人気ブログランキング |

2016年 09月 06日 ( 1 )

「例えばこの木」 02

[仕事の前に必要な体力]
a0355629_22220326.jpg
前日の夜、中井さんに「明日はヘリコプター来ますか?」とメールを。すぐに電話があって、天気次第で中止になるけど一応段取りしてます。と。
台風が近づてて明日を逃すと逆に後の日程が厳しくなる。いろんな手配もずれてしまう。きっと山仕事の段取りは判断に迷うこと、少なくないと思うのです。

きっと飛ぶ。もし飛んだら行かなかったことを後悔する。そんな気がして行ってみることにしました。AM5:47地下鉄に乗り、阿部野橋から大和上市に向かいます。この時間帯は特急も急行もなく初めての鈍行。知らなかった駅を眺めながら2時間揺られます。駅からタクシーで山の入り口まで20分。タクシーの運転手さんは不安そうに、「Uターンできますかね?」と繰り返します。8:10到着。前回のように1時間かけて登ったら見逃してしまうかもしれない。小走りに進みながら早速いろんな不安がよぎります。
a0355629_22220746.jpg
道、あってるかな?この橋、見覚えあるな。あれ?道はどこ?引き返したり、やっぱり進んでみたり。
おろおろしてると、「ル・・・・・」あっ、ヘリだ。
もう来てしまった。作業が始まってしまう。どうしよう。もう迷ってる時間はない。。。。
a0355629_22221019.jpg
焦ってしまって道を選ぶゆとりがなくなり、とにかくヘリコプターの音の方へ。道が無くてもウッドクライミング?登るしかない。記憶にある小河の曲がり角や鉄塔の足元を通らないまま不安いっぱい進み続けました。今までの山登りで一番しんどいかも。
 茂みの奥に一瞬、人の服が見えます。「内田さーん?」中井さんだ。間に合った!
でも足がヘロヘロで道なき道はなかなかすすめません。「ちょっとその辺で見といてやー」見たいけど、見えない。近づいては消えていくヘリコプターの音に興奮しながらも、吹き出す汗と焦りが増していきます。
今日は人手不足って言ってたけど、中井さん1人かな?どんなふうに出材するのかな?
心臓のバクバクがなかなか止まらず足も進まない。いつの間にか腕は傷だらけ。
少しずつ近づいて行ってみると、中井さんが初めて見る職人さんと一緒にいました。(つづく)
Morizo-内田



by morizo-archi | 2016-09-06 08:00 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る