人気ブログランキング |

2018年 12月 30日 ( 2 )

サンタに語学力をください。と、言い忘れた。

クリスマス前の21日で語学学校の年内の授業が終わった。
一番下のレベルA1.1が終わり、終盤は文法、過去形、どんどん進むけど全然ついて行けてなかった。
テストはぼろぼろ。10人中9位。問題が読めないんだからもりろん答えがわからない。
これじゃあドイツに来る前に、この人に是非会ってみてくださいと紹介してもらった大御所の人達に会いに行けない。
もうどうやって勉強していいかわからないし、きっと無理。ドイツ語なんてやめちゃおう。一瞬本気でそう思った。

数分後、やっぱもちょっとがんばろ。
年末までの10日間を1人強化合宿と称して、やる気を盛り上げるためにとりあえずスケジュールを立ててみた。
仕事の様にもうやる。

【読む】
教科書を一から読んでみる。
わからない単語を片っ端に調べながら。
a0355629_20092542.jpg
時間ばっかり掛かって全然進まない。疲れる。やめたくなる。
ので、一旦中止。


【書く】
次は単語を中心に。覚えれなくても「旅の指さし会話帳」一冊3000単語収録の本を8割くらい読みながら書いてみた。
a0355629_19434079.jpg
一冊を10周繰り返し勉強しろと解説している語学の達人がいたのでとりあえず2週目をやってみる。
覚えてるかどうかの確認ができないので、my単語帳を作るつもりで整理しながら、テストしながら。
案の定、全然覚えれてない。しかも、覚えれる気もしない。


【単語】
打開策として単語カードを作ってみた。
これはなかなかいい方法と、複数の人に聞いてたから。
とりあえずよく使う動詞36枚。
a0355629_20100524.jpg
イメージの絵と、裏には主語ごとの変化とイレギュラー変化の印。
何でいちいち変化するねん!と恨めしく思いながら。
早速カードをめくる。
あれ?覚えれてないやん。半分くらいは思い浮かびもしない。
こんなにやってるのになにこれ。やめる?続ける?

【文法】
文法なんて日本語でも習った記憶がないのにドイツ語の複雑なシステムが理解できるなんて想像すらできない。
会話帳にもちょっと解説があるけど、耳からの方が情報を得やすい体質なのでユーチューブで文法解説を探してみる。
あった。
Verbal Ästhetさん。ありがとう。
a0355629_19114033.jpg
授業でもたびたび先生が連呼してた文法用語。
「ノビナティ~ブ」「アクザティ~ブ」って何だろうってずっと思ってたけどやっとちょっとわかったかも。
たぶん日本語をよく知るドイツ人の日本語解説だけど外国人訛りが気になって気になって。それがちょっと好きかも。
これはほんとに超超基本の語順の解説。この続きの解説のサイトが見つからない。
質問文や過去形文なんてさっぱりわからない。そして3格ってなんやねん!


【聞く】
毎晩ご飯を食べるときはネットフリークスのドイツ語音声でホームドラマ?を見て耳を慣らそうと。

a0355629_19495284.jpg
ギルモ・アガール・イン・ライフhttps://www.netflix.com/title/80109415
たまに聞き覚えのある相槌や返事の仕方が参考になるけど。
主人公の女の子がかわいくてぼーっと日本字幕のストーリーを追っちゃって・・・・。
これってほんとにドイツ語の勉強になってるのかな?
部屋のテレビの付け方がわからないから息抜きに見てるって感じ。

いろいろやってるけど、頑張り方あってるかわからない。
いろんな方法やアドバイスがあるけど自分に合った方法でないと続けれないから、やってみるしかなくってやるんだけど。
ほんとに語学力がない。というか記憶力がない? 語学に向いてない。ドイツ語やるためにドイツに来たんじゃないし。

でも、やるしかない。これやらないとドイツでやりたいことができないし、今やらなかったらもうきっとやれないと思う。
年始からはA1.2が始まる。授業について行けなくても匍匐前進でもついて行くしかない。
寒くて暗いベルリンの冬をドイツ語に捧げて、春には小さくても何かの芽が出せるように今はぐっと辛抱して頑張ってみよう。

by morizo-archi | 2018-12-30 20:01 | 欧州の日々 | Comments(0)

興味深いドイツのクリスマス 3。

クリスマスが終わった。
ドイツでは26日までがクリスマス。
a0355629_02083742.jpg
ウルズラさんちには2日間子供たちが集まったので、最後の日はお客様に政嗣さんだけを招いてゆっくりとお茶とお菓子を頂く。
私もこれに混ぜてもらった☆


イブに着物で出かける私を見て素敵とはしゃぐウルズラさん。着物着用のリクエスト。ついでにお茶も点ててみた。
お互いにどんなクリスマスを過ごしたか、どんなご馳走を食べたかスマホの写真を見ながらクリスマスの余韻に浸る。

テノール歌手のプロと、熱狂的なクラッシックファンの二人は
お気に入りの歌手や作曲家の話、歌詞の内容まであれこれと話が尽きず、すごくすごく楽しそう♡
プロから音楽ホールの建築的なこや音響的なことも教えてもらい、せっかく名ホールが沢山あるドイツにいるんだから、これは是非いろいろ見に行かないと。


ドイツ語も音楽のこともほとんどわからないけど、本場ベルリンで直接クラッシックの奥深い解説を受ける幸せ。
いろんな話と沢山のお茶とお菓子。このゆっくりとした時間、これもまたドイツのほんとのクリスマスなのかもしれない。
a0355629_02082737.jpg
シックなクリスマスツリー。1月6日に片づけるのが風習と本で読んだけど、ほんとなんだろうか。しばし観察してみよう。

by morizo-archi | 2018-12-30 17:19 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る