人気ブログランキング |

工芸美術館

Kunstgewerbe Museum

ドイツの現代工芸が見たくて来てみた。
間違えて行った隣の絵画美術館でだいぶ体力を消耗した後に来ただけあって4層じっくり見る時間も気力もなかったので、
中世のゾーンはさらりと流して、、、、、
a0355629_08202426.jpg
来ました現代。と思ったら現在ではなく近代。1900年頃のものまで。
a0355629_08202310.jpg
でも楽しい。
a0355629_08202359.jpg
生産絶頂期の弾けるデザインが満載。
a0355629_08202267.jpg
今でも使われつ続けてる名作もいっぱい生まれた。
a0355629_08202360.jpg
今見ても斬新なデザイン。ハニカムダンボール☆
a0355629_08202329.jpg
買い物カート!?
a0355629_08202253.jpg
流石ドイツ。
a0355629_08220580.jpg
これまたドイツっぽい。バウハウスっぽい。

a0355629_08220566.jpg
これはベルントさんが絶賛中の椅子か!?
a0355629_08220574.jpg
ロングセラー過ぎるこれ、これ。
a0355629_08220534.jpg
こんなのもあったと思いきや、
a0355629_08220572.jpg
無印!?2008年☆

a0355629_08475037.jpg
おなじみマイセンがありまして、

a0355629_08233229.jpg
このデジタルっぽい磁器の亀。
a0355629_08233290.jpg
なるほど、ほんとにデジタル。でも半分。
3Dプリンターで型を作った後は従来の手工業。
a0355629_08224289.jpg
こんな伝統的な釉薬から、
a0355629_08224319.jpg
ポップな色とデザインまで。
a0355629_08202312.jpg
中世のデザインも今見て素敵だし、
a0355629_08220526.jpg
新しいデザインに弾けた時代のも素敵。


a0355629_08233221.jpg
そしてアートとはまた違う積み重ねてきた技術の重みを感じる。
a0355629_08224358.jpg
今日の一押しドイツ。
a0355629_08224317.jpg
出ました。四角。
a0355629_08224356.jpg
部材がいちいちデカイ。
a0355629_08224363.jpg
天板5センチ。流石に練り付け。
a0355629_08224466.jpg
これまた現代っぽくて工芸らしい。練り付けがしたくてたまらなかったのかな?
a0355629_08224277.jpg
そして金物がいちいちドイツっぽい。ぶ厚い。

a0355629_08233178.jpg
中世のこんなイデタチの家具にして日本との共通点を見出してしまった。
a0355629_08233194.jpg
何10ヵ所にも仕掛けがあるカラクリ箪笥。開けても開けても隠れてる収納箱
工夫を凝らした和箪笥を思い出した。
a0355629_08233146.jpg
こんな技術を発揮する場は修復以外にないかもしれないけど、確かにあった木工技術。
機械化の良さもありがたいけど、この技術が消えるのも惜しい。



by morizo-archi | 2019-09-07 08:18 | 欧州デザインレポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る