人気ブログランキング |

「例えばこの木」 09

[ヘリポートでの作業いろいろ その2]
a0355629_00571599.jpg
いよいよあの子の番です。根元の断面部分に、前の週に山で書いた「大黒柱」の文字が見えます。ワイヤーがさっとフックに掛けられ一旦平地に移動させます。
a0355629_00572224.jpg
中井さんは一本一本を最終確認します。
a0355629_00572698.jpg
曲がりを見て、難点が無いかを探します。
a0355629_00572940.jpg
上を見て、下を見て、表を見て、裏を見て、入念に確認します。この確認作業は全ての材に行っていました。山でも見ていたように思うのですが、平地でもう一度丁寧に確認するのだそうです。全ての子がなるべくいいところにお嫁に行けるように思案するのです。難点というとなんだか間違って伝わりそうですが、110年間屋外で風雨に耐えてきたのです。嵐の日もあったし、鹿に皮をめくられ日もあったかもしれません。クリーンルームで育ったわけではないのです。少し姿勢が偏ってたり、シミやそばかすの一つもあるでしょう。それを踏まえて長いままお見合いに挑むべきか、需要の多い3mや4mにカットして挑むべきか、これはとても重要なポイントです。判断を誤ると110年の思いがお見合い相手に伝わりきらない可能性も出てしまうのです。
a0355629_00573388.jpg
今回の大黒柱は約6m必要です。丸太は10m。カットする位置が決まりました。両方ともが幸せになれるよう願いながらチェーンソーを入れます。丁寧に、慎重に、手際よく、作業は進みます。こうして4世代で育てた木は嫁入りの日を迎えるのです。
a0355629_00574130.jpg
大黒柱の断面に「K」の刻印が打たれました。次回の最終回でこの刻印に込める思いをお伝えしたいと思います。(つづく)

Morizo-内田
森林・林業地案内 http://morizo-archi.com/soza-tour-forestry.htm


by morizo-archi | 2016-09-15 08:01 | 「例えばこの木 大黒柱のヘリ出材」 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る