もくちくカフェweb版 01 改めて「木」

今日は
a0355629_21523391.png
これ。なんだかわかりますか?ダンボールっぽいですね。




a0355629_21562676.jpg
はい。木です。
スギの断面です。



a0355629_21581651.png
これも木の断面を顕微鏡で見たところ。
さっきとちょっと違うでしょ。
今度はクスノキです。

木のことどのくらい知ってますか?
木は大きく分けて針葉樹と広葉樹に分類されます。
桧や杉の様に針のような葉を持つ針葉樹。
欅や楠のように葉っぱらしい広い葉を持つ広葉樹。
じつは、葉だけでなくて木の部分も大きく違うんです。
生まれた時代もかなり違い、広葉樹は植物界では比較的最近の子。進化バージョンなんです。

木も人間と一緒で、体を支える骨や、食べ物を取込む食道や、栄養を届ける血管のような複数の組織で成り立っているのですが、その構成の違いで素材感の差が生まれています。
例えば柱や梁に使う桧や杉のような針葉樹は初めの写真のように90%がストローを束にしたような細胞で出来ています。
一本一本のストローで体を支えつつ水分を送る。ストローは細長ーいセルロースの袋でとても薄く空洞の比率が大きいので軽く柔らかい木になっている。
対して、広葉樹は家具や玄関框など堅さや丈夫さが必要なところに使われる。あとの写真の様に水を通す穴と体を支える身の部分の担当が分かれていて空洞の割合が少ない為、重く堅くなり、傷などがつきにくいんです。中には黒檀のように比重が重くて水に沈む樹種もあるんですよ。

木ってすごいんですよ!
また、木はバームクーヘンのように外へ外へ輪っかが増えて成長いきますが、春から夏にかけては細胞分裂が盛んでストロー部分をどんどん増やし、冬は少しペースが落ちる。その差が茶色と焦げ茶色の二色の層を作っているのです。年輪一層が一年で、針葉樹はわかりやすく、数えれば樹齢がわかります。年齢詐称はできません。
それから、それから、木ってすごいのは切った後も強度が増す樹種があるんです。例えば桧。
a0355629_21142651.png
出典:『法隆寺を支えた木』西岡常一、小原二郎著

法隆寺は1400年前にできましたが、構造材に使っている桧は伐採後200年位までは強度が上って行くんです。その後、ゆるやか~に低下していきますが、今ちょうど建てたときと同じくらいの強度に戻っているのです。これって、すごくないですか?!その研究データや解説が書かれている本を何冊か読みましたが、木ってすごい素材なんです。それを、科学的に証明する随分まえから、その特性を見抜き、上手に活かしてきた日本の木の文化にとっても魅かれて、今でも関心が止まりません。


木のいいとことそうでないとことどう付き合う?
でも、大好きな木にはもちろん難点もあります。燃える、腐る、動く。ゆうことをなかなか聞いてくれない子もいます。

思えば、今でこそ杉をフローリングとして床に使うのは一般的になりましたが、2、30年ほど前まではこんなに柔らかく傷のつきやすい樹種を床に使うことは少なかったように思います。今ではそのマイナス面を理解しつつ、やわらかくて暖かい(冷たくない)心地よさを好んで、床材に選ぶことも多くなりました。Morizo-事務所の床もスギです。傷や汚れもいい味になってきて、愛おしいくらいです。コンクリートの上に直接張っているのですが夏は涼しく、冬は冷たさを軽減してくれます。欲を言えば厚みを15mmではなく30mmくらいのものにすればもっとよかったなと。

また、有機物である木は個体差がある材料。人間と一緒で一つとして全く同じものはありません。毎年冬に痩せる子や、少ーし素直じゃない子もいるのです。当然のことと言えば当然のこと。その違いをおおらかに受け入れることで個々の良さを活かせるのです。均一になるよう制御することはある程度可能かもしれませんが、必要以上なコントロールは、どこかに無理が来るものです。きっと人や、地域や、国も一緒ですね。そこにあるものをなるべく素直に使わせてもらう。そんな文化や暮らしや、建築の考え方が好きです。

ま~だまだ木の話はできるのですが、マニアックになりすぎると退かれるので、今回はこの辺で。。。。


興味のツボは人それぞれ。あなたの興味は?
10年前に木を知りたいと山に通い始めたころに読みあさっていた木の本たちを久しぶりにめくり、ちょっと笑ってしまった。線で真っ赤っ赤なんです。書き込みもしてたり。
初めて知る木の成り立ちに、そのハイテクな構造に、神秘さに、本嫌いの私が興奮し、感激しながら読んでいたんだと思います。木を知れば知るほど好きになり、それを活かしてきた先人たちにも感動していました。今回は初心に帰って木をテーマに書いてみました。
今後も情報のコピペにとどまらないよう、Morizo-らしくお伝えできればと思います。


ご感想や、ご質問、リクエストなどありましたらお気軽にご連絡ください。
木や住まいや建築に対するお問い合わせも随時お受けいたします☆
事務所にお越しになる場合は、事前にご連絡ください。
e-mail: r426@jasmine.ocn.ne.jp


さて、今回のカフェタイム。
a0355629_23422566.jpg
「パン皿」レッドオーク ライン入り 4,000円
作者:甲斐幸太郎:木工作家 大阪にて制作

Morizo-チョイスポイント:表面に削り後の凹凸があってほっこりした感じ。小さなほくろのような葉節(小さな小さな枝の跡)がチャーミングに思えて、この子にしました。ドーナツとコーヒーをセットして、2人分のカップを載せるトレーのような茶たくとして、今回はおせんべいと玄米茶を載せて。いろいろな使い方ができるな☆と選びました。明日はパンとチーズを載せてワインでも。
商品情報:さいえ





建築設計室Morizo- 内田利惠子
542-0061大阪市中央区安堂寺町1-6-16
TEL/FAX:06-6761-5146
e-mail: r426@jasmine.ocn.ne.jp
URL: http://morizo-archi.com/




by morizo-archi | 2016-05-02 00:00 | もくちくカフェweb版 | Comments(0)

建築設計室Morizo- 設計士の目線で暮らしや空間のあれこれを発信します。


by morizo-archi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る