人気ブログランキング |

2017年 10月 09日 ( 3 )

欧州日記08 Berlin

2017.10.04ベルリン

欧州日記08 Berlin_a0355629_01305417.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01305577.jpg

早くも最終日。締め切りを終えたとはいえまだまだ忙しいグッチは最後日も私のためにベルリン案内をしてくれた。近頃自家焙煎コーヒーカフェが流行っていて、チーズケーキも美味しいと評判の店にて朝食。平日なのに観光客っぽくない人がゆっくりまったり???ベルリン時間が流れてる。

今日はグッチもパツ子ちゃんもお勧めのミッテへ。ギャラリーやおしゃれな店があるちょっとハイソサエティーなエリア。心なしか町の落書きも少なめ。おしゃれな雑貨さんをハシゴして、ベルを鳴らして入れてもらうギャラリーをはしごして、古いダンスホールの不思議なレストランでランチして。エリヤによってこうも印象が違うものか。

欧州日記08 Berlin_a0355629_01313686.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01313736.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01313961.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01313481.jpg

かっこいいギャラリーでオフィスのドアの納まりをまじまじ見ていたら、以前建築設計をやっていたという女性オーナーさんに話しかけられた。あなたアーキテクト? イエス。作品を見ず、空間やディテールを見てしまうこの癖は万国共通のようで、目線でわかる同業者の心理。

庭を眺めれる小さなオフィスは狭いのに気持ちよさげ。すこし日本ぽいでしょと言っているような。確かにフラットな石畳や笹が植えてあったりと、そんな感じもする。

なぜもう設計をしていないのかと聞くと、旦那さんの仕事でドイツに移って7年たつけど、仕事をするにはドイツ語の壁があるとのこと。ドイツのデザインもあまり素敵じゃないし。的なことを言っているようで、、、。たぶん。

確かにドイツデザインは部材が大きく迫力はあるけど洗練されていると感じない。特にベルリンは伝統的なものでなければ、現代のどこかのはやりをコピペしている感じもある。たった2.5日で何も見えていないかもしれないけど、来てみてドイツ的欧州メージは確かにちょっと変わった。

それにしても、7年もいて言葉の壁・・・・。昨日のNさんは10年選手だけど事務所の電話は出ないようにしていると言ってた。やっぱり、壁、超えれないかな、、、、。

欧州日記08 Berlin_a0355629_01315484.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01315603.jpg
欧州日記08 Berlin_a0355629_01315827.jpg

最終日にミッテに行けたのはすごくよかった。正直ベルリンは町が汚くて、かといっていすごいエネルギーを感じるほどではない。私が鈍感になっているのか、今のベルリンが平穏になってきているのか、少々物足りない気もしていたけど、素敵なギャラリーやアート、雑貨、洒落た店のある閑静なエリアがあるのを見て、この町の多様性が面白いなと思えた。

沢山の顔を持つベルリン。ここで「暮らすを試す」意味はあるように思える。

最後にお茶でも。と店を探し始めたところで、あれ?あれ?

空港に何時だっけ?え?また?

また走る。走る。走る。

グッチのスマホを頼りにこの旅最長ロングラン。もはやお約束。グッチにバスまで一緒に乗ってもらって空港の最短ルート探し、飛行機のスマホチェックイン、もう何から何までお世話かけっぱなし。グッチがいなかったら乗り過ごしてました。ほんとにありがとうグッチ!

それにしても小さすぎるベルリン空港。アムステルダムまでは国内線のように何もかもがコンパクト。お土産を買う時間なんてなかったけど、店がそもそもキヨスク的。いいんだか悪いんだか、なんか憎めない感じ。

ベルリンはドイツじゃないといった人がいたけど、ほんとだと思う。ドイツでは珍しくきっちりしていない町。首都なのに首都らしからぬラフさ。物価が安く、いつまでも途上中な感じ。

今回の訪問では、20年前に数日立ち寄って現代建築を見て回った時の印象とはまた違う素の町が少し見れたのかもしれない。近頃はヨーロッパ中からチャンスを求めてアーティストが集ることすら慢性化してきたからか、「以前に比べると面白くなくなっている」という人もいたけど、それも含めて変わり続けるのがベルリンなのかもしれない。

欧州日記08 Berlin_a0355629_01324547.jpg

今回はオーストリアとドイツを仕事の隙間の7日間、駆け足調査となった。

会いたかった人、聞きたかった話、知りたかった雰囲気、結構叶った。これもひとえに皆様のおかげ。さてこれをどう整理して活かしますか。とにかくできることからとっとと始めよう。

ちょと無理やりだったけど行って良かった。

欧州日記08 Berlin_a0355629_01324684.jpg


by morizo-archi | 2017-10-09 01:35 | 欧州日記2017 | Comments(0)

欧州日記07 Berlin

2017.10.03ベルリン

欧州日記07 Berlin_a0355629_00583619.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_00585000.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_00583620.jpg

グッチの部屋はイギリス人の大屋さんと日本人女性3人のシェア。大屋さんのビスケットという名前のかわいい犬をなぜか毎回クッキーと呼んでしまう。だから振り向かないのか?


4×6m、H=3mくらいの四角い空間。5階にあるのに紅葉した街路樹が窓まで伸びて気持ちいい。光熱費込みで6万くらいかな?。ドイツで一番物価の安いベルリンでシェアしてもこの値段。月最低10万は掛かる。他のエリアなら1.5倍くらいと覚悟しないといけないみたい。

欧州日記07 Berlin_a0355629_00583695.jpg

統一記念日?の静かな朝に川沿いを散歩。白鳥が20羽くらい放し飼い?素敵なカフェですごい美味しいベーグルに遭遇。ほっこりしたのでそろそろベルリン調査に出かけるとする。

欧州日記07 Berlin_a0355629_00583719.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_00583834.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_00583882.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_01023579.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_01015848.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_01015408.jpg

観光名所を横目に、大きな公園に向かう。祭日のせいか家族連れで来てる人が多く、ジョギングや自転車で通り抜け、老夫婦が散歩したりと、なんとものどかで静かな公園。多様な植生で自然っぽく作られた公園。多くの木は10mをゆうに超えて雨宿りができるくらいの巨大さ。気持ちよくって森の中にいるみたい。住んだらきっとここにもよく来るだろなと思う心地よさ。

さて、14時のリコとの待ち合わせに間に合うようにそろそろ行かねば。雨宿りが長引いてやばい時間!でも、公園の出口がわからない。現在地もわからない。スマホはあるけど操作方法がわからない。とりあえず勘で走る。きっとこっち?!いやあっち?!せっかくのリラックスが台無し~。

出た!大きな道路。タクシーを捕まえよう。・・・・タクシーどころか車がいない。祝日の催しでせっかく出た大きな道路は歩行者天国になっていた。あ~~~。また走る。警備車で待機するポリスマンにタクシーに会える道を聞いて進むも、会えないまま駅に着いちゃった。乗るか否か?この駅が何どのあたりかもよくわからずお教えてもらうまま乗ってみたらベルリン中央駅で乗り換えのルートだった。ここならタクシーがいるはず。地上に出てタクシーの行列を発見するも、列の後ろへ廻れと空車のタクシンーみんなが言う。やっぱりドイツはマナーがいいな~と感心。してる場合じゃない。乗ったタクシーがあたりかハズレか、クイッククイックと連呼すると猛烈走行かっ飛ばし方が危ない~。たすけて~。


時間を過ぎてたどり着くとドアにグッチからのメモが。〇〇駅近くの××ケバブ屋さんでまってますと。また走る。道路の先を指さす人もいれば、駅を指さすし人も。どこなのケバブやさんて?

結局二駅乗ってそこから聞き込み調査。手掛かりは店の名前とケバブ屋さんという情報のみ。教えられる方向へ行っても行っても見当たらない。あ~~~。

そこに、パツ子ちゃんからフェイスブックメッセージが!あれ?繋がってたのスマホ?

パツ子ちゃん、グッチに連絡したい。助けて~と、メールで地球の裏側にSOS。そしてグッチからのフェイスブック電話?いつもの画面じゃないしおもわずきちゃった。なんだかんだでやっと会えてやっとケバブやさんへ。

欧州日記07 Berlin_a0355629_00585056.jpg

でもリコが来ない。1時間待っても来ないし、グッチは今電話がないので、私のスマホとグッチのスマホを二刀流。やっと連絡が取れた。と思ったら同じ名前のケバブ屋さんが別にあったことが発覚!うぅん~~~!

欧州日記07 Berlin_a0355629_01043340.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_01043332.jpg
欧州日記07 Berlin_a0355629_01042131.jpg

でも会えた。旧西ベルリン生まれのリコは穏やかで優しい好青年。ゲームソフトのプログラマーで日本に興味があるらしい。3人で自転車を押しながらベルリン空港跡地に行く。家族連れやカップルが憩うのどかで巨大な広場。夕日の滑走路を自転車で走ってみる。めちゃめちゃ気持ちいいやん!農園エリアや、立ち入り禁止ゾーン、カフェや、奥の方にはアメリカの軍事練習場や当時の空輸用の小型機がそのまま展示しているところもある。数年前に公開された空港跡地。こんな発想が面白いやんベルリンさん。

ゆっくりリコとお茶でも、と思うも私には次のアポイントメントが。待ち合わせ場所へまたしてもタクシーをかっ飛ばす。リコさんごめんなさい。大阪で会うときにはきっと思い切りお礼をします!

次にお会いしたのはベルリン在住日本人設計士さん。これまたパツ子ちゃんつながり。ベルリンでデザイン事務所に勤めるNさんとその知り合いで世界的な設計事務所に勤めるHさん。

海外で日本人が働くこと、ベルリンとその他のドイツの大きな違い、語学やビザ、生活費に至るまで根掘り葉掘り聞き倒してしまた。ここでやりたいことをやるには何より強い意志が大切。そして語学は必須。すごい目力で熱くアドバイスをもらえたのは大収穫で、自分の覚悟はまだまだ甘かったことに気づかされる。


でも、やってみたい。挑戦してみたい。なるかならんかは、やってから考えよう。そのために早く準備を始めたい。そう強く思った。こんなに濃厚な生の体験話を聞かせてもらえて感謝、紹介してくれたパツ子ちゃんにも感謝。ほんと人に恵まれてる。


by morizo-archi | 2017-10-09 01:05 | 欧州日記2017 | Comments(0)

欧州日記06 Stuttgart→Berlin

2017.10.02 シュトゥットガルトからベルリンへ

欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00265206.jpg
欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00283495.jpg

電車が一時間以上遅れてきて乗り込んだものの寝台車内は真っ暗。皆さんご就寝につき状況がよくわからないままとにかく寝る。翌朝何時に着くかも確かめず、何の準備もなく寝てしまった。急にあわただしい音がして誰かが慌てて部屋から出て行く。「ベルリン?」 「イエス!」え!?もう?やばっ!!慌てて鞄と靴をもってホームに降りた。ら、手前の駅だった。え!?まだ?やばっ!!乗りたいのにドアが閉まっちゃった。駅員さんに詰め寄って開けてもらって再び乗り込む。で、荷物全部あるかな?忘れ物してない?真っ暗で乗り込んで真っ暗でお慌てて降りたし、スーツケース開いてるし、閉めようとしたらリュックからカメラ飛び出してレンズカバー割れるし、そうこうしてるうちにベルリンへ到着。近すぎ。パスポートと財布があることだけを確認してやむなく下車。電車はハンブルクへと去っていく。まあいいか。多少のことはしかたない。

欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00262218.jpg

とりあえず、カフェで一服。グッチにメールをしてみると来ていいよと。ここからベルリンの濃い2.5日が始まる。

欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00262079.jpg

すてきなアルトバウに暮らすグッチと再会。締め切りを翌日に控えて仕事中のため、近くのカフェでお茶してから一旦解散。狩野さんに紹介してもらった木工家夫妻のベルントさんと田丸んさんに会いに行く。


バスを降りてから雨が降り出し、オフィスがわからず、びちょびちょに。親切なドイツ人もさすがにこの雨ですれ違う人は急いでる人ばかり。ぜんぜんたどり着かない。約束の時間を30分もす過ぎている。会えるのかどうか不安になってきたころに偶然探してたビルの番号発見。フロアや社名をきちんと調べてこなかったせいでここであってるのか?どこにあるのか?片っ端にオフィスのドアを開けるしかない!ああ時間すぎてるのにぃ~!ネットも電話もつながらなぃ~!スマホの使い方がわからなぃ~!神様~~~~!


異常に焦っている私を見て親切なお兄さんが自分お電話でオフィスの番号にかけてくれて何とかご対面。入口が別な素敵なオフィスでショールームまで併設。和紙や畳のサンプルが沢山あってまるで日本の内装屋さん。木工からスタートした会社は10年でスタッフ4、5名にして今や欧州中からのオーダーを受けるジャパン工房の会社となっている。需要は多く、クライアントに待っていただいているとのことで・・・・、こう言ったオフィスでMorizo-がお役に立てないものかとついよからぬ妄想をしてしまう。どんなスキルがあれば、どういったポジションならば欧州で求められるんだろうか????

欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00262107.jpg
欧州日記06 Stuttgart→Berlin_a0355629_00262136.jpg

いろーーーんな話を聞いてすごく参考になったし、こっちでチャレンジしたいという希望が大いに持てた。もうドイツ生活の方が長くなったという田丸さんはとても魅力的な方で、ベルントさんは多くを語らないけど信念をもって今の仕事をしている人と感じた。4歳のレオン君はト~~~ってもかわいく一人っ子らしく甘えん坊。このご夫婦にあえて今回ほんとに来たかいがあった。

グッチお勧めのユダヤ人博物館に行って1.5時間展示を見る。日本解説があるのでまたゆっくり来たいなと思った。旧東ベルリン育ちのニコと待ち合わせて三人でピザ屋さんへ。美味しいし、日本語のできるニコとの話は楽しかった。バーにも行って、そのあとグッチは23時からグループ展の打ち合わせへ。私は混浴のサウナへ。あと40分しかないのに€15も払うの?(2000円くらい)と不思議がられるも、もちろん入る。


ほんとに混浴でカップルやお兄ちゃんたちが閉店間際の身支度をする中、大慌てで入る。浴槽はなく温度の違うサウナがいくつかと、屋上にリクライニングチェアー、ロッカー前にシャワー。ちょっと高いけど住んだら来たいと思えたし、他にも何件かあるらしい。住むならベルリンはかなり好ポイントなお風呂事情♡

乗り間違えて戻る電車でグッチと遭遇。無事帰れた。それにしても12時を回っても電車が走ってって、これがなくなってもバスで帰れるらしいけど、意外と怖くない。油断は禁物だけどそんなに緊張せずこの時間帯に一人で移動できる治安はありがたい。


by morizo-archi | 2017-10-09 00:32 | 欧州日記2017 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る