統的な甘いものが
これでもかというほど並ぶ。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08503068.jpg
入り口付近には12月の毎週末に1つずつ灯す4つのキャンドルがついたかわいいリースが登場。
毎年どうしても買ってしまう縁起物のしめ縄に思えてしまう。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_09043692.jpg
事務所でもボナちゃんが11月のうちからアドベンスカレンダーをみんなに買ってくれた。12月1日になるまではお預け。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_09044581.jpg
1から24までの数字は小さな扉になってって、中のチョコを毎日一つずつ食べる。ごく単純なことだけどこれが仕事中のちょっとした楽しみになる。
ドイツのクリスマスと日本の正月 01_a0355629_08520526.jpg
子供だけじゃなく会社にもニコラウスさんは来て、、、、
会社からちょっとした気持ちとして働くスタッフにお菓子を渡すという話も聞く。
日本でも12月に入るとなぜかソワソワするけど、年内に仕事が納められるのかにソワソワしているのに対し、
ドイツではクリスマス休暇をどう過ごすかばかりを考えているのでは?という感じのソワソワ。
こうして年末の1か月を楽しく過ごすのもいいなと思うのはドイツにいる間だけか、、、、。

# by morizo-archi | 2019-12-09 09:04 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る