器プロジェクト@ハルカス

もうかれこれ1ヶ月前です。

「器プロジェクト×縁活」あべのハルカス。

二日間、いろいろなプログラムで沢山の方にお越しいただきました。

a0355629_01422587.jpg
2017年1月27日あべのハルカス閉店後、器メンバー集結。
百貨店の裏側はこんなことになっているのか!?初めてのお使いのようにとてもそわそわしましたが、
大きなエレベーターでスタッフの方にも助けていただき、順調に設置完了。
吹き抜け7階の森の広場です。
a0355629_00065015.jpg
a0355629_00251856.jpg
28日(土)
一日目は蓄音機のお話や音色を楽しんでいただきました。
a0355629_00225817.jpg
なんと3台の蓄音機をお持ちいただき、いろいろなジャンルの音楽を聴かせていただきました。
a0355629_09524830.jpg
a0355629_00305539.jpg
全4回で掛ける曲の5倍のレコードを持参し、お越しになった方の好みを察して選曲を瞬時に行う。野村さんはまるでプロのDJのようです。
a0355629_00250080.jpg
a0355629_09162751.jpg

ステンドグラス工房の戸夢窓屋さんからは、和田さんの愛弟子山下君が助っ人に来てくれ、早々に蓄音機の操作をマスターしてしまいました。
a0355629_00295365.png
この度、和室に似合うポータブルモデルを購入したとのことで、
お時間許す方には「器」の中で蓄音機を聞く贅沢な時間を過ごしていただけました。
a0355629_00430523.jpg
NHKさんも取材に来られ、もふもふのマイクで蓄音機の音色をキャッチ。
a0355629_00310829.jpg
a0355629_09202677.jpg


最終回ではソムリエで、ダル・ポンピエーレのオーナー 森田行さんが、器プロジェクトにぴったりのワインをご用意くださり

「蓄音機とワインの夕べ」は満員となりました。


29日(日)
二日目は森の広場と縁活スペースを両方使って書と表具のワークショップを行いました。
a0355629_01034022.jpg
気軽に参加できる「己書」(おのれしょ)の副総師範 西尾 志乃佳先生の指導の下、皆さん一生懸命書いています。
a0355629_01045296.jpg
納得いく字が書けたら、10倍の差がある二枚の畳と着物を張り込んだデザイン襖の特設畳コーナーで清書。
久しぶりの畳に座り、居住まいを正して、したためます。
a0355629_01000789.jpg
清書が出来上がると次はミニ襖パネルに張り込みます。
沢山の色や紙質の和紙パネル。お好きな物をお選びいただきました。
a0355629_01033254.jpg
本来は見えないところに使う「くいさき」という表具の技法をデザインとして、今回は見せて使います。
a0355629_01213242.jpg
この日は天理の表具師、庄原さんも助っ人に来てくださり、
器メンバー表具師中野泰仁さんとともに参加者さんに表具の仕事を紹介しました。
a0355629_00595349.jpg
朝から受け付けのスタンバイをするのは泰仁さんの奥様、さっちゃん。
今回も沢山の方にご協力頂き、子供から大人まで沢山の参加者さんに対応することができました。
a0355629_01012349.jpg
そして、器といえば、前日の夜に17階に移動設置していました。
金屏風と黒のデザイン畳を加えて、1日目とは様変わりのしつらえです。
a0355629_01294592.jpg
二日間の最後のプログラム、17階の開放的な空間で「器」をバックに雅楽の演奏をしていただきました。

a0355629_00315306.jpg
a0355629_09243882.jpg
プロの篳篥奏者 深親亮介さんと、京都女子大学雅楽部の皆さん。来場者は延べ約200人を数えます。
雅楽の解説を楽しく交えながら、来場者の心を掴む深親先生。後世にこの文化を伝え続けたいと、いろいろの挑戦をされています。
現代の人にも関心を持ってもらうためにできることはまだまだある。その思いは器プロジェクトにも通じるものがあります。
a0355629_01451601.jpg
a0355629_09215969.jpg
二公演目では、深親先生がピアノとともに篳篥でポップスを奏で、
a0355629_01452680.jpg
表具師且つデザイナー、我らが器プロジェクトの中野智佳子さんが主幹で篳篥を披露。
a0355629_01454779.jpg
私たちも僭越ながら器プロジェクトのメンバー紹介や、自分たちの試み、
思いなどお越しになった皆さんにお伝えする機会を頂きました。
a0355629_01011417.jpg
本物の素材で作られた「器」は様々な場所でそこの空気感に合わせて装いを変えることができる小さな和室です。
今回も沢山の方の目に触れ良さを感じていただくことができたように思います。


あべのハルカス。三年半前のオープンと同時に誕生した「縁活」という百貨店の新たな部門。
毎月それはそれはたくさんの活動を支援しています。
今回私たちもご縁を頂きこのような素敵な場所で思いを発信させていただくことができました。
思い起こせば四天王寺での企画にお越しいただいてからお声掛けを頂き、
企画を練り野村さんのスタジオに縁活のこのお二方と伺った3か月前。
a0355629_09155574.jpg
百貨店さんとの調整やスペース確保、運営のサポートまで本当にお世話になりました。
また、縁活のスペースを飛び出し、高層ビルのターミナル的な場所で開催させていただけたことは奇跡だったようにも思います。
本当に沢山の方にご支援ご協力いただき今回の企画は叶いました。ここに感謝しお礼申し上げます。

縁活のサポーターさんがこの企画のレポートまで書いてくださいました。

http://csr-reporter.net/?p=1926


そして、お越しいただいた皆様にも本当にありがとうございました。
ももうしばらく、器プロジェクトの挑戦は続きます。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


by morizo-archi | 2017-02-22 02:45 | 器PROJECT | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る