ハウス茶会

a0355629_04491431.jpg
ある日ウルズラさんが、「RIEKO友達が来る日にティーセレモニーをしてくれない?」と。
「喜んで」と言うと、「はぁ~♡」と女子高生の様に喜ぶウルズラさん。

お茶やお菓子はあるけど器がないというと、例のこっぱみじんを知っているウルズラさんは、それは私が用意すると。
家に沢山ある器をあちこちから出してきて、これは?これは?と聞かれるも、茶筅を振るには小さすぎて、ん~~~~。

この会話を何日か繰り返した後、これは☆!?と、おそらく買ってきたと思われるお椀を差し出すウルズラさん。
a0355629_04505579.jpg
ん~~~~~~~。大きさはちょうどいいけど、、、、
お味噌お汁を飲むイメージが強すぎて、、、
でも本人がよければ別に構わないと思うし、、、、、
お茶はその時を一緒に楽しく過ごす為のものだから形式にとらわれなくてもいいと思うし、、、
とドイツ語で伝えるのはまだ無理なので、とりあえずグーグル先生にニュアンスを翻訳してもらって。

もう一度、同じような大きさの器を家中探す。
あ!これ使える!
これもいける!
こんなの持っれるんだ!
どこのお国の何時代のものかはさておき、なんとなく茶道っぽい感じが出せそうになってきた。
a0355629_05124428.jpg
2人で、当日のシミュレーションをする。
どこに誰が座ってどうやってお茶やお菓子を運ぶか、お菓子はどれに入れるか、
お茶はここはで点てるかあっちで点てるか、キャッキャ言いながら準備をした。

a0355629_04551415.jpg
ほぼ全部が見立て道具での小さなティーセレモニー。
海外の人が使う「ティーセレモニー」の言葉の定義がよくわかんないけど
お客様に親しい友達を招いての気軽なティーパーティーはなかなか良かった。
抹茶とお干菓子のあとは外国のお土産や手づくりの誕生日ケーキでゆっくり紅茶を。
a0355629_04495022.jpg
ウルズラさんは私の着物姿が嬉しいらしく、以前プレゼントにもらった二部式の着物を羽織って一緒に写真を撮ろうと私をホールに誘いだして。
a0355629_04500969.jpg
朝から何度も練習していたお客様をお迎えする「こんにちは」のお辞儀を5回もカメラのタイマーで撮り直したり。
こんなにも純粋に日本文化を喜んでくれることがうれしいし、いつものお花の感じをすこし変えて場を作る心遣いも素敵。
こうやって亭主と点前が頑張り過ぎずに楽しんでおもてなしをするのが一番いい茶会と思う。
a0355629_04493366.jpg
この家に来てまもなく2か月。言葉はまだまだ話せないけど、お互いの空気が少し読めて来た気がする。
ベルリンにいながらドイツらしい暮らしをさせてもらってる幸せをかみしめながら残りの一ヶ月を大切に過ごそうと思う。



by morizo-archi | 2019-01-25 05:29 | 欧州の日々 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る