人気ブログランキング |

2018年 12月 19日 ( 2 )

仕上工程4

今日は久しぶりにカール君も登場
仕上工程4_a0355629_23445101.jpg
いよいよ組立。
仕上工程4_a0355629_23445077.jpg
対角を計り、
仕上工程4_a0355629_23445137.jpg
反対側の対角も測り、
仕上工程4_a0355629_23422774.jpg
縦框の小口も面取りに合わせて削り、
仕上工程4_a0355629_23452665.jpg

目違いをはらい、
仕上工程4_a0355629_23452833.jpg
最後は建具全体をワックスがけ。
ワックスをかけながら、この仕事はマッサージのように~と。
優しくなでながら気になるところがあろうもんならすかさず補修材で補修。
どこまでもゲゼルチェックは続く。

仕上工程4_a0355629_18564531.jpg
障子六枚で100本を超す組子。
タケさんは慎重に加工を進める。
仕上工程4_a0355629_23422638.jpg
日本でもそうだけど使う定規によって寸法が違う。シビアな仕事では精度のいいメーカーのスケールでダブルチェックする。
ドイツで職人さんがよく持っている木の折れ定規は目安程度の定規の為、別の定規でもチェックチェック。
たまたまこのメーカーの定規は5mm切れに使えるように1mと5mmまでメモリがついててなかなか紛らわしい定規。危うく間違えるところ。
仕上工程4_a0355629_23422611.jpg
相欠きの加工を施して最終段階へと進む。
仕上工程4_a0355629_23472564.jpg
この後の工程は別の現場のお手伝いで見ることができなかったけど、年末になんとか現場施工が間に合った。
ワンルームの大きなLDK。その一角を書斎として仕切ったり開いたりできるコーナー障子。
壁や天井の建築側精度の問題でスペーサーが必要な部分はあるものの、障子と敷居鴨居の寸法はぴったりに納まってくれたそう。
報告写真を送ってもらってほっとした。
仕上工程4_a0355629_07183022.jpg
Takumiには本物の障子が欲しい。和の空間を暮らしに取り入れたいと思うクライアントが噂を聞きつけ順番を待っている。
来年もクライアントに喜んでもらえるようないい仕事を沢山することになると思う。
沢山お世話になっていろんなことを見せてもらえた約一ヶ月。
来年も私が手伝えることがあれば是非このチームに関わりたいと思ってる。



by morizo-archi | 2018-12-19 23:25 | 欧州 現場・作り手・素材 | Comments(0)

Es war wunderbar!

教会のコンサート。
初めてで感激した。
結構な数の演奏者・合唱団・ソリスト。
Es war wunderbar!_a0355629_06543002.jpg


そしてお客さんの数。
最後の拍手がほんとになかなか鳴りやまない。
Es war wunderbar!_a0355629_06513755.jpg


先日、家を紹介してくれた生駒さんの知り合いでソリストの辻政嗣さんがベルリンの教会であるコンサートに出演すると伺って、
普段クラッシックなんてほとんど聞かないけど、行ってみようと。
でも・・・チケットはとっくに売りきれてた。


ダメもとで何かの間違いで当日チケットが買えるかもしれないし、
もし聞けなくてもなんだかよさげな教会だけでも見てみたいし、
近くでいい感じっぽいクリスマスマーケットもやってるし。
とにかく行ってみた。

Jesus-Christus-Kirche
閑静な住宅地にあって、派手ではないけどランドマーク的な佇まい。
Es war wunderbar!_a0355629_06073602.jpg
間違えて裏から入ったから見れたこの壁。ド迫力の植物力。
Es war wunderbar!_a0355629_06061788.jpg

屋根までみっちり。
Es war wunderbar!_a0355629_06232112.jpg

こっちでした。
Es war wunderbar!_a0355629_06061924.jpg

歴史あるこの教会は音響がいいとのことで録音スタジオに使われることもあるらしい。
Es war wunderbar!_a0355629_06253328.jpg
コンサートに入れなかった時の為に暗くなる前に行って教会を見学。
Es war wunderbar!_a0355629_06061767.jpg
準備をしている人に写真の許可をもらって、ちなみにチケットのことも聞いてみるとやっぱりもうないですと。

こんな素敵な空間でどんなコンサートが聴けたんだろう。と仕方なく帰る。

の前に、せっかくここまで来たのでドメーネ・ダーレムのクリスマスマーケットに行ってみる。
Es war wunderbar!_a0355629_07133106.jpg
ベルリン中心地から離れた高級住宅街のクリスマスマーケットはいいものが多い。物販も食べ物のクオリティーが凄く高くて、作り手本人が店頭に立っている。
Es war wunderbar!_a0355629_07124864.jpg
人は多くてグリューワインを買うのにだいぶ並んだけど温まって、いろんなものも見れてよかった。

そろそろコンサートが始まるころ。
もしやキャンセルチケットがないかと、一応教会に向かう。
迷う。
暗くなる。
・・・・。
そこへ政嗣さんから電話が。

席を取ってくれたと。
やった!!

迷ってる場合じゃない。
人数少ない住宅地。人が来た。聞いてみる。キュッヒャ、キュッヒャ。

教会ですか?僕も行きます。
なんと日本語。
間に合ってよかった。

そして初めての教会コンサートを堪能。
2階の一番前の席♡
ほんとにマイク無しでこの音?
たっぷり2時間。曲は知らなくてもずっと聴いてたいパフォーマンス。


政嗣さんはすごく面白い方で既にファンになってた。
というか、あまりにもツボにハマりすぎて、ほんとにどんな声で歌いはるんやろうと興味津々だった。
それが、ほんとにあの人が面白いこの人?ってくらい素晴らしい歌声で、
世界中飛び回って歌っているってこういうことかって、もうワシヅカミ。

帰りはなんとソリスト政嗣さんとピアニストの明美さんとでワインを飲みながら楽しい時間まで過ごさせてもらった。
ほんとに幸せ。
Es war wunderbar!_a0355629_06212594.jpg
せっかく本場のベルリンにいるんだからまた機会があったら上質な音楽を楽しみたいと思う。

by morizo-archi | 2018-12-19 06:54 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る