人気ブログランキング |

現場を見る。

ベルリンのお隣、「ブランデンブルク州」の州都ポツダムの現場へ。
Takumiが仕上げの工事をしている現場。
JAPANHAUS」日本の家。というネーミングの新築低層集合住宅。
3タイプ、計14軒。タイプによってプランや仕様やお値段もそれぞれ。
オーナーは日本の企業で、ドイツのゼネコンが日本のデザイナーとタイアップしてまもなくの竣工を目指す。
といっても、1年以上工事が遅れて結構大変そう。他でもよく聞く職人さん不足が大きな理由のよう。
a0355629_06484151.jpg
設備以外はほとんど出来上がっている状態の現場に組子欄間の取付。
a0355629_06491820.jpg
a0355629_06492858.jpg
日本では一般的に隣り合う和室の襖の上部に設置する欄間が、
ここでは壁から浮かしてLEDを仕込み行灯のように部屋を優しく照らすものとして採用されている。
最新設備を搭載したこの住宅に、モダンな和をあしらって、写真よりも実物はもっといい感じ。
LEDとは言え一応取り外しが可能なように作る必要があり、取付にも細かい作業が必要。
流石職人。部屋によって違う寸法誤差も加味してシビアに施工する。
a0355629_06494455.jpg
a0355629_06495187.jpg
内装材にはいろんな樹種が使われていて什器以外はほとんど無垢材。
格子パーテーションは角度をつけて見ると円のデザインが現れ、丸窓のイメージ。
Takumiの仕事外にも天井やフロアーのデザインは和をモチーフにしている部分があって、
いずれもネーミングが日本の感覚と少し違うのが面白い。
a0355629_06582690.jpg
タウンハウスの吹き抜け部屋は、表通りからばっちり見えて組子欄間が目を引く。
出来上がりが楽しみ。


by morizo-archi | 2018-11-25 06:58 | 欧州デザインレポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る