「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

■今日の家づくり_01

家づくりは妄想から始まります。どんな暮らしがしたいか。どんな空間がいいか。
a0355629_00425243.jpg
私の場合、畳と掘り炬燵は外せない。そんなところから始まりました。
できれば、平屋。
できるだけ、シンプルに。
ものではなくて、空気が豊かな空間を。

ぜんぜん建てる予定はないですが、妄想だけならいつでも何度でもできます。
家づくりってそういう妄想も含まれてると思います。


[PR]
# by morizo-archi | 2016-08-28 00:47 | 今日の家づくり | Trackback | Comments(0)

8月の「月一山へ」報告 その1

a0355629_23323856.jpg
今月の月一山へは、カナディアンロッキーです。
ロッキー山脈。聞いたことありますよね。
もちろん、裾野ですよ。
でも、気持ち的にはロッキー山脈を制覇しました。標高1700m
a0355629_23360792.jpg
やっぱりすごいです。カナダ。初めて活きましたが、スケールが違います。流石世界第2位の面積を有する国。
なんだか作ったようなエメラルドグリーンの湖。山の上にあったりするのです。
水は透明なんですよ。氷河が解けて流れるときにサンドを運んでくるそうで、それが湖底に溜まってこんな色に見えるんですって。
a0355629_23434855.jpg
対して、湧水の湖は澄んだ青。おもいろいです。
a0355629_23445090.jpg
今回行った山は標高がそんなに高くないので白松がメイン。
a0355629_23493972.jpg
登るのを頑張ると、カラマツにも出会えます。
a0355629_23583186.jpg
8月はカナダも真夏です。が氷河の上ではダウンジャケットがありがたい。
穴に落ちたら死んじゃうそうです。
a0355629_23443914.jpg
リスに会いました。なかなか図々しいです。

a0355629_23530221.jpg
鹿に会いました。見られてても平気で食事を続行します。
熊にも合いました。こちらもみられてて平気なようです。
a0355629_23581027.jpg
どこまでも続くカナディアンロッキー。カナダ人の「ハイキングにいこう」という言葉は危険です。完全に登山でした。

今月はなぜか、カナダ。そして、吉野林業地。そして吉野セラピーロードも。
「月一山へ」じゃなくて「月三山へ」になってしまいました。順次報告いたします。

これまでの様子はこちら→「月一山へ

ご関心のある方、お気軽にお問合せ下さい。
Morizo-内田まで メール



[PR]
# by morizo-archi | 2016-08-28 00:05 | 月一山へ | Trackback | Comments(0)

今日の家づくり00

a0355629_22593787.jpg
今日は「さいえ」さんと12月の展示会の打ち合わせをしました。
さいえさんの販売する器と、Morizo-の提案住宅のコラボ。
テーマは「家づくり」?
家づくりといっても、家を建てるだけが家づくりではないんです。
もっと幅広く、誰にでも、今からでもできる家づくりもある。
身近な事から、深いところまで、実は誰もが日々家づくりすることができる。
もしかして、すでに日々している。
あとはそれに気づくだけなのかも。

2人でいろんなことを話して、なんだか楽しくなってきました。
展示会なんてこと言いだしてプレッシャーになってたけど、
せっかくならもっとたのしもっ。
週一ペースで家づくりの進捗を報告しようと思います☆

[PR]
# by morizo-archi | 2016-08-27 23:02 | 今日の家づくり | Trackback | Comments(0)

7月の「月一山へ」報告

7月は登山をしました。
a0355629_12593121.jpg
少し練習を兼ねてやさしい登山をと思いついて。吉野の南側にある熊野への参道や修験道方面、稲村ヶ岳」に行きました。
女子向きの楽しい山だと聞いていたのですが、慣れない者にはとってもハードな登山です。
a0355629_13024066.jpg
天川村、洞川、ゴロゴロ水、、、聞いたことは何度もあったけど来たのは初めて。ここも例にもれず人工林の山でした。
途中、手入れが行き届いていないエリアや、岩がゴロゴロ、橋が流されてて鎖を頼りに歩く道もありました。変化に富んで、目にも楽しい等ところが女子向きなのかもしれません。でも、登りはきつく、3時間半。30分おきに5分休憩していたのが、20分おきに10分の休憩、10分おきに20分の休憩、初めてなのであとどのくらいあるのかがらからず、気力の限界?
a0355629_13075722.jpg
と、そこへ、ゴールの山小屋。助かりました。
夕陽にも間に合いました。きれかった。
a0355629_13083733.jpg
一泊させてもらって翌朝頂上へアタック!1時間ほど登ります。
a0355629_13092594.jpg
a0355629_13093543.jpg
ハックルベリー!?というほど険しい!!探検か!?とその先に
a0355629_13104955.jpg
絶景。ありました。
a0355629_13113729.jpg
a0355629_13113988.jpg
a0355629_13115796.jpg
a0355629_13114499.jpg
a0355629_13120032.jpg
帰りは楽ちんで気持ちにゆとりもでき、やまの生命の美しさを堪能することができました。
8月はさてどこへ行きましょうか?!
「月一山へ」来月も行きます~よ~。

これまでの様子はこちら→「月一山へ

ご関心のある方、お気軽にお問合せ下さい。
Morizo-内田まで メール


[PR]
# by morizo-archi | 2016-08-05 13:13 | 月一山へ | Trackback | Comments(0)

器プロジェクト@四天王寺


a0355629_22545779.jpg
今回も沢山の発見、発展がありありました。器プロジェクト@四天王寺
メインプログラムの「本鳥の子」のお話。沢山の方にお越しいただきました。
a0355629_22563385.jpg
「和紙」というテーマでこれだけの方が来て下さる。関心があるんですね。和紙。
なのに、手漉き和紙は、衰退していく伝統工芸の一つなんです。
きっと、できることまだ沢山あるのかなと改めて思います。
a0355629_22582284.jpg

(有)やなせ和紙」の柳瀬晴夫さん。日本でもう5軒しかなくなってしまった手漉き襖紙の伝統工芸士さんです。
越前から来て頂きました。優しい笑顔で和紙のつくりかたから今立地域の歴史あるお祭りの話までいろいろして頂きました。
a0355629_22582445.jpg
恥ずかしがり屋さんの奥様、藤志子さんも同じく伝統工芸士さんです。工場で働く姿はとってもかっこよく、明るく気さくな職人さんです。よく飲みます。
a0355629_23130484.jpg
今回の企画はこの方の「柳瀬さんと、柳瀬さんの和紙を納めたお施主さんとあってほしい」という思いから始まりました。デザイナーで、表具師を兄に持つ中野智佳子さんです。彼女もまた表具師となりました。
a0355629_23154811.jpg
そのお兄ちゃんの中野泰仁さん。現役表具師さんです。お忙しい中、ワークショップの講師として奮闘しました。
a0355629_23192175.jpg
人前でものおじせず司会進行を務めるは、大江畳店2代目畳職人、大江俊幸さん。
いつもの元気いっぱいで会場の空気を和ませます。
a0355629_23344962.jpg
大江さんに助けられ、記憶のないまま司会をさせて頂いたMorizo-内田。緊張しました。

a0355629_23230004.jpg
そして、器プロジェクトの引き金を引いたステンドグラス作家の和田友良さん。いつも若手メンバーの後押しをしてくれます。
a0355629_23251542.jpg
社長が来れなかった未来工房からは若手木工職人の長野 KNBさんと
a0355629_23251709.jpg
武田 聡さんが大活躍。設営や案内、PAから撤収まで、瞬時に要領をつかんで自分たちで考え、静かに動きます。展示の作品からもその器用さと発想力が伺えます。
トム's工房からは、ステンドグラス職人の福田 幸子さん、山下豊さんが仕事のを間を縫って助っ人に掛けつけてくれました。この企画、こういった助け舟抜きではできなかったと思います。また各メンバーのお嫁さんも受け付けや案内に加わっていただき、実は何とかかんとか、無事開催することができたのです。

お越しいただいた皆様にはお目だるいことも多々あったかと思いますが、申し訳ありませんでした。慣れないイベントの企画運営全てを、こういったことには素人のメンバー全員でやってみたのですが、それゆえにいろんな発見がありました。総勢15名は自然に持ち場が決まり、手がすくと足らずを補う。なんとも気持ちいいフォーメーションだったのです。当日はほぼぶっつけ本番にも関わらず、それぞれが各自の役割と次に何をするべきかを考えつつ、お客様への対応をする姿。ここに職人の素晴らしい気質を見た気がするのです。
a0355629_00183695.jpg

前回のハイアット京都に続き、私達にはもったいないくらいのこの素敵な場所で器プロジェクトの発信ができたこと、とてもありがたく誇りに思います。でも、私はイベントを開催したり、人があっと驚くことをしたいわけではないんです。ただ、今回のように、周りに気を配り、お客様に喜んで頂くことを自然体で出来る愛すべき職人さんたちに、いい仕事をし続けてほしい。表現が下手で、発信が不得手な職人さん達が、直接自分たちの言葉でエンドユーザーさんと話す機会を作りたい。その一心です。
それゆえ皆様に、足をお運び頂きたい。そのために来て頂ける様な企画や場所を模索し、関心を持ってもらいたい。そんな思いで、しばしさまざまな方法で発信していきたいと思います。

そんな中で、出会ったどなたかが、これらの技術が必要となったときに、このメンバーをお思い出してもらえたら嬉しいです。画面の向こうのキャッチフレーズや数字データではなく、「この人に、相談してみたい。」、「この人を、紹介したい。」そう思ってもらうために、来て頂いた方となるべく丁寧にお話ができたら、、、そんな思いでもうしばらくこのプロジェクトを進めていきたいと思います。
a0355629_00045675.jpg
お越しいただいた皆様、この機会を下さった皆様、感謝いたします。
この度はありがとうございました。






[PR]
# by morizo-archi | 2016-07-18 00:07 | 器PROJECT | Trackback | Comments(0)


建築設計室Morizo-の思いを発信します。


by morizo-archi

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
Morizo-
器PROJECT
月一山へ
もくちくカフェweb版
ブログ再開のお知らせ
今日の家づくり
未分類

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

人気ジャンル

ブログパーツ

最新の記事

■今日の家づくり_01
at 2016-08-28 00:47
8月の「月一山へ」報告 その1
at 2016-08-28 00:05
今日の家づくり00
at 2016-08-27 23:02
7月の「月一山へ」報告
at 2016-08-05 13:13
器プロジェクト@四天王寺
at 2016-07-18 00:07

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

住まいとくらし
近畿

画像一覧