人気ブログランキング |

仕上工程3

さあ、だいたいの加工は終わり材が出そろった。
仕上工程3_a0355629_19451736.jpg

超仕上げで部材の番号が表面から消えてしまう前に小口に刻印を打つ。これを私が担当。
仕上工程3_a0355629_19475105.jpg

なんかかっこいい。日本だと手書きで書いてるのは見たことがあるけど、Takumiでは一本ずつに向きをそろえて番号を打ち込む。
仕上工程3_a0355629_19475230.jpg

向きはハの字の末広がり側が下。とのこと。
仕上工程3_a0355629_19475147.jpg

なんだか角の生えた魚の顔のように見える万力で止めて。
仕上工程3_a0355629_19475108.jpg

間違えないように、確認して、コン!
もちろん、ゲゼルチェックが入る。
Alles gut!
仕上工程3_a0355629_19475295.jpg

ドイツでは接合部のホゾにはこれをつかう。本場だけにドミノです。

仕上工程3_a0355629_19493135.jpg
で、いよいよ超仕上。この機械が登場すると加工も終盤。
なんとTakumiではマルナカの機械を使っている。
ドイツでこの機械を広めることに人生をかけたという方とのご縁で購入。
刃の研ぎもずっとお願いしていたそう。現在85歳の為、教会のオルガン整備をされてる方に跡を託し今はその方にお世話になっているとのこと。

仕上工程3_a0355629_19494818.jpg
天板部分にごっつい刃が仕込まれていてこの具合がとても大事。

仕上工程3_a0355629_19504397.jpg
ゲゼルニルスは入念にチェック。

仕上工程3_a0355629_19461701.jpg
磨いたり、拭いたり。

仕上工程3_a0355629_19461759.jpg
樹種によって刃の角度を変えるらしい。今回のKieferは40度。

仕上工程3_a0355629_19461877.jpg
台をクリリとまわし、セット。

仕上工程3_a0355629_20171434.jpg

試し削りチェック。

仕上工程3_a0355629_19461734.jpg
気に入らない。

仕上工程3_a0355629_19461820.jpg
刃を取り換えるというゲゼルニルス。

仕上工程3_a0355629_18595112.jpg
この刃の調子を合わせるのがと~~~っても微妙で
0.2㎜は確かにdick。0.1㎜でもまだ駄目と何度も試し削り。

仕上工程3_a0355629_18595150.jpg
ニルス君は調整に時間が掛かろうともこの調子を合わせることに妥協はしない。


仕上工程3_a0355629_18595167.jpg
0.0数㎜を目指して。
仕上工程3_a0355629_19461833.jpg
私は歯医者の予約でもう行かないといけない。
調整が終わるのを見ることはできなくて残念。
ゲゼルニルスの調整は続く。

by morizo-archi | 2018-12-18 20:15 | 欧州 現場・作り手・素材 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る