家づくり・ものづくり 06 大黒柱

あの大黒柱  が棟上げの日を迎えました。
a0355629_21584507.jpg
そう、あの木です。家族で山へ行って七代目山守の中井さんに切ってもらって、ヘリ出材した木です。

大切に養生されて現場に届き、家の真ん中に据えられました。面皮付きの八寸、立派な吉野檜の大黒柱です。
去年の夏に山で選ばれたこの木は伐採してもらってから、搬出、製材、乾燥、加工と沢山の工程を経て、この家にお嫁にきました。長い道のりでしたが、時間を掛けて嫁入りできるのはとても幸せなこと。長年育った山でのクセを少しづつ和らげ、新たな場所で活躍するためにしばし花嫁修業?ができたのです。
半年以上の間、天然乾燥と人工乾燥を繰り返し、ちょうどいいタイミングで新居に来ました。
木材の乾燥方法にはいろいろな手法があるのですが、大きな材を天然乾燥だけで乾かすのにはすごく時間がかかります。現代では機械に入れて乾燥を進める人工乾燥が主流になっているのですが、その手法にもいくつかやり方があります。
高温乾燥と言われる高い温度で乾燥を行うと、内部割れ(また別の機会に書きたいと思います)や木の粘り強さに寄与する油分がほとんど失われるなど、デメリットもあるので、私は中温~低温乾燥をしている材を選ぶようにしています。
a0355629_22185383.jpg
梁は地松(国産松)が減ってきて高額なため、安定供給されている米松を使うことが多いですが、これも中低温乾燥をしているメーカーさんの材を指定して入れて頂きました。
a0355629_22323731.jpg
今回のお家はプラン上の具合で平面が五角形です。
a0355629_22154426.jpg
えらいもので、プレカットもその角度に合わせてぴったり加工されています。
a0355629_21590350.jpg
四方からささった梁をしかり受け止める大黒柱。立派です。
a0355629_22374731.jpg
お父さんもこの日ばかりは休暇を取って、朝から写真やビデオ撮影に張り付きます。
a0355629_22392797.jpg
2階もどんどんと組み上がっていきます。
この日も常木棟梁の声掛けで仲間の大工さんたちが集結し、無事に棟が上がりました。
a0355629_22412185.jpg
このお家は、最初にご相談を受けた時から1年半が経ちました。
5歳だったたけちゃんはもう小学一年生。学校から帰って駆け付けてくれました。
これ誰の家?と聞くと自分を指さしにやにやしています。
そりゃうれしいですよね。ほんとにおめでとうございます。

この日嫁入りした大黒柱も、家族と一緒に健やかに第二の人生?を過ごしてもらいたいです。
ここまで育ててくれた中井さん、丁寧に製材してくれた石橋さん、きっちりと加工してくれた岡銘さん、
そして、無事上棟をしていただいた常木棟梁、伊藤社長、皆さんありがとうございました。

原木からの家づくり。家を建てる誰もができることではないと思いますが、
こんな風に時間をかけた顔の見える家づくりに立ち会えることを幸せに思います。

by morizo-archi | 2017-05-05 22:50 | 家づくり・ものづくり | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る