人気ブログランキング |

仕上工程4

今日は久しぶりにカール君も登場
a0355629_23445101.jpg
いよいよ組立。
a0355629_23445077.jpg
対角を計り、
a0355629_23445137.jpg
反対側の対角も測り、
a0355629_23422774.jpg
縦框の小口も面取りに合わせて削り、
a0355629_23452665.jpg

目違いをはらい、
a0355629_23452833.jpg
最後は建具全体をワックスがけ。
ワックスをかけながら、この仕事はマッサージのように~と。
優しくなでながら気になるところがあろうもんならすかさず補修材で補修。
どこまでもゲゼルチェックは続く。

a0355629_18564531.jpg
障子六枚で100本を超す組子。
タケさんは慎重に加工を進める。
a0355629_23422638.jpg
日本でもそうだけど使う定規によって寸法が違う。シビアな仕事では精度のいいメーカーのスケールでダブルチェックする。
ドイツで職人さんがよく持っている木の折れ定規は目安程度の定規の為、別の定規でもチェックチェック。
たまたまこのメーカーの定規は5mm切れに使えるように1mと5mmまでメモリがついててなかなか紛らわしい定規。危うく間違えるところ。
a0355629_23422611.jpg
相欠きの加工を施して最終段階へと進む。
a0355629_23472564.jpg
この後の工程は別の現場のお手伝いで見ることができなかったけど、年末になんとか現場施工が間に合った。
ワンルームの大きなLDK。その一角を書斎として仕切ったり開いたりできるコーナー障子。
壁や天井の建築側精度の問題でスペーサーが必要な部分はあるものの、障子と敷居鴨居の寸法はぴったりに納まってくれたそう。
報告写真を送ってもらってほっとした。
a0355629_07183022.jpg
Takumiには本物の障子が欲しい。和の空間を暮らしに取り入れたいと思うクライアントが噂を聞きつけ順番を待っている。
来年もクライアントに喜んでもらえるようないい仕事を沢山することになると思う。
沢山お世話になっていろんなことを見せてもらえた約一ヶ月。
来年も私が手伝えることがあれば是非このチームに関わりたいと思ってる。



by morizo-archi | 2018-12-19 23:25 | 欧州作り手・素材レポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る