道具屋さん

a0355629_17192870.jpg
ニルスがルーターの刃を買いに行くというので、道具屋さんにくっついていく。
a0355629_17192827.jpg
なんと、三木市で質の高いのこぎりを作っている「ヒシカ工業」https://www.nokoya-hishika.com/さんの商品を扱っている
Tool Shop Dieter Schmidhttps://www.fine-tools.com/formcontact.html

というお店がTakumiの目の前にあったのです。(神澤さん!情報ありがとう!!)

ネット販売もやってるらしいですが、ビルの中にあるお店はガチの本職さんが買いに来る。

ニルスが買い物をする間、写真の許可をもらってお店の商品を見せてもらう。

a0355629_17195559.jpg
陳列棚にはヒシカ工業の商品はなかったけど
a0355629_17195468.jpg
やっぱり売ってる「ゼットソー」!3,000~4,000円ってとこでしょうか。日本と比べて少し高いですよね。
a0355629_17192913.jpg
上等な鑿はケースの中。ローマ字のロゴのはドイツ製かな?
a0355629_17192906.jpg
こちらはブランド名まで見えなかったけど、日本でよく見る形。
同じくらいのサイズだとローマ字ロゴのよりちょっと高め。
質によって、メーカーによってかなり値段差がありそうだけど、素人にはぱっと見それがわからない。
a0355629_17192807.jpg
日本の?ノーブランドの?鉋もケースの中。20cmくらいのが3,000円くらい。安いな。切れるのかな?
a0355629_17195408.jpg
こちらはヨーロッパ式の格好いい鉋。同じくらいのサイズで20,000円くらい。
刃の出し具合をつまみで調整できるタイプに感激していると、ニルスが普通のは日本と同じように金槌でたたいて調整すると説明してくれた。
a0355629_17195562.jpg
「刃」に特化した道具屋さんだからか、日本の包丁がケースの中に。
a0355629_17195587.jpg
出刃の藤次郎が7,000円くらい。日本から鞄に入れてなかなか持ってこれないのでちょっと高いけどこっちで買うか、、、、。

いいものを扱うSchmidさん。限られた展示スペースの中で日本の商品割合がけっこう多めで驚く。
Takumiのボスが前に話していた日本の道具とドイツの道具の違い。
日本の道具は繊細な仕事ができるけど職人の腕が必要。と。
その辺もとっても興味深い。
道具のことぜんぜん詳しくないけど、両国とも道具メーカーさんはこだわりを持って商品開発をしているはず。
もう少しドイツ語と道具の勉強をして、いつか日本の道具屋さんとドイツの道具屋さんの思いをインタビューしてみたいな。



by morizo-archi | 2019-01-30 17:52 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る