人気ブログランキング |

パリでの衝撃。

2019年1月20日。ある意味「衝撃」を受けた。
MAISON&OBJET。
パリでの衝撃。_a0355629_18195792.jpg
その存在すら知らなかったのにパリ行きの飛行機の中で賀来さんからもらった情報。
パツ子ちゃんとおのぼりさんのように行ってみた展覧会は規模も質もものすごかった。
パリでの衝撃。_a0355629_18335673.jpg
パリでの衝撃。_a0355629_18334799.jpg
パリでの衝撃。_a0355629_18320449.jpg
パリでの衝撃。_a0355629_18325213.jpg
パリでの衝撃。_a0355629_18351642.jpg
パリでの衝撃。_a0355629_18334106.jpg
ホントに沢山のいいデザイン、いいアイディア、いい素材、いいイメージにあふれている。
世界中からここに集まるにはワケがある。ドイツとはやっぱり違うパリ独特のイメージ。
ここは集合場所。発信場所。出会う場所。
何かを表現するにはそれなりの質も格も資力も必要だけど挑戦する価値がある場所。
パリでの衝撃。_a0355629_18372192.jpg

パリでの衝撃。_a0355629_18400992.jpg

パリでの衝撃。_a0355629_18301877.jpg

パリでの衝撃。_a0355629_18315330.jpg
日本の企業や、産地、デザイナーも頑張っている。
世界に出て頑張るって凄いなって思う。

でもそれ以上に一番衝撃を受けたのはkazさんの勢いのいい生き方。
私より若くてちびっこいのに大阪とオランダに木の玩具会社を持ちこの展覧会に10年間毎年出ている。
見た目のキャラクターに反してパワーと実力が最近あった人の中でダントツ。
パリでの衝撃。_a0355629_18204165.jpg
メーカー社長、着付師、設計士。大阪女子のちびっこ三人がパリで出会う。

会ったその日に意気統合。思いを話し、夢を語り、飲んだ、食べた。

40年パリに住むトランぺッターの沖至さんを交えて、盛り上がる。
パリでの衝撃。_a0355629_18222518.jpg

パリでの衝撃。_a0355629_18262363.jpg

なんかやれたらいいね。と、話した翌日には企画が出来そうなギャラリースペースを早速見に行く。
パリでの衝撃。_a0355629_18272217.jpg
朝っぱらからカフェでまた思いを話し、それぞれのスキルや実績を見、目標を立てた。

彼女に「絶対やれる」と言われたらほんとにもしかしたらやれるかもしれないと思えてくる。
自信がないからって、「もしできたらいいな。」って思ってたら、きっと海外でも、日本でもいつまでもできない。
「絶対やったんねん。」って思えたら、可能性が生まれる。
そんな気にさせてくれた今回のパリ。刺激的だった。


2020年の出展を目標に思いをどう表現するか。叶えるには何が必要か。真剣に考え始めたいと思う。
今回パリ行きのきっかけになったクリスチャンディオールの人には会えなかったけど、それ以上に今会うべき人に会えた気がする。


展覧会への出展はやりたいことのチャンスを作るきっかけの1つにすぎないけど、私にはそれ自体がキャパを超える大きな挑戦。
もしホントに叶ったら欧州チャレンジをより具体的に進めるきっかけになるはず。
いつか「あの時が始まりやった」って言えるようにまずは最初の大きな挑戦を実現させたい。
パリでの衝撃。_a0355629_18280628.jpg
その日が来たらきっとパリの屋根裏部屋の窓から見たきれいな朝焼けを思い出そう。

よし、ホームグランドのベルリンに帰ったら、ますます全力で日々を過ごそうと思う。

by morizo-archi | 2019-01-22 18:38 | 欧州チャレンジ日記2018 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る