人気ブログランキング |

2019年 06月 14日 ( 3 )

ベルリンカーニバルでなぜかほろり。

ベルリンでは毎年夏のカーニバルが熱いらしい。と聞いて行ってみた。
大胆に歩行者天国にした Gneisenaustraßeに人が溢れかえってる。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06251311.jpg
Karneval der Kulturen カルナヴァール・デア・クルトゥーレン
メインは日曜日のパレード。
いろんな国の文化が一堂に見れる。らしい。
日本のお神輿が出るとは聞いてたけど、いつどこで何が見れるかわからないままとりあえず行ってみた。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261052.jpg
とにかく範囲の広さと人の数が凄い。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261013.jpg
なかなかパレードに近づけないけどなんかすごい衣装を着てそうな気配。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261127.jpg
南米?
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261087.jpg
アメリア?
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06402038.jpg
どこ?

ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261159.jpg
あ、提灯!日本ちゃうか?ぴょうぴょん飛び跳ねてたら前のカップルが場所を譲ってくれた。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261189.jpg
暑い中浴衣や法被姿の人たちが前を通る。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06324981.jpg
ドイツの人と日本の人が一緒に引いている。ほんもんやん。いいやん。
なんか意味が分からんけど涙が込み上げてきたからカップルにお礼を言ってパレード見学終了。
ホームシックじゃないし、何だったんだろう?
知らない間に日本が好きになりすぎてるのかな?歳のせいかな?
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06403816.jpg
お国のものを売る人。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06260920.jpg
いろんなものを売る人。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06260939.jpg
海水浴場のような露出度の高い人。
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06453782.jpg
巨大ごみ箱をお立ち台宜しくサンバを踊っちゃう人
ベルリンカーニバルでなぜかほろり。_a0355629_06261032.jpg
そしてこの日一番感心したのは男子トイレ。
青空の元、この公衆の面前で男子が向かい合って用を足す光景。

短時間しかいれなかったけどいろんなシーンが見れた。
家族連れ、友達同士、カップル、とにかくみんな笑顔で楽しそうだった。
こんなベルリンもあるんだと感心しつつ、自由に前に進めず夕方の約束に遅刻、、、、、。


by morizo-archi | 2019-06-14 06:53 | 欧州の日々 | Comments(0)

開口部 部活04

衝撃の開口部。
開口部 部活04_a0355629_05344021.jpg
事務所の隣の工房もどうやら木工工房。
最近NCを導入したようで。
だけどこのドアこの前まで片開きの半分サイズだった。
なんと機械が入らないからと開口部を破壊。
2日掛りで搬入復旧。



確かに工房にしては大きな開口部が他にないのは残念だけど
消防法の関係で開口部サイズの制約があったようで???


破壊中の写真をなくしてしまったけど、いいんですか?という作業だった。
ドイツの人って大胆だ。

by morizo-archi | 2019-06-14 05:39 | 開口部 部活 | Comments(0)

住まい

最近留守がちなウルズラさん。
私も朝からいないし、会わない日もちらほら。
今日は久しぶりに少し話した。
キッチンのテーブルでミシン仕事をするウルズラさん、
キッチンで洗い物をする私。

●Rieko今日も自転車で行くの?
■今日は事務所に行かずに部屋で仕事をする。
●今のbüroの発音いいわよ。
■!!!
いつもウムラウトの発音を直されてた。


●büro
■ブロー
●Nein~、büro
■ブゴー
●Nein、nein~、büro
■ボゴ―
●Nie~~、büro
■え~~~~?ゆってるやん~、ブゴーやろ~。
●Nein! Morgen auch!
■明日も~?

でも、今日初めて発音を褒められた。
調子に乗って
■Kann ich bemchen die waschmaschine?
●guuuu~t‼
洗濯機使う時の問答も今日は一発OK!



今は時間があると私のドイツ語を直してくれる仲になったけど。
最初3ヶ月の約束で入ったこの住まい。語学の無さを心配されながらも頼み込んで。

謎だらけだった家のルールとドイツ語の分からなさ。
最初はため息をつかれることもしばしばだった。

そのうちお互い少しずつ慣れてきて
居心地よくってもう一ヶ月、もう一ヶ月ともう7か月目。
相変わらずドイツ語をカンで聞いてコミュニケーションを取るのは変わらない。
でも、今日嬉しくて1つ新しい言葉を覚えた。
”vertrauen" 信頼。
分からなかったけどカンで「悲しい」のしぐさ。
Nie~.ちがう。
「夢」?
Nie~.ちがう。

私にスマホの翻訳を見せて
ずっとここにいてもいいのよ。Rieko”vertrauen" できるから。とウルズラさん。
うれしいやん!めちゃ♡




たまに誰かのためにケーキを焼くウルズラさん。
お裾分けを頂くこともしばしば。
住まい_a0355629_04444007.jpg
私は彼女の甘すぎない素朴なケーキが大好き。
住まい_a0355629_04445257.jpg
来た時には四階まで伸びた木の枝が寒そうだったけど
住まい_a0355629_04450099.jpg
すっかりもりもりと緑いっぱいに。
住まい_a0355629_04452867.jpg
お向かいの巨大な猫が油断すると部屋に入ってくるけど、かわいいからまあいいか。
近所の人もいい人ばかりだけど、困った人がいたらまた感覚も変わるかもしれない。
住まいって、家だけじゃない。誰と暮らすか。どう暮らすかでずいぶん違ってくるはず。


いつもきれいに気が配られたウルズラ家。改めていいところ。
ドイツに来てもうすぐ8か月になる。
時間が経ちのが早くて怖いけど、もう少しお世話になろうか、どうしようか。

by morizo-archi | 2019-06-14 05:00 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る