人気ブログランキング |

仕上工程2

仕上工程はまだまだある。
a0355629_18564568.jpg
この物件ではフラッターレールを使う為下框にコマを仕込む。
a0355629_19112865.jpg
深めの穴を掘る機械LANGLOCHFRÄSE
ハンドルがあちこちについてて面白い。
a0355629_18564589.jpg

ユンボの操縦みたいに両手で2本のハンドルを操って掘る。
やってみる?とニルス君。見えないとなのでやってみる。操縦面白い。
a0355629_18564596.jpg
次は縦框の切欠き加工。慎重に歯の位置を合わせる。グウでコンコンと小数点以下まで合わせる。

テスト切りをして。
a0355629_19030651.jpg
チェック。私に話しかけるときとは全然違う真剣な目。ゲゼルチェックは厳しい。
a0355629_18564667.jpg

次は障子の引手の加工。
どれがいいと思う?と。
日本から取り寄せている数種類の樹種の中から意見を聞かれて私ならこれかな?と。
康子さんもニルス君も満場一致で今回は「楓」AHORNに決定。
a0355629_18564633.jpg
取付位置は障子の桟とのバランスと人間工学にのっとって。
障子のタッパが高いからFL+900では見た感じ低すぎる気がするけど、
建具の高さや重さ的には低めの方が動かしやすいので下から3マス目のセンターに決定。
a0355629_18595170.jpg
別の加工機で穴を掘る。

a0355629_19292609.jpg
やり方は日本と一緒っぽい。いいとこまで機械で掘って、
a0355629_19064147.jpg
鑿で際を整えて、
(木づちがなんだか原始的で面白い)
a0355629_18564467.jpg

慎重にジャストフィットに削り掘る。
a0355629_19064540.jpg
ぴったり。バッチリ。
素晴らしい。
これを6か所。

by morizo-archi | 2018-12-18 19:33 | 欧州調査レポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る