1.2㎡に燃えたら。

a0355629_00083000.jpg

完成しました。
想定よりも良くなってしまいました。
せっかくなので工事の内容を一部始終お届けします☆
a0355629_18332516.jpg
元のトイレです。ロータンクの不具合と、換気扇が壊れていました。ご依頼の通り、3年前デザインさせて頂いた別の階のトイレのように快適な空間を目指します。
a0355629_18295272.jpg
計画ではドアの内側と天井に木を、壁には和紙を貼り、間接照明を片側の壁にという提案でしたが現場を下見に来た大工さんが、このままだと光で元の壁の不陸(凹凸)が目立つと指摘。間接照明のイミュレーションを見て計画変更を検討しました。
a0355629_18325655.jpg
週末2日間の工事に向けて、金曜日の夜は準備工事です。既存の機器を外して下地確認です。換気扇の仕込みもしておきます。
a0355629_18325946.jpg
養生をし、道具を運び込み工事開始。スペースが狭いので材料はタイミングよく運び込まないと作業がうまく進めれません。
a0355629_23284817.jpg
照明側の壁は吉野杉の柾目。予め三分割でパネル化しておいたものを現場で継ぎ目がわからないように設置。天井は間接照明のスペースを確保するため少し下げました。
a0355629_23345747.jpg
その他の壁は紙仕上げ。ビニールクロスと違い、優しい感じです。
a0355629_23354228.jpg
ドアのポリ合板という無機質な素材を隠すため小窓を残して紙で包んだパネルを貼ってもらいました。なるほどそう納めますか。と大工さんのアイディアに感心。
a0355629_23570261.jpg
壊れていた換気扇は使っていない浴室と洗面との共用だったのでこれらを塞ぎトイレ単独の換気扇を設置。
汗だくで天井裏の処理をする電気屋さん。間接照明もぴったり取りつきました。
a0355629_23432027.jpg
工事もそろそろ終盤。と思いきや、大工さん。「気になる~」とせっかく仕上がった杉の壁をカンナで削り始めました。
間接照明の具合でちょっとの段差が気になるようです。
a0355629_23441299.jpg
段差がなくなったらサンドペーパー。
その次は浮造り。まずは萱のたわしで杉の夏目(柔らかい部分)を削ります。
a0355629_23452023.jpg
そして馬の毛のたわしでこすります。
最後にワックスを塗込んで仕上げます。自然素材のたわしで手加工された浮造りは木の優しさがより感じられて、ずっと触っていたくなる子になりました。
それにしてもどれだけ手間をかけるのか、採算度外視にもほどがあります。
a0355629_00075969.jpg
本来、窓がなく日が入らないトイレに生きた植物はご法度ですが、事務所のスタッフの方に毎日窓辺とトイレの植物を取り換えてもらう約束を取り付け、花屋さんに2セットの緑を届けてもらいました。わざわざラッピングをしてくれて、かわいい霧吹きのプレゼントまで。さすが心づかいが女性らしい♡
a0355629_01434483.jpg
先発はこの緑。ゼブラ柄の杉の柾目がますます映えます。ストックペーパー棚もサイズ感ぴったりです.
限られたスペースと予算の中でとっても素敵な空間ができました。小さな仕事でも専門職人さんたちが技術と知恵を出し合ってくれたことに感謝です。
a0355629_00090087.jpg
そして大工さんからは気の利いたかわいいプレゼントが。この事務所の名前をあしらった木のヤジロベー。所長さんにも喜んでいただけました☆


水道工事:柏木設備
その他施工:㐂三郎 沖本雅章さん(大工)、電気屋さん、内装屋さん
設計:建築設計室Morizo-


Morizo-にとっても、正直とても小さな仕事でしたが、いろいろと学びもありました。
目まぐるしく働く事務所のスタッフの方たちが、一瞬でも心落ち着く空間をと、なるべく有機物の素材を選びました。
ゆえに、手仕事や工夫が必要となり、ほっとできる空間となりました。
1.2㎡の小さな空間でも思いをもって取り組めば、作り手にも使い手にも何かが伝わる気がします。
想定よりもいい空間に出来上がったのは職人さんたちの心意気と、施主さんの理解があったから。
この度はいい機会をありがとうございました。


[PR]
# by morizo-archi | 2017-09-13 01:39 | Morizo-の設計 | Comments(0)

1.2㎡に燃える。

a0355629_08553519.jpg
a0355629_08335087.jpg
1.2㎡に燃える。

とある事務所さんのトイレです。3年前にも別のフロアーのトイレ改修の依頼を受けました。

前の改修は木を使ったデザインで、あんな感じにしてほしいとのご要望。実は気に入ってくれてたんだ!と知ってなんだかうれしくて、今回も張り切ります。

何案も考えて、これで提案しよう!と決めた案でプレゼン資料を作りました。

コンセプトをまとめ、素材や機器を選定し、機能やメンテのことも伝えます。

イメージスケッチの提案が通り、いよいよ工事が始まります。


週末だけの小さな小さな工事。

たった1.2㎡ですが、水道やさん、大工さん、電気屋さん、内装やさんと、職人さんに4×2回も登場していただきます。

一人づつしか入れないスペースのため段取り、準備、フォーメーションが大事。

1.2㎡の工事にも事前に皆さんに下見に来ていただくということになるのです。

a0355629_08382814.jpg

下ごしらえを進めてくれている沖本大工さん。

㐂三郎とう工務店を立ち上げた若き手刻み大工さんです。

予算オーバーの提案だったのですが「内田さんの熱意に賛同します」と、大盤振る舞いで柾目の吉野杉を使っていただけるとのこと♡

申し訳ないやらうれしいやら。1.2㎡がどんなふうに仕上がるか楽しみです。


ピリピリとしたオフィス空間に、ひと時だけでもほっとする空間があると、きっと少しリフレッシュしてまた仕事に邁進できるはず。大げさじゃなく小さなこで、建築やデザインが役に立てば幸いです。


[PR]
# by morizo-archi | 2017-09-08 08:41 | Morizo-の設計 | Comments(0)

Morizo-改造中

a0355629_11364789.jpg
梅干しづくり。
さんざんインスタグラムとフェイスブックにUPしていたのには少々わけがあって。

今年に入り、「森造改造」を進めています。
その一環で、機械系が大不得手な私がIT革命や、スマホ所持、SNSにまで手を出しているのです。
サポートにあたってくれているコウゲセンセイの評価は厳しく、
使いこなせてるレベルには程遠いとのことですが、私なりに頑張っているのです。

きっかけは「器プロジェクト」です。
発信力が弱い全メンバー、積極的とはいいがたいPR、思いはたっぷりあるのに表現が下手、、、、
広告代理店やプロに発信してもらうと確実で沢山の人に知ってもらえる。けど、
自分たちの声で直接伝える方が、気持ち悪さを伴わずに思いが届けれる気がして。

そして、Morizo-のしごともしかり。
年々、この仕事の意味や役目を強く感じるようになっていますが、
それを伝えることで迷っている人や困ってる人のお役に立てないかな?
それがMorizo-の生業にも寄与して、事務所経営が今後も継続できればありがたい。

それには思いを何かで発信しなくっちゃ!という考えに至り
自分で努力できることの一つとして、ブログ→SNS→システム自体がよくわからない→もたもた時間かかりすぎ・・・・(困)
これを、克服するために梅干しネタでインスタグラムの練習をしていたわけです。

見ていいただいた皆様にはそんなつまらないことに付き合わせて!と怒られるかもしれませんが
私的には、この梅干しづくりを通していろんなことを学んだり、教えて頂いたり、知恵を頂戴したり、、、
失敗して落ち込みつつも、コウゲセンセイに怒られつつも、今のところやり始めたことに悔いなし!
見て頂いた方には、こんな内田のすったもんだを、「こんな人もいるくらいだから自分は十分素晴らしい」と励みに思っていただければ幸いです。
もし、使い方間違ってるで。それあかんで。もっといい方法あるで。などご意見ありましたら是非教えていただきたく思います☆


予定では、
お盆頃までSNSお試し試運転。(しばしすいません)
8月末までに使い方を習得。(思うようにUPできるように)
年末まで頑張って継続発信。(4ヶ月で効果を期待するなと怒られてますが)
と考えています。
有言むりやり実行!頑張ります。

ご清聴ありがとうございました。
内田




[PR]
# by morizo-archi | 2017-08-04 14:46 | Morizo- | Comments(0)

六甲の森林

「森林」という文字に反応して少し足を延ばす企画に参加しました。
a0355629_21314409.jpg
a0355629_21315578.jpg
メタセコイヤの木。なんですって。
a0355629_21324306.jpg

資料室にはすごい樹齢の刺激的な展示もある六甲山の「森林植物園」です。
始めていきました。萌えます。

3年ほど前からやっているまちライブラリーの「ぶらりまちライブラリーラリー」という本の会の遠足版で、会場に選ばれたこの森林。
いろんな樹種、広葉樹もたくさんですごく気持ちよかったです。六甲山自体が植林の山だということも初めて知りました。
a0355629_21403615.jpg
ちょうど今、アジサイが満開でこんなに一気に見たのは初めて。
a0355629_21430149.jpg
a0355629_21422810.jpg
a0355629_21422561.jpg
a0355629_21433093.jpg
王道のよく見るテマリ咲きアジサイからガク咲きアジサイ、珍しいアジサイまで、こんなにたくさんの種類があるのにもびっくり。あまり花に興味ないと思っていたのについどれもかわいくて撮ってしまいます。
a0355629_21405988.jpg
園内では沢山の家族連れやカップルがゆっくりとした時間を過ごしています。
あ~。平和やな~。
こんな時間、大切やな~。
しみじみ思いました。
a0355629_21530016.jpg
星の形の可憐なアジサイ。群れずに咲く感じがうつくしいです。
a0355629_21530909.jpg
思う存分咲いて枯れていくアジサイ。
重い頭をもたげて、やり切った感も美しと思いました。



やっぱり山に行くといろいろと感じることができて毎度行ってよかったな☆と思えます。
さて、次はどこの山に行きましょうか、、、

[PR]
# by morizo-archi | 2017-07-02 21:58 | 時々山へ(+月一山へ2016) | Comments(0)

家づくり・ものづくり 08  材料選び

a0355629_12111000.jpg
杉で作った箱です。狩野新さんに作っていただきました。
a0355629_12154929.jpg
吉野杉です。ミスユニバースレベルの美しい材を吉野中央木材さんが製材してくださいました。

a0355629_12142303.jpg
洗面室の収納として毎日目にし、毎日開け閉めし、毎日幸せを感じます。
a0355629_12162827.jpg
以前使っていた籐の箱が傷んで修理が難しかったので、使い方はそのままに木で作ることにしたのですが、
構造をシンプルに、軽量、開閉、コストなどを丁寧に検討していただきました。
材料は杉と決めてましたが、材の品質と部位で値段が変わります。さあ、どうしましょう。

マグロに例えると、
どこかの漁場で、誰かが釣っったものを、どなたかが運んでくれたいずれかの部位のマグロと、
大間の漁場で、山田さんが釣って、田中さんが運んで、中野さんがさばいてくれた大トロと、、、、

どちらも美味しくありがたいマグロですが、確かな品質と満足度に付加価値があり、この値段差だと安いくらいだなと、感謝さえ感じるかもしれません。
ちょっとたとえが変ですが、、、、
とにかく。顔の見えるものづくりには、物の価値が見いだせる余地がまだまだあるということが言いたいのです。
a0355629_12164804.jpg
そして、若干コストが上がってもそれに勝るメリットもあります。
素材がいいと、作り手が作りやすい。すなわちいい仕事ができる。ゆえにきれいに仕上がる。結果使い手がうれしい。
プロでも鉋をかけるのがとても難しい杉。私はそれを知っているだけに余計にうれしいのです。

暮らしの全部をそんな基準で選びだすと大変なことになりますが、
事務所の洗面室に使うものだったので、
・毎日目にする
・小さいものだから差額が小さい
・これを見た人に一口に木と言っても、杉と言っても、材によっていろんな印象になることを伝えることもできる、、、、
などなど、いろんあ理由でこの材を選びました。

a0355629_12160485.jpg
実は、この良材を活かす技術が密かに隠されています。
どんなに目が細かく美しい杉でも、杉はとっても柔らかく、留め具の部分がすぐにぐずぐずになってしまいます。
それを前提に留め具の部分には硬い木をはめ込んでいるのです。
a0355629_12165385.jpg
材の美しさを邪魔しないように、パネルの合体は釘や金物が見えないビスケットで接着。求められた強度と美しさを叶えます。
興味本位で、制作中の写真を送ってくださいとお願いしたので作り方がわかりますが、このあたりの細かい部分は当然の対応としていちいち使い手に伝えないのが職人さんの特徴です。私だったらドヤ顔で説明してしまいそうですが、職人さんたちはなぜ言わないのでしょうか?当たり前すぎて言う必要がないと思っているのでしょうか?
ドヤ顔で説明されたらうざいかもしれませんが、技術や丁寧につくるられていることを知るのは使い手にとっても、すごくうれしいことと思うのですよ。
言うのが恥ずかしい方は職人ファンの私が代弁しますのでご一報ください。
a0355629_12550678.jpg
さて、しめます。
この小さな箱にはいろんな人の時間と手間がかかっていて、それをありがたく使わせてもらえる喜び。
暮らしのほんの一部にでもそう思えるものがある。それこそが豊かなことだなって、
私はそう思います。

[PR]
# by morizo-archi | 2017-06-11 12:58 | 家づくり・ものづくり | Comments(0)


建築設計室Morizo-の思いを発信します。


by morizo-archi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
家づくり・ものづくり
器PROJECT
Morizo-の設計
修業中
時々山へ(+月一山へ2016)
「例えばこの木」
今日の家づくり
もくちくカフェweb版
Morizo-
ブログ再開のお知らせ
未分類

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

フォロー中のブログ

最新のコメント

どうやって搬出するのですか?
by しゃべりすぎ爺 at 00:20
どうやって搬出するのですか?
by しゃべりすぎ爺 at 00:19
どうやって搬出するのですか?
by しゃべりすぎ爺 at 00:19

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

1.2㎡に燃えたら。
at 2017-09-13 01:39
1.2㎡に燃える。
at 2017-09-08 08:41
Morizo-改造中
at 2017-08-04 14:46
六甲の森林
at 2017-07-02 21:58
家づくり・ものづくり 08 ..
at 2017-06-11 12:58

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
近畿

画像一覧