人気ブログランキング |

ORGATEC2018

ORGATEC2018
10.26

a0355629_16212501.jpg
日本では極稀にしか足を運ばないエキシビジョン。きてみるものだ。
欧州を中心に世界中から出す人、見る人があつまる2年に一度の家具・インテリア国際展覧会。
場所・日程: ドイツ・ケルン 2018年10月23~27日  (2年毎に開催)
来場者数 : 56000 人 出展社数 : 671 社 展示面積 : 130000 sq.m(2016年実績JETROデータ)
その他:出展料11.00~208.00 EUR /m²

9時に会場に向かうも駅からアリンコのように続々とすごい数の人が入場していくのが見える。
世界的なメッセだけあって広すぎる。
a0355629_16422557.jpg
いくつもの建物に様々な商材が展示されててそのディスプレイが”お金かかってるな~”って感じ。

展覧会においてイメージはすごく大切。商材が最大限に見える空間づくりはすごく興味深い。

優しい色づかいでさかわいいカラーの家具を展示。
a0355629_16425845.jpg
会場の高さを活かしたブースデザインで支線を縦に誘導。
a0355629_16430518.jpg
有機的なデザインで紙の織り成す柔らかさと可能性を表現。
a0355629_16432590.jpg
折り紙のファニチャー。なかなかチャレンジャーな提案。
a0355629_16485024.jpg
モスカラーで自然と素材の柔らかさを強調。
a0355629_16453481.jpg
シックな色使いでラグジュアリーなテイストをデザイン。
a0355629_16455884.jpg
工夫を凝らしたブースデザインに学ぶことは多い。
a0355629_16463311.jpg
各社のブース以外にも会場づくりのセンスが流石だな~と感心。
a0355629_16470659.jpg
ネットフェンスと紙コップを使ったエリア区画。素材はローコストでもインパクトデザインで魅せている。
a0355629_16472582.jpg
きっとスタッフの涙ぐましい努力があっての力作。

フードコーナーの仕切りに植物の壁。
a0355629_16474759.jpg
天井には紙でできた波のルーバー。
a0355629_16475684.jpg
自然じゃないのに優しい自然の光のように感じる。

モニュメントのようなライト。
a0355629_16481491.jpg
素材の良さを活かしたデザインと目を引くスケール。
a0355629_16482421.jpg
周りに与える影響が確かにある。
a0355629_16500986.jpg
建物間のつなぎ目も半端ない広さで、いろいろなコーナーがある。
遊び心だって忘れない。
a0355629_16502829.jpg
フードコートや、休憩所、アイスクリーム屋さんや、生演奏を聴けるゾーンまで。
a0355629_16514320.jpg
ヨーロッパを代表っする家具インテリア展覧会だけあって、企画やデザイン、オペレーションまで流石です。

by morizo-archi | 2018-10-28 16:19 | 欧州デザインレポート(日本比較含む) | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る