器プロジェクト 次なる構想

a0355629_23093294.jpg
器プロジェクトの3畳和室は、
実はプロダクトではないのです。
実は茶室でもないのです。
実はイベンキットでもないのです。

自分たちのデザインや専門技術を表現するために一つの提案として作ってみたのです。

和室の優れた可変性、多様性を改めて知ってもらうために例えばこのデザインで作ってみたのです。

日本の優れた素材の良さをあちこちで見てもらうために持ち運べるサイズで作ってみたのです。

これを商品化して売る目的ではなく、コンセプトツールとして発信しているのです。



これまで2年間で10か所の発表を行い、いろいろな評価を頂きました。

お褒めの言葉や、応援の声、嬉しい反応にワクワクしました。

その中でたびたび聞かれたのが「これは茶室ですか?」

・・・・小さい和室は漏れなく茶室と認識されるのです。それでもいいですよ。

わび茶の文化が浸透し続けている証ですよね。利休さんってホント凄い。



でも、私的には茶室という、特別な人しか、特別な時にしか、のものではなく

日常の中の、暮らしの中の、普通に存在する和室を

誰もが自分らしく暮らしに取り入れれることができるという提案をしたいのです。



それが茶室的なものでもいいし、

リビングに付属するコーナー的なものでもいいし、

本格的でもいいし、

なんちゃってでもいいし、

誰もが自分らしく和室の要素を持つ空間で日本の豊さを楽しんでもらいたい。

そんな願いを込めてこのプロジェクトは始まりました。




何度でも言いますが、日本の建築技術と素材の作り方使い方は、世界に誇れます。

この目でこれまで30ヵ国を見てきましたが本気でそう思っています。

今、優れた技術を継承しようと若い人たちが出てきてる。頑張っている。それを応援する気運もあって、うれしく頼もしい。のですが、

これまで技術や生産を担ってきた人が、刻々と生業を閉じていく。

現実仕事の中でそれを見聞きすることがますます増えていて、

焦るのです。



目指すムーブメントのスピードに対して、絶えるスピードが早すぎて、継承、間に合うかな、、、、、

と焦ってしまうのです。



どっちでもいいものなら途絶えるのをそっと見つめておきますが、

どっちでもよくないのです。

是非ともなくならないでほしいのです。

できれば特別なものにならない程度に残っていってほしいのです。



畳一枚からでも

襖一枚からでも

板一枚からでも

どなたさまの暮らしにも取り入れることができます。

提案が必要な方はどうぞMorizo-まで。いくらでも提案します。

あなたの暮らしに合う和室で、あなたにも日本文化の応援ができます。

そんなことを思いながら、器のいろんなバリエーションを考え始めています。

二畳、三畳、四畳半、六畳、十畳、、、、

いろんな素材、いろんなデザイン、無限に考えれちゃう。
a0355629_23162422.jpg

by morizo-archi | 2018-04-23 23:58 | 器PROJECT | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る